販売終了1日限定特価 給与収入に関らず国の間接保証で不動産投資できる! 公的保証で事業性資金融資を銀行・信金から受ける方法―スルガ銀行からも住信L&F(旧ライフ住宅ローン)からも借りられなくても銀行借入で不動産投資2011年版―の評価とキャッシュバック特典 

February 28 [Fri], 2014, 9:43
販売終了1日限定特価 給与収入に関らず国の間接保証で不動産投資できる! 公的保証で事業性資金融資を銀行・信金から受ける方法―スルガ銀行からも住信L&F(旧ライフ住宅ローン)からも借りられなくても銀行借入で不動産投資2011年版―の効果と特典は?


その前に、最近人気のこのマニュアルをどうぞ↓↓↓

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!実践内容確認サイト



魅力的なキャッシュバック特典つきです^^



よくある投資に関する質問です。

FXで効率よく勝つ方法と負けを取り戻そうとして失敗してしまうのを防ぐ方法...

FXで効率よく勝つ方法と負けを取り戻そうとして失敗してしまうのを防ぐ方法を教えてください。
最近、FXでもっと効率よく勝てないものかと思っています。FX関連の書籍も読んでいますが、FX関連の書籍を読む以外にFXでもっと効率よく勝てるようになるために、何か留意することはありますか。
また、よく失敗するのが、何度自制してもついつい負けを取り戻そうとして大失敗をして大きな損失になってしまうことがよくあるのですが、それを防ぐ方法は何かありますか。


- 回答 -
>FXでもっと効率よく勝てないものかと思っています。FX関連の書籍も読んでいますが、FX関連の書籍を読む以外にFXでもっと効率よく勝てるようになるために、何か留意することはありますか。

はい、いくつかあります。→質問者さんの場合に限って言えば、「ついつい負けを取り戻そうとして大失敗をして大きな損失になってしまう」…というのをやめるだけで、明日からは効率よく勝てるようになるでしょう。


>よく失敗するのが、何度自制してもついつい負けを取り戻そうとして大失敗をして大きな損失になってしまうことがよくあるのですが、それを防ぐ方法は何かありますか。

はい、それもあります。
エントリーは、1日1回以内と決めましょう。そして、エントリーしたら、その直後にOCO注文で決済注文を出し、PCの電源を切って、明日まで電源は入れないようにしましょう。→こうすれば、トレードの勝ち負けが明日までわからないので、「ついつい負けを取り戻そうとして熱くなり、大失敗をして大きな損失になってしまう」 …のを防ぐことができます。

もちろん、電源を切るよりLANケーブルを切断するほうが確実ですが…(笑)。

なお、留意するポイントは、「エントリーする際、ストップを入れる(損切りをする)位置と、リミットを入れる(利益を確定する)位置を決めるまでは、決してエントリーをしない」、ということです。決済をすべてOCO注文にすることによって、「エントリーの精度を高める」ことだけに集中することができます。




なお、「トレードを記録してそれを定期的に見直す」のは、効果絶大ですよ。↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1452042614

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


なるほど・・・・


販売終了1日限定特価 給与収入に関らず国の間接保証で不動産投資できる! 公的保証で事業性資金融資を銀行・信金から受ける方法―スルガ銀行からも住信L&F(旧ライフ住宅ローン)からも借りられなくても銀行借入で不動産投資2011年版―

給与収入に関わらず銀行借入で不動産投資ができる!公的保証により事業性資金として銀行・信金から融資を受ける方法―スルガ銀行からも住信L&F(旧ライフ住宅ローン)からも借りられなくても融資を受けて不動産投資をする方法―2011年版
詳細
(この記事はこちらから引用させて頂きました。)


今日の気になる市況は???

 最近、郊外に所有している一戸建を売却して、都心など利便性のよい場所にマンションを購入したいという方が増えています。先日も数年前に配偶者がお亡くなりになり現在独り暮らしをしている64歳の一戸建所有のお客様から相談を受けました。

 最近、足を骨折され、階段の上り下りが出来なくなったことから、ふと、『もし、今回のケガが治っても、年をとって将来、足が不自由になったとしたら…』と不安になりましたとのことで、まだ元気な今のうちに売却して、管理が楽で、もう少し買物・通院などの便利な場所のマンションに買い換えたいという相談を受けました。

 一戸建は、年をとると掃除や庭の手入れが大変で、メンテナンス費用も思ったよりかかるし、すっかり冷え性になった自分には冬が寒いから、暖かいマンションに引っ越したいと言います。その方は地元の不動産会社に自宅がいくらで売れるのかを査定してもらったところ、査定価格が想像以上に低くて愕然とされたとのことで、本当にそんなものなのかを知りたいとのことでした。

 その方の所有している物件は、埼玉県のある駅から徒歩24分(バス便)の場所で、今から15年前に建物約100平方メートルの新築一戸建(土地約30坪)を3,500万円で購入し、未だローンが15年残っているとのことでした。購入時は頭金200万円と諸費用分240万円の合わせて440万円を自己資金でまかない、残りの3,300万円は住宅ローンを利用、月々の返済は121,975円とのことでした。

 ところが、現在、売却想定額を査定してみますと、売れる金額は1,600万円くらいでした。住宅ローンの残債はまだ1,886万円あり売却価格をオーバーしています。

 また、貸す場合はいくらで貸せるのか? を査定してみたところ、理論上は10万円くらいなのですが、周辺の比較物件(事例)が極めて少なく(と言うよりほぼ無い状況ですので)正確には算出しづらいため、複数の地元不動産業者にヒアリングしてみました.

 その結果は、査定物件は駅から遠く、スーパーなどがどんどん撤退しているので、買物が不便で、そもそも現在は借り手がつくかどうかはわからないといった状況でした。あえて賃料を想定するのであれば90,000円くらいではないでしょうか? とのことでした。

 毎月出ていく住宅ローンの支払いが月121,975円なのに、入ってくる家賃が90,000円では完全に赤字です。

 その他にも固定資産税等の支払いもありますし、貸し出すとするとクロスを取り替えたり、あちこちの不具合を直したり、ハウスクリーニングもしなければいけませんので費用がかかります。これでは買い換えることも貸すこともできず、住み続けるしかないと落ち込み、

『階段が上がれなくなったらどうしよう、「戸建ては建物が古くなって価値が無くなっても土地が残るから資産価値が高くおすすめです」と言って薦めてきたあのときの不動産屋に騙された!もし15年前に戻れるのであれば戻りたい、そして購入なんか絶対せずに賃貸にすればよかった』

 と言います。
(この記事はマネーの達人から引用させて頂きました)


保険のしくみ⇒予測できない事故のせいで生じた主に金銭的な損失を最小限にするために、立場が同じ複数の者がそれぞれの保険料を掛け金として納め、積み立てた資金によって突如発生する事故が発生した際に保険料に応じた保険給付を行う仕組みなのです。



簡単に知りたい。バブル経済(日本では91年まで)⇒市場価格の動きが大きい資産(例えば不動産や株式など)の取引価格が過剰な投機により成長(実体経済の)を超過しても高騰し続け、とうとう投機による下支えができなくなるまでの状態を指す言葉。




最近人気のこのマニュアルをどうぞ↓↓↓

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!実践内容確認サイト



魅力的なキャッシュバック特典つきです^^


それではまた次回の更新をお楽しみに¥^^¥


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nori
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる