【 更新情報 】

スポンサード リンク

瓦のメンテナンスについて

瓦もいろいろな種類があるようで、工務店さんの話ではセメント瓦だと10年くらいがメンテナンス時期との事です。
陶器瓦なら半永久的なものかもしれませんが、瓦屋根ってずれたり割れたりして別の面でのメンテナンスが必要になりそうです。

どちらにも長所と短所があり、メンテナンスは両方とも必要になってきます。
瓦は地震には重量があるため、コロニアルよりは弱いですが、台風には強いです。
コロニアルは地震には強いですが、台風には弱いです。
但し、瓦は瓦のコロニアルはコロニアルのそれぞれの重量を加味して構造計算をしますから決して瓦が重いから家に対して負担がかかるとかじゃなくて、その分梁等が大きくなりその重量に耐えれるように設計します。コロニアルも同様で台風に弱いといっても施工性の問題であってコロニアル自身が弱いわけではありません。
メンテについてもコロニアルは塗替えが必要ですが、瓦は熱吸収が大きいためひび割れが生じ、これもまた差替えをしなければ雨漏りの原因になります。

建物のデザイン性と予算で決めればよいと思います。
建物というのは、屋根に限らず形があるものですから手をかければかけるほど長持ちしますしメンテナンスをしなければば早く痛むわけです。

今は昔と違って、瓦もコロニアルも改善されて耐久性もかなり良くなってきています。


コロニアルという石綿板スレート瓦は屋根こう配があまり強くない屋根に多く使われて、日本瓦は、こう配の強い屋根に多く使われています。
ですから、コロニアルだけど「こう配のおかげ」で塗り替え不要30年で持っている、というのは、デザイン重視の芸術的建築に多いです。



本瓦は焼き物の瀬戸物と同じく、物理的に割れたりする損傷がない限り半永久ですが、台風などで飛んできた物がぶつかって割れるとか、何もないはずなのに自然とひびが入ることがあります。
日本住宅木材技術センターの「木造住宅耐久性向上の手引き」という資料を見ると、だいたいの目安として、

日本瓦=1−5年で一部漏水
    5−10年で10%差し替え
    10−15年で12%差し替え
    15−20年で25%差し替え
    20−25年で30%差し替え

という「一般論」が書いてありました。

三州瓦はいぶし瓦も陶器瓦も・・・

いぶし瓦も陶器瓦も愛知県の三河地方で生産されたものを一般に三州瓦と呼びます。
その中で形状が和風の形状のものを日本瓦とよび、洋風の建物に合うような形状のものを洋瓦と呼びます。
いぶし瓦は瓦を焼く過程でいぶして炭素幕を形成したもの(瓦全体が銀黒っぽい色)で、陶器瓦は釉薬をつけて焼いたもので、いろいろな色があります。

瓦は焼き方で”陶器”と”いぶし”があり、更に形で”J瓦””F瓦””S瓦”などと分かれています。
一般的な日本家屋の屋根は陶器瓦のJ瓦です。(普通瓦屋根と言えばこれです)ちょっと大きなお屋敷だといぶし瓦のJ瓦。お寺などはいぶし瓦の"本葺き”といって2種類の形状の瓦を交互に組み合わせたものです。

三州瓦は拭き方でグレードが有ります。 
安い高いはありませんが軒や袖部の瓦には種類があります。
雨どいをつけずに一枚の瓦の面にあわせるのが最高峰の施工です。
銅版を外側に巻くの2番手に高い施工です。 
見た目もこだわりのある方しか判りません。

いぶし瓦と陶器瓦の使い分けは、金額による部分が大きいですね。
防水やメンテナンスの点では、いぶし瓦も陶器瓦も同等です。
条件(周囲に大きな落葉樹が有る等)にもよりますが、棟の部分に葺き土を使用するので、葺き土の劣化による棟の変形やズレに注意すれば、20年くらいはメンテナンスフリーのはずです。
ただし、陶器瓦はほとんど変色しませんが、いぶし瓦は黒っぽく変色する事があります。(昔はこれが当たり前でした。)変色しても、性能自体は変わりません。
そういった点から考えると、いぶし瓦は玄人向け、陶器瓦は一般向けと言えるかもしれません。
現在J形のセメント瓦は、ほとんど造られていないので、数奇屋に使えるセメント瓦は無いと思いますが、メンテナンス(色褪せ時の塗装等)は焼いた瓦よりは気を付けなければならないでしょう。

屋根瓦は日本の風土に合っている

海沿いでは、潮風でサビやすいなどの理由で、瓦が使われています。
最近は、サビに強いトタンや、価格、デザインなどの面で海沿いでも瓦以外の建物が多くなってるみたいです。
震災などに不利と言うのは、一部に瓦を使用し柱はトタン屋根の住宅と変わらない建物があるからでないでしょうか?
瓦や銅葺きを使った住宅は、太い柱を使って建てています。
地震は柱だけでなく筋交い等の問題もあります。
重い屋根と短く表現してますが、屋根を支える柱、筋交いなどがしっかりしてないと不利と言う解釈が良いと思われます。瓦の利点は、
(1)遮音性
 雨が降ったときなど、他の素材より圧倒的に静かです。
(2)耐久性
 何十年も持ちます。良いものなら、法隆寺のように何百年も持ちます。
(3)断熱性
 トタン等に比べてわずかですが断熱性が高い。
(4)景観
 日本家屋には一番あっているのではないかと思います。

補足:瓦屋根の利点と欠点

《利点》
・高級感がある(トタンなどに比べて)
・遮音性、断熱性が適度にある
・通気性がある
・重いので風に多少強い
・耐久性あり

《欠点》
・値段が高い
・割れる
・重いので柱材を強くしなければならない

特に利点の中でも通気性は高温多湿の日本の地には有利だったので、これほど普及したと思っております。

屋根の形状と種類

屋根の瓦はなんでもいいかというと決してそうではありません。
その地域に合った屋根形状と、その屋根形状に合った屋根瓦、そして地域に合った瓦を選ぶ必要があります。

まず地域に合った屋根の形状というのは、屋根の形のことです。
屋根の形には大きく分けて、切り妻、寄せ棟、片流れ、があります。
最近の流行では、片流れの二段屋根、シンプルモダン屋根が多く見受けられます。

風の強い地域では、風という横の力を分散しやすくその影響が少ない寄せ棟の形状が多く採用されます。
その他、雪の多い地域、雨の多い地域等、適した屋根形状を考慮していきましょう。
屋根は大切な家を守る大切な部分です。
将来のことを視野に入れ、地域に合った長く耐久性のある屋根形状を選択しましょう。

次に屋根瓦についてです。

大きく分けて2種類の瓦があります。
1.軽い瓦
2.重い瓦

それぞれの特徴を覚えておくといいでしょう。
最近では、技術の進歩によりお互いをカバーする屋根瓦も登場しています。


細かく分けるとこちらのようになります。
瓦・スレート葺屋根  粘土瓦・陶器瓦
 新生瓦
 シングル
 金属成形瓦
 ガラス瓦
 スレート波板
 天然スレート
金属屋根  金属屋根-折板-
 金属屋根-瓦棒・縦葺-
 金属屋根-横葺-
 金属屋根-フラット-
 金属屋根-断熱-
 金属瓦
 ステンレス屋根
 銅屋根
 アルミ屋根
 チタン屋根
 鉛屋根
 その他金属屋根
 付属品・その他
樹脂・ガラス屋根  アクリル樹脂板
 ポリカーボネート樹脂板
 塩ビ樹脂板
 繊維強化プラスチック板
 屋根用ガラス



陶器瓦は優れもの!

陶器製の瓦は耐久性、安定性が高く、屋根材としては最も優れていると思います。

今は色んな屋根材がありますが、結局、日本の気候に合った屋根材は「日本瓦」、「陶器瓦」です。
混練された粘土を主原料として成形・焼成したもので、釉薬をかけて焼成したものを陶器瓦と呼びます。
この釉薬が高温(1100゚C)によって瓦の表面に溶けてガラス状の皮膜を付着させることにより、高い耐久性を持ちます。
産地によって、三州瓦(愛知県)・石州瓦(鳥取県)・あわじ瓦(淡路島)・地物(県内瓦・宮城瓦)などに分かれます。
また最近では、洋風な仕上がりになる平板瓦(フラットタイプ)などが人気商品です。
釉薬瓦(ゆうやくがわら)とは、表面を釉薬で化粧した粘土瓦のことで、日本工業規格(JIS)の製法区分上の名称として定められています。
古くは瑠璃瓦(るりがわら)と呼ばれています。
陶磁器の焼成区分上は「陶器」に当たるところから、「陶器瓦」の呼称もよく使われます。

・和風で重厚観があり、趣があります。自社仏閣等は本瓦屋根です。
・メンテナンス(漆喰、締直し等)を定期的に行えば何十年も持ちます。
 陶器瓦は種類も様々ありますが、その中でも釉薬瓦・いぶし瓦など)は耐用
 年数がとても長いです。
・とくに釉薬瓦は色褪せせず、劣化しにくく年数が経っても美しい状態を保ち
 ます。

将来のメインテナンスや耐久性を考えれば、当初高くても陶器製の瓦にすべきでしょうね。
P R