販売終了1日限定特価 給与収入に関らず国の間接保証で不動産投資できる! 公的保証で事業性資金融資を銀行・信金から受ける方法―スルガ銀行からも住信L&F(旧ライフ住宅ローン)からも借りられなくても銀行借入で不動産投資2011年版―の効果と特典付マニュアル 

February 28 [Fri], 2014, 10:07
販売終了1日限定特価 給与収入に関らず国の間接保証で不動産投資できる! 公的保証で事業性資金融資を銀行・信金から受ける方法―スルガ銀行からも住信L&F(旧ライフ住宅ローン)からも借りられなくても銀行借入で不動産投資2011年版―の効果と特典は?


その前に、最近人気のこのマニュアルをどうぞ↓↓↓

株で稼ぐ技術購入者の声



魅力的なキャッシュバック特典つきです^^



よくある投資に関する質問です。

FXで効率よく勝つ方法と負けを取り戻そうとして失敗してしまうのを防ぐ方法...

FXで効率よく勝つ方法と負けを取り戻そうとして失敗してしまうのを防ぐ方法を教えてください。
最近、FXでもっと効率よく勝てないものかと思っています。FX関連の書籍も読んでいますが、FX関連の書籍を読む以外にFXでもっと効率よく勝てるようになるために、何か留意することはありますか。
また、よく失敗するのが、何度自制してもついつい負けを取り戻そうとして大失敗をして大きな損失になってしまうことがよくあるのですが、それを防ぐ方法は何かありますか。


- 回答 -
>FXでもっと効率よく勝てないものかと思っています。FX関連の書籍も読んでいますが、FX関連の書籍を読む以外にFXでもっと効率よく勝てるようになるために、何か留意することはありますか。

はい、いくつかあります。→質問者さんの場合に限って言えば、「ついつい負けを取り戻そうとして大失敗をして大きな損失になってしまう」…というのをやめるだけで、明日からは効率よく勝てるようになるでしょう。


>よく失敗するのが、何度自制してもついつい負けを取り戻そうとして大失敗をして大きな損失になってしまうことがよくあるのですが、それを防ぐ方法は何かありますか。

はい、それもあります。
エントリーは、1日1回以内と決めましょう。そして、エントリーしたら、その直後にOCO注文で決済注文を出し、PCの電源を切って、明日まで電源は入れないようにしましょう。→こうすれば、トレードの勝ち負けが明日までわからないので、「ついつい負けを取り戻そうとして熱くなり、大失敗をして大きな損失になってしまう」 …のを防ぐことができます。

もちろん、電源を切るよりLANケーブルを切断するほうが確実ですが…(笑)。

なお、留意するポイントは、「エントリーする際、ストップを入れる(損切りをする)位置と、リミットを入れる(利益を確定する)位置を決めるまでは、決してエントリーをしない」、ということです。決済をすべてOCO注文にすることによって、「エントリーの精度を高める」ことだけに集中することができます。




なお、「トレードを記録してそれを定期的に見直す」のは、効果絶大ですよ。↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1452042614

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


なるほど・・・・


販売終了1日限定特価 給与収入に関らず国の間接保証で不動産投資できる! 公的保証で事業性資金融資を銀行・信金から受ける方法―スルガ銀行からも住信L&F(旧ライフ住宅ローン)からも借りられなくても銀行借入で不動産投資2011年版―

給与収入に関わらず銀行借入で不動産投資ができる!公的保証により事業性資金として銀行・信金から融資を受ける方法―スルガ銀行からも住信L&F(旧ライフ住宅ローン)からも借りられなくても融資を受けて不動産投資をする方法―2011年版
詳細
(この記事はこちらから引用させて頂きました。)


今日の気になる市況は???

[東京 28日 ロイター] -総務省が28日発表した1月の全国消費者物価指数は、指標となる生鮮食品を除くコアCPIが100.4となり、前年比で1.3%上昇した。

8カ月連続で前年を上回ったが、上昇率は2013年12月から横ばいとなり、円安による物価押し上げ効果は一服しつつある格好。もっとも、先行指標とされる2月の東京都区部コアCPIは99.1と前年比0.9%上昇。電気代の上昇で1月の同0.7%からプラス幅が拡大した。

ロイターが集計したコアCPIの民間予測中央値は1月全国が前年比1.2%上昇、2月東京都区部が同0.8%上昇だった。

1月の全国総合指数は前年比1.4%上昇(12月は同1.6%上昇)、物価の基調を表す食料(酒類を除く)およびエネルギーを除くコアコアCPIは同0.7%上昇(12月同0.7%上昇)だった。

価格上昇品目数は279と前月の267から増えた。一方、下落品目数は184と前月の188から減少。横ばいだった品目数も61と前月の69から減少した。

主に値上がりしたの電気代やガソリン、サケなど生鮮魚介、傷害保険料、テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫など。肉類や魚貝缶詰、乳・卵類も上昇した。

総合指数のプラス幅が12月よりも縮小したのは生鮮野菜が前年高騰した反動という。

2月の東京都区部総合指数は前年比1.1%上昇(1月は同0.7%上昇)、コアコアCPIは同0.5%上昇(1月同0.3%上昇)だった。

サケなどの生鮮魚介、電気代、傷害保険料、外国パック旅行などが上昇。大雪の影響でネギや白菜など生鮮野菜も値上がりし総合指数を押し上げた。

(竹本 能文 編集:山川薫)
(この記事はロイターから引用させて頂きました)


ここでいう「失われた10年」という言葉は、その国の、または地域の経済活動が約10年程度以上もの長期にわたって不況および停滞に見舞われた時代を語るときに使う語である。



小渕首相が逝去、森内閣が発足した2000年7月、大蔵省(現財務省)から重要業務である金融制度の企画立案事務を移管させてそれまでの金融監督庁を金融庁(現金融庁の前身ともいえる)に再組織した。そして2001年1月、上部機関の金融再生委員会は廃止され、現在の内閣府直属の外局となった。




最近人気のこのマニュアルをどうぞ↓↓↓

株で稼ぐ技術購入者の声



魅力的なキャッシュバック特典つきです^^


それではまた次回の更新をお楽しみに¥^^¥


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nori
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる