糖尿病の原因について 

2013年06月02日(日) 21時35分
糖尿病の人の二人に一人は高血圧の症状を持っています。糖尿病と高血圧は互いに影響してより重い症状の原因になります。脳卒中や心筋梗塞は日本人の死亡率上位の原因となってますが、これも糖尿病と高血圧のために動脈硬化になって発症してしまった結果です。糖尿病の人は、血圧が少し高めでも積極的に治療する必要があります。血糖値と血圧をどう制御できるかが、その後の人生を元気で生きられるかを左右します。

高血圧の状態は、血圧を測った際の最高血圧が140oHg以上、最低血圧が90oHg以上の時を指します。高血圧の原因は特定できないことが多く、塩分を多くとる食事、肥満、ホルモン分泌異常、遺伝的要因などさまざまです。ほかに血圧が上がるほかの病気が原因の場合もあります。血糖値が高い糖尿病の人は細胞から水分が血液に出やすく、体液、血液量が増加するので血圧が上がるなどの原因で、高血圧になりやすいのです。高血圧と糖尿病は動脈の弾力性がなくなり血管が狭くなる動脈硬化を引き起こします。高脂血症と肥満と合わせ四つの症状は、メタボリックシンドロームと呼ばれ、動脈硬化を加速度的に進行させます。これによって脳卒中、心筋梗塞を起こしやすく、さらに糖尿病性腎症の悪化、網膜症の原因ともなります。
糖尿病の原因
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:momokoro
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる