【荒木式】糖尿病改善プログラム〜インスリンも薬もやめられた画期的な食事法〜で人生が変わる!とタモリとナイナイ矢部いいとも終了振り返る「岡村隆志の病気 タモリが心配」

January 05 [Sun], 2014, 8:45
こんにちは^^


今日も【荒木式】糖尿病改善プログラム〜インスリンも薬もやめられた画期的な食事法〜レビュー特集中です(^^)
↓↓

優良教材【荒木式】糖尿病改善プログラム〜インスリンも薬もやめられた画期的な食事法〜レビューはこちら


【荒木式】糖尿病改善プログラム〜インスリンも薬もやめられた画期的な食事法〜は、実は全く効果が無い?
そんな評判も聞きましたが、実際には凄い効果です!


株式会社 イコールヒューマンさんが自信を持って世に送った情報教材【荒木式】糖尿病改善プログラム〜インスリンも薬もやめられた画期的な食事法〜を
超お得な特典付きでお届けしています。



購入前は信じ難いですけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクから、本サイトへ飛びご確認下さい。
↓↓
優良教材【荒木式】糖尿病改善プログラム〜インスリンも薬もやめられた画期的な食事法〜レビューはこちら


て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


今朝の朝ごはんは新米を炊いたご飯と、塩鮭と白味噌のおみおつけ

私はこれが無いとダメなの。



最速5分で完食、7時45分にマンションを出発しました。



普段と違うミニストップに立ち寄り、朝専用コーヒーをサクッと買いました。



朝はこれが欠かせません。。



出勤したら、日々の日課のヤフーニュースをチェック

恐らくこれ、TVでもやる?

↓↓

 降板騒動が目についた昨年の演劇界だが、作品のラインアップそのものは今年も充実。2011年に初演され、演劇賞を総なめにしたヒットメーカー・三谷幸喜氏(52)脚本・演出による「国民の映画」が2〜3月に再演。パルコ劇場(東京・渋谷)40周年のラストを飾る。パルコ劇場とともに演劇界を引っ張るシアターコクーン(同)は今年25周年を迎える。小劇場は演劇ユニット「ジョビジョバ」の復活が話題。今年上演される注目の舞台を紹介する。

 メガホンを執った映画「清須会議」もヒット中の三谷氏だが“ホームグラウンド”でも勢いは止まらない。まずは「国民の映画」(2月8日〜3月9日)が再演される。

 1941年、第2次世界大戦下のドイツはベルリン。宣伝大臣ゲッベルスら政治に取りつかれたナチス高官と、政治に翻弄される映画人との間で繰り広げられる、ある一夜を描く。重厚なテーマを扱いながら、三谷流の笑いに包まれる群像劇。ゲッベルス役の小日向文世(59)親衛隊隊長ヒムラー役の段田安則(56)らは初演に引き続き出演し、空軍元帥ゲーリング役に渡辺徹(52)新進女優エルザ役に元AKB48秋元才加(25)が新たに起用された。

 ゲッベルスは映画関係者を自宅へ招き、パーティーを開く。それは最高のキャストとスタッフを集め、全ドイツ国民が誇りに思うような「国民の映画」を作るためだった。いわゆる「グランドホテル形式」で登場人物が出たり入ったりする中に喜劇の要素を織り込みながら、物語には次第に時代の影が落ちる…。三谷氏が主宰していた劇団「東京サンシャインボーイズ」出身の俳優・小林隆(54)が作品の1つのカギを握る。

 昨年4〜5月の新作「おのれナポレオン」が好評を博した三谷氏だが、早くも新作「酒と涙とジキルとハイド」(4月10〜30日・東京芸術劇場プレイハウス、5月4〜18日・天王洲銀河劇場)が控える。出演は昨年ブレークした歌舞伎俳優・片岡愛之助(41)優香(33)藤井隆(41)迫田孝也(36)。宣伝コピーは『19世紀末のロンドン、2人1役と1人2役で描く「すれ違い」と「騙し合い」の究極ラブサスペンスホラーコメディー』と銘打ち、今から開幕が待ち遠しい。

