exceed

March 12 [Fri], 2010, 2:30

先輩の林檎バンドを聞いて
(ほんとに一年通して初めて聞いた←)
思ったことを綴っていこうと思う。

群青日和
歌舞伎
流行
キラーチューン

まずどういう想いでこの曲を選曲したんだろう
わたしがすごく驚きだったのは
三文ゴシップの曲を選んだこと
わたしの中のあのアルバムは椎名林檎の中でも
一味違ったアルバムだと思ってるから、
挑戦しようにも抵抗がある気がする

でもあえてそこを選んだいくしどは
やっぱり満州とは違うんだなって思った

フェスに向けてわたしたちも曲を選んだけど
今の時点で傾向がみえたw
ぶっちゃけわたし好みになってるんじゃないかと...

でもそれはそれで満州の味として見てもらいたい
と、思ってるwwww

で、演奏について思ったことは
タテのバランスが安定してて
聞いていて安心する
それは全員のレベルが高いのは勿論、
もえさんの先導していく姿勢が
みんなわかってるんだなって思った

もえさんはいつか言ってた
「ボーカルはバンドをひっぱってく役」

わたしは満州の中でも技術や知識は皆無に近いし
技術の面ではみんなについていく感じだけど
(たまに他でしゃしゃったりするけど///)
とてもひっぱっていく役にはまわれないと思ってる
でもボーカルにスポットライトがあたるバンドと
証明もほとんど変わらないバンド、
要は誰も前にでないバンドってこと
違いははっきりある

他のバンドメンバーがボーカルに
ピンスポあたるようになるような演奏してくれたり
そういう場面をつくれるバンドって素敵だと思う
もー何が言いたいかわかんないやw
ただボーカルが目立ちたいって意味じゃなくて

...よくわかんなくなってきたから
話をかえようかな

わたしの今後の課題は
音域は勿論そうだけど
・いろんな声を一曲の中で使えるようになること
・唄以外の表現

二つ目は要は、
どれくらい自分をさらけ出せるかってこと

恥ずかしがって唄うたってるより
音痴でも堂々としてる方がいい

唄以外の表現てほんとに難しい
林檎の動きとか研究しなくては...

てか長くなりそうだから続く。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:toumeiningen25
読者になる
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる