頭皮の脂や気になる臭いやかゆみ さらには、頭皮の湿疹、炎症、かさぶたやできもの・・・などなど。 皮膚科の専門医にみてもらうべきはみてもらい シャンプーやマッサージなど、自分でできることは 自分でしましょう。


毛根と頭皮の老化に
頭皮のエイジングケアで
見た目にぐ〜〜んと差をつける
【 植物力×先端技術 】のコラボレーション




髪の毛の健康に必要なものは、酸素と栄養素です。

その二つのうち、
酸素を吸収するため皮膚呼吸をしているのが頭皮です。

もしも、頭皮が汚れてしまい、必要な皮膚呼吸ができなくなると、
毛母細胞への酸素の供給不足が避けられなくなります。

そして、必要な酸素を得ることができない毛母細胞は活力を失い、
髪の毛に栄養が行き渡らなくなります。

その結果、正常なヘアサイクルを維持することが
とても困難になります。

脱毛症の原因のひとつに、頭皮の汚れがあげられる理由がここにあります。

頭皮を清潔に保ち、ケアを行うことは
髪の毛の健康にとって、とても大事なことです。

毎日の一手間が、大きな差になって現れます。
がんばってください。


頭皮マッサージの方法 
髪の健康を守るために行うヘアケアの基本テーマは、「頭皮の血流を良くする」ことです。 

なぜなら、髪に栄養を運んでいるのは血液です。そして血流が悪くなると当然髪にも栄養が行き渡らなくなり、抜け毛だけでなく、枝毛や切れ毛の原因にもなってしまいます。

頭皮の血流を良くする一番の方法は「マッサージ」です。マッサージは、とても手軽に行うことができますが、その効果は抜群です。是非、行ってください。

 
 続きを読む…  
 / 頭皮ケアの基本 / この記事のURL
育毛関連のニュースを2つ 
ひとつは、
スカルプDシャンプーでおなじみの日本のアンファー(株)が
F1のザウバーのスポンサーになったこと。

もちろん「スカルプD」のロゴが
F1マシンのリアウイング、チームトラック、ガレージ設備に
掲載されるとのこと。


もうひとつは、
海外から育毛剤などを個人輸入する場合、
代理店を使いトラブルが急増とのこと。

今さらの話題ではありますが
多いんだろうなぁ〜〜。

 
   
 / 育毛関連ニュース / この記事のURL
よくある髪のトラブル 
脱毛のほかにも髪のトラブルはいろいろとあります。ここで一回それらを整理してみましょう。

■フケ

フケとは、頭皮が一定のサイクルで再生した時に剥がれおちる古い頭皮の細胞のことです。ちょうど、髪の毛がヘアサイクルを終えて抜け落ちるのに似ています。
フケは、頭皮に炎症などがあると大きくなるといわれています。この状態になると、毛穴を詰まらせる原因となりますので注意が必要です。

 
 続きを読む…  
 / 頭皮ケアの基本 / この記事のURL
頭皮の老化を防ぐには・・・ 
髪の毛の健康を維持し、正常な発毛サイクルを保つには、頭皮の状態の健康がかかせません。頭皮が老化していると、健康な髪の毛が生えて、育つなんて、考えられません。

こんなデータがあるのをご存知ですか?

発毛率が80%というある発毛剤の場合なのですが、実は産毛も含んだデータで、その発毛した髪の毛が太く健康に育つ割合は、その又8分の1程度しかないそうです。いくら発毛したと言っても産毛なんて生えても手当てを行う目的からしたら何の役にもたたないですよね。

髪の毛を育てること、それには健康な頭皮がかかせません。頭皮や髪の毛の毛穴が老化した状態だと、せっかく発毛しても健康な髪の毛には成長できないのです。頭皮の老化を改善することは、発毛の手当ての大前提なのです。

 
 続きを読む…  
 / 頭皮ケアの基本 / この記事のURL
育毛剤の分類と種類 
育毛剤には様々なタイプのモノがありますが、頭皮に直接つけるタイプのモノが主流になっています。ここで、一度整理してみたいと思っています。

頭皮につけるタイプの育毛剤にも、医薬品と医薬部外品に分けられます。

医薬品としての育毛剤には、代表的な商品として「リアップ」があります。この「リアップ」は医薬品と言っても一般医薬品に部類し医師の処方箋など無くても薬局などで個人が自由に購入できます。又、医薬部外品は医薬品より含まれる成分が穏やかで、その分作用も穏やかになります。

育毛剤として販売されている多くはこの医薬部外品に部類します。

 
 続きを読む…  
 / 頭皮ケアの基本 / この記事のURL
育毛用シャンプーについて 
きちんとした頭皮のケアをしよう!育毛をしよう!と思ったときに使用するシャンプーは、やはり育毛用のシャンプーが良いと思います。

というのは、通常のシャンプーは、育毛という観点から見たときに、いろいろと気になる話しがあるからです。

たとえば、最近女性でも薄毛に悩んでいる方が増えました。あるいは男性でも薄毛の低年齢化が言われています。実はこれらの現象とシャンプーの消費量の増加は比例関係にあるといわれているそうです。

育毛用のシャンプーは、通常のシャンプーよりたしかに高価ですが、上のことを考えると、育毛用シャンプーには価格を上回るメリットがありそうです。

 
 続きを読む…  
 / 頭皮ケアの基本 / この記事のURL
P R
 
 
 Powered by yaplog!