宇治駅到着 

May 23 [Mon], 2005, 16:11
早速降り立った駅の窓越しに街の一角をぱちりとな。
この日は天候があまり思わしくなかったのですが、
おかげで誰もいないぜ静かだぜおーいえー!と
心の中で一人はしゃいでいたのは私です。
…ぶっちゃけ、景色が綺麗でも人の多い所は苦手なんです。ぼそ。

あらこんな所に 

May 23 [Mon], 2005, 16:01
うさぎさん。
個人的に某さまへのおみやげとして撮った…
つもりなのですが、すみませんブレました。(自爆)

この日は滞在3日目。喋る自分の言葉のイントネーションが
関西色に染まり始めたのを自覚した日です。(え?)
折角だから宇治で抹茶を啜ろう!と思い立ち、
そこへ向かう時に発見した広告をぱちりとな。
発車待ちだったとは言え、車中でカメラ構えてごめんなさい。(今更)
良い子はまねしないように。<誰もしない

戻る道すがら 

May 23 [Mon], 2005, 15:57
石碑の影から飛び出してきた猫にビビリつつ一枚ぱちり。
近寄ってもこの通りだったので、人慣れしてるのかな。
手を振ったら大あくびされました。(笑)
ちなみに猫は茶トラがいちばん好きです。<聞いてない

この日はもう写真を撮っていないんですけど、
嫁さまのお住まいの近くに戻り、非常に美味な鶏肉料理を
食べに行きました。
朝引きのささみが本っっっ当に!美味しかったです
そしてその先では滅多に出来ない非常に濃ゆいお話を
楽しくみっちりまったりと。
個人的には5年分くらい語った気分でしたが(笑)語り合った話の
内容に時に激しく頷き、そして時に激しく萌えました。(笑)

そして嫁さまのご自宅にてAさんへ携帯メール攻撃をかまし(ぇ)
こんなの書いてるんですーと仰られていた夢を拝見させて頂いて
おすすめの本を拝読させて頂き、幸せに浸りながら就寝。
思い切って来てみて本当に良かったと思った事は多々ありましたが、
この日はそれを一番強く感じた日でした

ちいさな神社が 

May 23 [Mon], 2005, 15:53
集結してました。何気なく見上げてびっくり。
しかも一つ一つにちゃんと名前がついていると知って
二重にびっくり。
ただ、暗くなってからここを通るのは少し怖いかも。です。

抜け出してみた 

May 23 [Mon], 2005, 15:46
脇から鳥居を見るとこんな感じでした。
鬱蒼と茂った緑と鳥居の鮮やかな朱色が、目に眩しかったです。
引き返しつつ「迷い道くーねくねー♪」と歌ってみました。(歌うな)

看板を見てびっくり。 

May 23 [Mon], 2005, 15:36
二人で時間をかけてぜーはー言いながら歩いたのは、
この看板の真ん中あたりまででした。なんてこった。
まだまだ先は長い。だけど時間は既に日が沈みかけてきている。
…うむ、致し方あるまい。という訳で嫁さまと共にリベンジ稲荷山を
心に固く誓い合い(笑)引き返すことにしました。

はて。 

May 23 [Mon], 2005, 15:30
綺麗なのはいいんだけど、歩いても歩いても先が見えない。
先を歩いていたほかの観光客の方も引き返し始めている。
うーむ、これは一体どうしたことか…。
そう思った私達は、途中にあった案内の看板を見てみる事にしました。


下から見上げてみた 

May 23 [Mon], 2005, 15:26
斜め撮り失敗☆(殴)

わかれみち 

May 23 [Mon], 2005, 15:16
…に出くわしました。
こんな所もあるのかーと一休みしながら周囲を見回していたら、
『ここを撮り続けて28年』と仰るおじさんに話しかけられました。
「この鳥居は真ん中から撮ると一番綺麗に写るんだよ」
そう言われるままに撮ってみたのですが、センスの無い素人が
撮ると、実につまらん写真になります。(泣き崩れ)

ちなみにこのおじさん、私達が引き返して戻ってきた時にも
姿を見かけたのですが、その際私達以外の観光客と思わしき
方々にも全く同じ事を仰られてました。(笑)

まだまだ続く 

May 23 [Mon], 2005, 15:13
千本鳥居。
見上げるたびに大小異なる朱の鳥居。
奥を見ても振り返っても、ひたすら鳥居が続きます。