【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き) 特典付き購入

March 24 [Thu], 2011, 19:55
【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)


当サイトより購入頂いた方に下記の5大特典特典を差し上げます!!
【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVDを特典付きで購入する





わたしは30年間にわたり、糖尿病をはじめとする

生活習慣病やガンと食事の関係について

研究と活動を行なってきました。


現在では400人規模の食養フォーラムをはじめ

全国各地でセミナーや合宿を年間50回以上開き、


現役の医師までもがわたしの元へ学びに来ることもあります。


そんなわたしがこのHPを立ち上げた理由は単純です。


余りにも糖尿病で悩んでいる人が多いから。


そして「正しい療法を行えば糖尿病は決して治らない病気では無い」

という事実を知ってもらい、貴方に二度と糖尿病に悩まされない

健康で快適な生活を送っていただくためです。



「でも糖尿病は1度かかると治らないと聞いたのですが・・・」


という声が聞こえてきそうですが、心配御座いません。

わたしの所に来る方も、以下のような悩みを抱えています。


「処方された薬を飲み続けているがなかなか治らない」


「糖尿病は遺伝だし治らないからしょうがない」


また、管理栄養士に「高カロリー食品やお酒は避けて」「1日1万歩以上の運動を」


と指導されるものの「なかなか効果が表れない」「思った程血糖値が下がらない」と悩み、

ついには「わたしは意志が弱くて先生の言うことを守れないんです…」と自分を責めてしまう人もいます。


つまり一般的に


「糖尿病になったら投薬やインスリン注射をしつつ、

低カロリーの食事やきつい運動を一生続けていくしかない」



とされてきたのです。


しかし、わたしは「糖尿病は本当に治らないのか」
という課題を掲げ30年も研究を続けました。


もともとは放射線技師として総合病院に勤務していたわたしは、

病院で行なわれている治療を根本から疑い、東洋医学や鍼灸治療も研究したり、

日本人に最適な食事や生活習慣を研究したり、いろいろなことを繰り返し研究し


試し続けました。


そうして30年以上も研究を続けたある日のこと、

わたしは"あること"に気が付いたのです。


その瞬間は

「これだ!これなら日本人の糖尿病を治すことが出来る!」

と飛び上がる程喜んだのを覚えています。



そして興奮する気持ちを抑えながらも、

その"あること"を糖尿病に苦しむ人たちに試して貰うことにしたのです。


そのたった3日後。


本人や主治医がびっくりし、何かの間違いでは無いかと

もう1度測定し直した程です。


この方の場合はわたしも驚いた程血糖値が下がったケースですが、


他の方もたったの3日〜2ヶ月で大幅に血糖値が改善したのです。


勿論、インスリン注射や投薬は一切していません。


つまり、事実上、不可能とされてきた

投薬やインスリン注射を一切せずに血糖値を下げることに

見事に成功したのです。


その後は、「日本食養の会」「匠の会 都賀治療院」等を設立し、テレビや新聞・雑誌にも掲載され、現在は年間50回以上の講演・合宿を行なっています。


そして、この糖尿病療法の凄い所はまだあります。



「安全に血糖値を改善ってどう言う事?」と思うかもしれませんね。


一般に、病院で糖尿病と診断されると

「食事と運動に気をつけて薬を飲んで下さい」

と言われ、当たり前のように薬を処方されますよね。



医者に処方された薬だから安全だと思っている方も多いかもしれませんが、


それはまったくの誤解です。


実は糖尿病の薬には副作用の危険があります。


一番怖いのは「低血糖障害」です。


そもそも糖尿病とは「血糖値が異常に高くなる病気」です。

ですから「血糖値を抑える薬」を飲むわけですね。


所が、これが効きすぎると逆に血糖値が下がりすぎる(=低血糖障害)

になってしまうことがあるのです。


しかもこの副作用は珍しいものでは御座いません。



実際に、低血糖による被害が多数報告されています。



糖尿病治療薬で頻発する副作用は低血糖です。


低血糖は、糖尿病の治療中に見られる頻度の高い緊急事態で、場合によっては重篤な結果を招くこともあります。



低血糖は一般には 血糖値が70mg/dl 以下になると発症します。低血糖では、まず交感神経系刺激症状が現れ、続いて中枢神経系の機能低下による症状が現れます。


社団法人 日本病院薬剤師会、万有製薬

『安全管理の視点から見た薬剤管理指導 糖尿病治療薬』より引用




つまり、糖尿病治療薬は常に低血糖の危険と隣りあわせなのです。


しかも低血糖は、処置を間違えば最終的には昏睡、死に至ることもあるとても危険なものです。




ですから、血糖降下剤を飲んでいる方は、

「外出先で低血糖になったらどうしよう」

「一人でいるときに低血糖になったら大変だ」

と心配し、常にブドウ糖を持ち歩かなければなりません。


それだけ低血糖は危険で、常に気をつけなければならない副作用なのです。


しかも、もし寝ている間に低血糖になったら

本人は勿論家族も気付かず朝まで放置・・・等と言う事にもなりかねません。


(実際、重症低血糖を起こした人の57.1%は就寝中だったというデータがあります。)


このように、糖尿病の薬というのは、決して気楽に飲む薬では無いのです。



このことを、貴方は医師にきちんと説明されたでしょうか?




「そうは言っても、薬を飲まないと糖尿病は治らないし・・・」


確かにそう思っている方も多いと思います。




糖尿病の薬にはいろいろなタイプのものがあります。


インスリンの分泌を促進したり、糖の生産を抑えたり、糖の吸収を遅らせたり等等。


これらは基本的には全て「血糖値を下げるための薬」です。



しかし多くの患者さんが誤解してしまっているのですが、

これらはあくまで「血糖値を下げるだけの薬」であって

「糖尿病を治癒する薬」では御座いません。


つまり、いくら薬を飲んでも糖尿病は良くなっていかないのです。


残念ながら、糖尿病を根本から治癒する薬は、現在御座いません。



ただ薬の効果で一時的に血糖値が下っているだけなのです。




大勢の糖尿病患者のカルテを見ていますと、薬では糖尿病の進行を防げないことがはっきり見て取れます。


ほんの一時的に、2年か3年は血糖値を下げますが、確実にすい臓は弱って行きます。




東京農業大学栄養科学化教授 渡邊 昌氏(日本医師会医学賞受賞)

『糖尿病は薬なしで治せる』より引用



事実、医学が進歩して糖尿病治療に様々な薬や治療法が開発されても、

糖尿病患者は一向に減っていません。



厚労省の調査によれば、
平成9年に1370万人だった糖尿病患者と予備軍の数は、
平成18年には1870万人になってしまいました。


患者数が減らない所か、10年もしないうちに500万人も
増えてしまっているのです。


これだけいろいろな新薬や治療法が開発されてきたのに、
患者数は減る所か増えているのです。






インナーマッスルを鍛える【松下式筋肉トレーニング法】

【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)