豆乳ダイエットの栄養素「イソフラボン」

December 10 [Wed], 2008, 1:27
栄養素的に見て、豆乳ダイエットはどのようなものでしょう。豆乳とは、ゆでた大豆を破砕し煮出して絞った液体を指します。豆乳の原形であり畑の肉と呼ばれる大豆は、ローカロリーでありながらバランス良く良質の栄養素を豊富に含む自然健康食品の代表選手です。大豆の成分の大部分が豆乳に含まれており、豆乳は栄養豊富でカロリーが低いという、ダイエットに心強い存在です。大豆タンパクと大豆イソフラボンという成分が豆乳に含まれる主要な栄養素です。大豆タンパクは代謝促進効果があり、その効果を大豆イソフラボンが補強してくれています。大豆サポニンや大豆ペプチド、あるいはレシチンという成分が大豆には豊富に存在します。体内に摂取した脂質や糖質の吸収は、大豆サボニンによって抑制されます。体内に一旦は蓄積された脂質は、大豆ペプチドの作用で燃焼が促進されます。大豆ペプチドはコレステロールの抑制作用もあります。血中に存在する善玉コレステロールは、大豆の脂質に含有されるレシチンの作用で活性化します。女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ており、体内で同じ作用をするのが大豆イソフラボンです。この大豆イソフラボンはダイエット時のホルモンバランスと調和し、大豆たんぱくと共にコレステロールの低下やダイエット効果を高めるといわれている栄養素です。イソフラボンは大豆だけに含有される物質ではなく様々な植物に存在していますが、イソフラボンといえば大豆の代名詞となるほど大豆にはふんだんに入っています。

豆乳ダイエットの方法!豆乳バナナダイエット♪

December 10 [Wed], 2008, 1:25
効果的に豆乳ダイエットを行うにはどうすればいいでしょう。豆乳ダイエットの方法は、たくさんアレンジ出来るのが特徴です。ジュースによる豆乳ダイエットの方法があります。豆乳バナナダイエットが人気です。豆乳バナナダイエットでは、豆乳とバナナをミキサーでかくはんしてジュースを作ります。好みに合わせて甘味やきなこを足したり、レモン汁で色止めをします。豆乳バナナダイエットの応用編としては、すりごま、きなこ、市販のプロテイン、アロエ等の健康ジュース、ココア粉末のほか、ほうれん草、キャベツ人参等の冷蔵庫に眠っている野菜を加える方法もあります。どれも栄養価が高く美肌効果がある物ばかりです。パイナップル豆乳やキウイ豆乳によるダイエット方法もあります。キウイやパイナップルをバナナの代わりに使う時は、ミキサーにかけることは同じですが、作ってから30分とほとおきましょう。パインやキウイには、たんぱく質分解酵素という物質が含まれています。この成分が豆乳に含まれているたんぱく質に作用し、たんぱく質を分解してペプチドにする時間を確保するために、作ってから30分ほど待つ方法が勧められているのです。温かい飲み物による豆乳ダイエットの方法もあります。ショウガ入りの豆乳紅茶はどうでしょうか。おろししょうがと温めた豆乳を紅茶に注ぐことで、体を温めて代謝効率もアップさせることが期待できます。カフェラテの代わりにソイラテにするなど、今まで牛乳を使っていたものを豆乳に切り替える方法もいいでしょう。ソイラテは、カフェラテよりもさらっとした味わいで、コーヒーの味が際だつダイエット向きの飲み方です。豆乳は様々なバリエーションをつけることができる飲み物ですから、きっとダイエットの助けになります。

豆乳のダイエット効果は

December 10 [Wed], 2008, 1:08
豆乳には、ダイエット効果があるのでしょうか。ダイエットのために大豆製品の中でも特に豆乳がお勧めなのは、液体の為固形の豆腐に比べても成分の吸収が優れているからです。大豆の栄養成分を効果的に体内に摂取するには、大豆のままではよくありません。元々、大豆の成分にはダイエットに効果的なものがふんだんに存在していますが、それらを効果的に活用できるの飲み物が豆乳です。起床後、朝ご飯を食べる前に豆乳を飲む習慣をつけると、ダイエット効果のある成分を吸収できでダイエットの助けになります。食事の量も自然と少なくなるし、一石二鳥なのです。コンビニにも売っている豆乳は、手軽なダイエット食品なので、毎日摂らない手はありません。健康な体づくりのためにも豆乳や牛乳は役に立ちます。どちらを飲むかは自分の栄養状態を考慮に入れて決めましょう。日頃の食生活ではカルシウムの摂取量が足りていないと感じている方は牛乳がおすすめです。牛乳や乳製品に含まれるカルシウムは他の食品より量が多く体内への吸収も効果的です。コレステロールや血中脂質が多すぎるという人や、鉄分を補いたいという人は、豆乳にしましょう。牛乳と豆乳は両方とも優秀な健康飲料ですから、自分の現在の状況に合わせてもっとも合うと思うものを摂取してください。ただし、効果的なダイエットを目指すためには適切なものは豆乳です。寒い時期はホットで、暑い時期はアイスで飲めば飲みやすいでしょう。