GI値を知って、血糖値を予防、改善をする!

July 06 [Wed], 2011, 5:56
GI値を知って、血糖値を予防、改善をする!

皆さんはGI値をご存知ですか?
GIとはグリセミック・インデックスの略で、食べ物が血糖値を上げる速度を表したものです。
GI値が高い食べ物ほど血糖値の上昇が速く、低い食べ物ほど血糖値の上昇がゆっくりになります。
血糖値が急激に上がると、すい臓はインスリンを一気に出しますので、疲れてしまいます。
すい臓が疲れるとインスリンの出が悪くなって血糖値が下がりにくくなり、糖尿病になってしまうのです。
しかし、血糖値がゆっくり上がれば、インシュリンの分泌も少なくなり、食べたエネルギーがじっくり使われます。そのため、お腹がすきにくく、必要以上に食べることを避けられるのです

では、どんな食品がGI値が高いのでしょうか。
ブドウ糖の上昇スピードを100として下記を見てください。




ほうれん草 15
たまねぎ 30
トマト 30
あさり 30
はるさめ 32
リンゴ 36
あじ 40
さば 40
さんま 40
まぐろ 40
いか 40
牛肉 45
豚肉 45
鶏肉 45
いくら 45
ソーセージ 46
ベーコン 49
バナナ 55
玄米 56
そば 59
スイカ 60
そうめん 68
うどん 80
にんじん 80
84
もち 85
ジャガイモ 90
食パン 91
フランスパン 93
菓子パン類/td> 95

甘いチョコレートのGI値は91!
砂糖が含まれている食品や、血糖値を上げやすい炭水化物はGI値が高いです。
炭水化物は消化するとブドウ糖に変わるので血糖値が上がりやすいのです。
野菜でも炭水化物を含むジャガイモやにんじんは炭水化物を多く含むので血糖値が上がりやすいです。
一方、肉や野菜はタンパク質が主成分ですのでGI値が低くて、血糖値の上昇がゆっくりです。
血糖値が高い方はGI値が60以下のものを選んで食べるようにしましょう。
食事のバランスを大切ですので、GI値が高いものを食べる時は、食物繊維が豊富な野菜やキノコ類や海藻類を組み合わせたりしましょう。
GI値を知って糖尿病の予防や改善に役立ててください。





  • URL:http://yaplog.jp/tounyou49/archive/16
レンタルサーバー