【 更新情報 】

スポンサード リンク

東建ホームカップの賞金

東建ホームカップの賞金総額は、1億1000万円で優勝賞金2200万円です。
東建ホームカップで話題をさらった石川遼選手は5位タイであったため、獲得賞金は約400万円だったそうです。
この東建ホームカップのあと、12月には石川遼選手はプロ転向1年目にして、獲得賞金1億円をゆうに突破してしまいました。
これも東建ホームカップの経験が、大きかったからでしょう。賞金400万円よりももっと大きなものを、この東建ホームカップで手に入れたのでしょうね。
東建ホームカップの賞金総額って世界的には、どうなのでしょう?
男子ゴルフの欧州ツアーで、アラブ首長国連邦のドバイにおいて、世界最高賞金総額の大会となるドバイ世界選手権を2009年から開催すると発表したらしいです。
賞金総額は1000万ドル、約11億円だそうです。東建ホームカップの10倍ですね。そして優勝者は166万ドル、約1億8300万円の賞金となるとのこと。
ちなみに、現在の最高は、米ツアーでプレーヤーズ選手権、賞金総額900万ドル、約9億9000万円だそうです。これでも東建ホームカップの9倍ですね。

東建ホームカップで石川遼プロツアーデビュー

東建ホームカップで、史上最年少プロ、石川遼選手の男子プロツアーデビュー戦が実現した。
東建ホームカップ最終日、石川遼選手は首位タイでスタートしたが、4バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの74と乱れ、通算3アンダーの5位に終わり、4位スタートの宮本勝昌選手が5バーディー、ノーボギーの66で回ったことにより、通算8アンダーで逆転優勝をゆるした。
石川遼選手の東建ホームカップ最終日は、リズムに乗れなかったが、「自分なりにはやりきった」という言葉であった。
そして、東建ホームカップの優勝争いをした手嶋選手とのラウンドで本当のプレッシャーを間近で見たことは、何より大きな経験と振り返っっていたとのこと。
石川遼選手の強さは、今回の東建ホームカップ終了後の言葉にも表れているとおり、すべての経験をプラスの方向に解釈していくことなのだと思う。
すべての思考は、現実化するわけですね。石川遼選手を見ていると、とてもよく感じます。これから、凄い選手になっていくのでしょうね。

東建ホームカップゴルフトーナメント

東建ホームカップゴルフトーナメントは、男子プロゴルフツアー開幕戦として、その名を定着させている。トーナメントプロにとっては、オフでの練習成果が試される大事な一線となる。
東建ホームカップ期間中は、足湯コーナーや子供広場が設置され、家族連れでも大いに楽しめる。
東建ホームカップの第7回では、ジャンボ尾崎選手の長男、智春選手が研修生参加でありながら、初日をジャンボ尾崎と同スコアでまわり、話題をさらった。
東建ホームカップ第8回は、パットの名手、芹沢信雄が4年ぶりに復活の優勝を飾り、感動的な涙で終焉した。
東建ホームカップ第9回では、前年賞金王の片山晋呉選手がオフ中の練習成果を発揮し、初戦から優勝した。
東建ホームカップ第13回で優勝したのは、プロ7年目にして、花開いた高山忠洋選手でした。プレーオフの3ホール目まで突入する大混戦で、最後の最後までギャラリーの視線は、ゴルフ場に釘付けでした。
このように、東建ホームカップだ男子ゴルフツアートーナメントは、感動的な歴史を持ち、今後も開幕戦の座を譲らないことでしょう

東建ホール

東建本社丸の内ビル(ちなみに、これ名古屋の丸の内です)の3,4階が多目的ホールになっている。客席が428席あり、広さと最新設備を誇る本格的なホールである。
2009年3月22日には、この東建ホールで{主婦を元気にするカリスマ音楽家」秦万里子さんがコンサートを行います。
この東建ホールでコンサートを行う秦万里子さんは、半径5メートルを歌う主婦の代弁者天才ミュージシャンとして、また「女性版・綾小路きみまろ」として有名です。ピアノの弾き語りで、日常の出来事を即興で歌ってしまう天才ミュージシャンだそうです。
また、東建ホールは、ゲキ×シネが上映された場所です。
ゲキ×シネとは、演劇の映像を、製作過程を根本から見直し、よりダイナミックに、よりライブ感を増加させ、進化させたものらしいです。
映画製作と同レベルの工程を経て撮影・製作そして東建ホールで上映されたものです。
東建ホールで上映されたゲキ×シネは、演劇は特定の人にしか見せることができないため、多くの人に演劇を見てもらうために製作されたものです。
わたしも、一度見てみたいなと思います。

東建コーポレーションとは

1976年に東名商事として設立されたあと、東名リースと社名を変更した後に東建コーポレーションとなったようである。
現在の東建コーポレーションの主な仕事は、土地所有者に向けて、建設サービスを行うということであるが、本業以外にも、建材・設備事業やリゾート事業などを手がけている。
CMでも、東建コーポレーションで万田久子、ホームメイトで釈由美子などが、イメージキャラクターとして出演しています。
また、東建コーポレーションは、1993年以降、東建ホームメイトカップとして男子プロゴルフツアーの開幕戦を主催しています。
東建コーポレーションのグループの一員であるナスラックは、システムキッチン、システムバス、室内建具、内装建材などを扱う建材の総合メーカーである。東建コーポレーションの子会社であるナスラックは、ステンレス製品には定評があり、特にステンレスキッチンでは独自技術でコストダウンと強度アップを同時にはかり、製品の品質はかなり良質であるようだ。施工店からの評価は高いのですが、マニアック向けというイメージを業界ではもたれているとのことです。
P R
カテゴリアーカイブ