頭皮くさい!
2016.04.24 [Sun] 19:40



毎日シャンプーしてるのに頭皮くさい!・・・それは頭皮が汚れの温床になっている可能性があります。

頭皮がくさいという人は同時に頭がかゆいという人も多く見受けられます。なぜなら皮脂などの汚れが毛穴に溜まって乾燥すると頭皮がかゆくなるのです。それを放っておくと、今度は皮脂が酸化・発酵して臭いを発するようになるからです。

頭皮がくさいと感じた時は、毎日のシャンプーを心がけ、頭皮の汚れを残さぬように清潔に保つことが何よりも大切なのです。

しかし、毎日シャンプーをしているのに頭がくさいという人もいますね。これは正しいシャンプーのできていない可能性があります。

頭皮は身体の中で最も皮脂が溜まりやすい場所なので、しっかりと汚れを洗い流すことが大切なのですが、シャンプーやリンスを充分に洗い流せずにいると、それが原因で雑菌が繁殖し、かゆみや臭いの原因となってしまうのです。

また、髪を濡れたままにしている場合も、毛穴に汚れがつまってしまい、やはり雑菌の繁殖の場となって、かゆみや臭いを発するようになります。

正しいシャンプーの方法は、まずはぬるま湯である程度の汚れを洗い流しておいてから、シャンプーをすること。これなら少ないシャンプーでも十分泡立つので、すすぎも楽に行えます。また、入浴後はドライヤーでしっかりと髪を乾かすように心がけましょう。

なかには湿疹などの皮膚炎から、かゆみや臭いを発する場合もありますので、頭皮がヒリヒリと痛みを感じるときは早めに医師に相談することをおすすめします。

アルガンK2シャンプー男性用公式サイト


アルガンK2シャンプー女性用公式サイト


 

頭皮のくさい人にはアミノ酸系シャンプーがおすすめ!
2016.04.24 [Sun] 19:39

頭皮のくさい人はアミノ酸系シャンプーでしっかりと頭皮の汚れ落とすことが必要です。

シャンプーには大きく分けて石油系、石鹸系、アミノ酸系と3つのタイプの成分があります。なかでもアミノ酸系シャンプーには頭皮ケアには最適なシャンプーです。

そもそも皮脂は頭皮の表面を覆って保護する役目がありますので、汚れと一緒にすべて洗い流してしまうのは良くありません。頭皮の汚れだけを落として、適度な皮脂を保つ必要があるのです。

とくに頭皮の臭いの原因は、酸化したギトギトの皮脂ですので、酸化しづらいサラサラのオイルを含んだアミノ酸系シャンプーを選ぶことがポイントです。

このサラサラのオイルのことを不飽和脂肪酸といいます。ホホバオイルや馬油、椿油などが、この不飽和脂肪酸です。こうしたオイルを含んだスカルプケアシャンプーもたくさん発売されてるので、聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?

そして、その不飽和脂肪酸で最近もっとも注目を浴びているオイルがあります。それがアルガンオイルです。

世界最大のオーガニックフェア「Biofach」で最優秀商品賞を受賞した希少なオイルで、頭皮の環境を良くするビタミンEが豊富に含まれているのが特徴です。

そのアルガンオイルを配合しているシャンプーが「アルガンK2シャンプー」!

実際にアルガンK2シャンプーを体験した方の口コミをご紹介します。

「頭をかくとフケが落ちてきて困っていました。しかも頭がくさい。頭皮を指でごしごしして臭いをかぐとヒドイ…。髪の事はトラ ブルしか無くて前向きに考えることが出来ませんでした。でもアルガンK2のサイトが目に入ってフケは当然ですが、くさい臭いも 無くなるかもと思って買ってみました。最初の頃は今までのシャンプーと変わらないなと思っていましたが使っていくうちにフケ や臭いが抑えられたように感じます。マジで良かったー!」

「髪を切りに行ったら以前よりかなり時間が短くなったのが少し寂しくてシャンプーを変えてみました。以前より髪にボリュームが 出てきたように感じ、まだまだこれからだなと思えるようになりました。」

さあ、次はあなたの番ですよ!アルガンK2シャンプーの凄さをぜひ体験して下さい。
 

今ならアルガンK2シャンプーはリスクゼロでお試しできます!
2016.04.24 [Sun] 19:27



アルガンK2シャンプーは購入から30日間であれば商品代金の全額返金保証があります。
つまり、リスクゼロでお試しできるのです。

ただし、全額返金保証は単品で購入した場合のみ適用されます。
2本セットまたは3本セットで購入した場合は適用外となりますので、ご注意ください。

アルガンK2シャンプーは頭皮のくさい臭いにも効果的で頭皮にも優しい、
男女問わずにお使い頂けるアミノ酸系シャンプーです。

今までいろいろなシャンプーを試してみたけど、なかなか頭皮の悩みが改善されなかったという方は、ぜひ、アルガンK2シャンプーの公式サイトをチェックしてみて下さいね。