タマネギの皮茶の作り方【血糖値を下げる食材玉ねぎを使う】

June 26 [Sun], 2011, 4:46
タマネギの皮茶の作り方

@タマネギ数個分の皮を洗って水分をふき取ります。
A水分をふき取ったタマネギを1〜2日天日干しにします。
B天日干ししたタマネギを電子レンジで軽くチンします。(焦がさないように軽く)
Cチンしたタマネギをミルやミキサーで挽いて粉末にします。
Dやかんに水2Lを入れて、粉末にしたタマネギを小さじ1杯入れます。
 10分程度煮出します。煮出しすぎは苦くなるので注意します。
E煮出したら、こしたら出来上がりです。

タマネギの皮茶の効果

糖尿病は年々増加しています。現在は40歳以上の10人に1人が糖尿病で、将来は5人に1人に増えるだろうといわれています。
糖尿病をそのままにしておくと合併症を引き起こし、失明、人口透析が必要となったり、足の壊疽(えそ)まで引き起こすことになります。さらに、血液がドロドロになるので、動脈硬化を促進させます。
それほど、糖尿病は恐ろしい病気なのです。

タマネギの皮茶で利用するタマネギ皮には、ケルセチンという成分が含まれています。
これは血液をサラサラにするため、デトックス効果があると言われています。
このケルセチンを含むタマネギの皮茶には、高血圧予防、糖尿病予防、肌荒れ改善、便秘改善、むくみ改善、花粉症改善などの効果もあります。
デトックス効果のあるタマネギの皮茶は、生活習慣病が気になる方にはオススメの一品と言えるでしょう。
カフェインを含まないので子供や妊婦さんでも安心ですので、夏は冷蔵庫で冷やして、冬は温かくして、お茶代わりに飲んでみたらいかがですか?





  • URL:http://yaplog.jp/tounyou49/archive/12
レンタルサーバー