糖尿病の予防には

家族や親戚に糖尿病の患者がいるとやはり若いうちから糖尿病に気をつけたいと思いますよね。

また、メタボ検診で指導を受けた場合もやはり糖尿病の予防にも気をつけたいものです。

糖尿病の予防はごく普通のことで

・規則正しい生活
・適度な運動
・バランスのよい食事

です。

食事には食べ過ぎず腹八分目を心掛けることも大切です。
適度な運動はウォーキングを行うとインスリンの分泌を促すことができるそうです。

インスリンを分泌する膵臓はストレスに弱い臓器といわれていますので、なるべくストレスを溜めないようにするのもいいでしょうね。

しかし、ストレスを発散するためにアルコールを飲むのはよくありませんね。
アルコールを飲むと血糖値が上がるそうです。

>>藤城博の血糖値を下げる方法


その他参考サイトはこちら
血糖値を下げるには
血糖値の測定法
糖尿病の合併症

糖尿病の予防にはカロリーコントロール

糖尿病の予防には食べ過ぎないことが第1です。

食事だけでなくおやつなどの間食や飲み物にも注意してみましょう。

間食は控えたほうがいいですが、どうしても食べたいときってあります。
そういうときはなるべくカロリーの少ないお菓子を選ぶとか、余裕があれば自分で作ってみるのもいいでしょう。

市販されているお菓子は砂糖やバターをたくさん使ったりしていますので、砂糖やバターの代わりにパルスウィートローカロリーのバターを使って食材を替えてお菓子を作ってみるのもいいでしょうね。

また洋菓子より和菓子のほうが脂肪分が少ないので和菓子を食べたほうがベターです。

寒天こんにゃくで作ったお菓子は定番ですし、酢昆布、玄米フレーク、玄米豆乳入りのビスケットもいいもしれません。


飲み物もコーラやジュースなどの清涼飲料水の代わりに無糖のコーヒー、お茶、紅茶にすると無駄にカロリーを摂ってしまうことを防げます。


>>血糖値を下げるには


その他サイトも参考に
糖尿病食を宅配で
糖尿病療養指導士とは
糖尿病性腎症と予防

糖尿病の予防には運動

糖尿病の予防には運動が欠かせません。

フィットネスクラブでがんばるのもいいですが、毎日通うのも大変ですし、ハードな運動だと続かない可能性もあります。

一番のおすすめはウォーキングです。
歩くことは基本的な運動で無理せず行うことができますし、仕事や日常の中で応用できます。
また、ウォーキングをするとインスリンの分泌が促進されるるそうです。

通勤時に電車を利用している場合は一駅前に降りて歩いて出社したり、エレベーターを使わず階段を使ってみたりと日常の生活の中で運動するようにするとわざわざフィットネスクラブに行かなくても運動でカロリーをある程度消費できます。

もちろん車を使用する代わりに自転車、近くは歩いてという風にすれば自然と運動できますね。


>>藤城博の血糖値を下げる方法


その他参考サイトもどうぞ
糖尿病と血糖値
低カロリーのお菓子をさがす
2型糖尿病の特徴