 今年9月に25周年を迎えるシアターコクーンは、KAT―TUNの上田竜也(30)らが出演する「冬眠する熊に添い寝してごらん」(作:古川日出男、演出:蜷川幸雄、1月9日〜2月1日)で幕開け。続いては伝説の音楽劇「もっと泣いてよフラッパー」(作・演出:串田和美、2月8日〜3月2日)が松たか子(36)らの出演で復活。藤原竜也(31)らが出演する「ムサシ」(作:井上ひさし、演出:蜷川幸雄、3月7〜15日)はロンドン・ニューヨーク公演を経て凱旋。発表当時は上演が認められなかったノルウェーの作家イプセンの戯曲「幽霊」(演出:森新太郎、3月20〜30日)が安蘭けい(43)らの出演で現代によみがえる。

 人気作家の動向はどうか。野田秀樹氏(58)は昨年10〜11月、美輪明宏(78)をモチーフにした「MIWA」を上演したばかり。新作の発表はまだない。劇団「ナイロン100℃」を主宰するケラリーノ・サンドロヴィッチ氏(51)は「パン屋文六の思案〜続・岸田國士一幕劇コレクション〜」(4月10日〜5月3日、青山円形劇場)の構成・演出を手掛ける。劇団「大人計画」を主宰する松尾スズキ氏(51)は新作(12月〜来年1月)の上演が決定。さらに夏には脚本・松尾氏、演出・いのうえひでのり氏(53)で「大人計画+劇団☆新感線=大人の新感線」。人気劇団のビッグコラボとなる。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の宮藤官九郎(43)は生瀬勝久(53)池田成志(51)古田新太(48)による「ねずみの三銃士」第3回企画公演「万獣こわい」(3月15日〜4月8日、PARCO劇場)を書き下ろす。

 人気俳優の出演作品も次々に発表されている。天海祐希(46)松山ケンイチ(28)早乙女太一(22)は「劇団☆新感線」春興行「いのうえ歌舞伎 蒼の乱」(作:中島かずき、演出:いのうえひでのり、3月27日〜4月26日、東急シアターオーブ)に出演。内野聖陽(45)は「ビッグ・フェラー」(作:リチャード・ビーン、演出:森新太郎、5〜6月、世田谷パブリックシアター)に。北村明子プロデューサーの下、魅力的な作品を放ち続けるシス・カンパニーは堤真一(49)瑛太(31)が兄弟を演じる「ロンサム・ウェスト」(作:マーティン・マクドナー、演出:小川絵梨子、5月3日〜6月1日・新国立劇場小劇場)を上演。宮沢りえ(40)藤木直人(41)は村上春樹氏(64)の小説を舞台化する「海辺のカフカ」(脚本:フランク・ギャラティ、演出:蜷川幸雄、6〜7月、彩の国さいたま芸術劇場大ホール、赤坂ACTシアター)に名前を連ねる。

 小劇場界は、2002年12月に活動を停止した演劇ユニット「ジョビジョバ」が復活する。放送作家・福田雄一氏(45)とマギー(41)による「U―1グランプリ CASE05」(4月25日〜5月6日、赤坂RED/THEATER)で、ジョビジョバ・ファンの福田氏の熱望により、マギー、石倉力(40)木下明水(42)坂田聡(42)長谷川朝晴(41)六角慎司(41)の6人が12年ぶりに再結集。新作コントを披露する。また「劇団鹿殺し」の丸尾丸一郎(36)が脚本・演出を務める「ジルゼの事情」(1月16日〜2月2日・CBGKシブケキ!!)で、歌手のCocco(36)が舞台初主演する。

 今年も数々の名作の誕生を期待したい。
(この記事はスポニチアネックスから引用させて頂きました)



うそっ(*_*;

よきに計らえ



ではでは。本日のネタは。

順当なサイトアフィリに5時間と、CDせどりの仕入れに2時間。



先日と同じだから予定通り進むでしょう。



バリバリ稼ぐぜ^^



そうそう、動画でこんなの

↓↓





ありゃりゃ(汗全く関係無い?

これは失礼しました



そんな事より夕飯は何しよ?

カレーかお寿司が今日こそ食べたいぜ(^^ゞ




大抵次回の記事アップは早くても数日後です。

お楽しみに!


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あゆむg75n
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる