子供と女性の薄毛 

January 23 [Wed], 2013, 11:37
近頃子供の女性の薄毛、抜け毛、円形脱毛症が増えてきました。
昔なら20〜30代の方に多くみられたのですが、アレルギー性アトピーや皮膚炎さらには喘息を併発してしまう子供に多くみられるようです。
原因としてはアレルギーや遺伝、自律神経の異常などもあるのですがストレスが一番の原因とされています。
治療法としては、食事、生活環境の改善の他、育毛剤などで対処します。
薬の治療として、ステロイドの塗布が良く行われているようですが、ステロイド外用薬は、十分な効果が得られないようで、あまり勧められない、という声も結構あるようです。
「局所免疫療法」という療法があり、現在一番有効で安全な治療法といわれています。
ただ、湿疹、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎の悪化などの副作用が現れることもあるようです。
PYVA療法という、脱毛部分に紫外線を照射する光化学療法もあります。
この他、ストレスによる要因が大きいと見られる場合、精神面でのカウンセリングも病院治療の大きな目的となってきます。
症状が軽い場合、自分で出来る治療法もいくつかあります。
まず、日頃の食生活を見直し、体質を改善することが第一です。
それには、野菜を多く摂ることが大事です。
また、タンパク質は、動物性タンパク質より植物性タンパク質を摂るように心掛けることです。
豆腐や納豆などの大豆食品や海草から摂ることが望ましいでしょう。
また、肉は魚か鶏のササミから摂るの良いでしょう。
 大人は社会や家庭のストレスで女性の薄毛、抜け毛、円形脱毛症になり、その影で子供たちも家庭や学校関係でのストレスを感じています。
いつの時代から子供たちはどんどんストレスに押しつぶされている中で生活しているのでしょうか?家庭でも学校でももっと子供の話を聞いてあげリラックスした環境を作っていくべきです。

http://www.melodyforyou.com/

光脱毛の特徴 効果と副反応 

January 07 [Wed], 2009, 12:15
光脱毛は肌に優しい脱毛法で、美白効果もあり、肌のキメも細かくなります、とのことですが実際に気になるお肌の調子ですが、光脱毛をやって肌が荒れたという話は今のところ聞かないです。両ワキなら約5分〜10分と短時間で施術でき、両ヒザ下でも40分ほどで施術が可能です。

光脱毛は、一瞬の照射の間にON/OFFを繰り返しますので、皮膚表面の温度は上がらずヤケドなどの心配もない光のエネルギーを利用した脱毛法になります。
また、1回の照射で、幅広い波長の光を当てるため、瞬時に100本前後の無駄毛をも脱毛してくれる、大変スピーディーな脱毛法として、サロンでは人気がでてきています。
光脱毛は発毛してくる周期である1〜2ヶ月後に2度目の施術に行く人が多いようです。レーザー脱毛が単一波長の光であるのに対して、光脱毛とは、色々な波長を含む普通の光にフィルターをかけ、黒に反応する波長だけを取り出して照射するという脱毛方法です。

光脱毛はほとんど痛みは感じないので、Vラインなどのデリケート部分の脱毛には最適でお勧めです。
逆に、特にかみそりで自己処理を行っていた人からは、肌がツルツルになったと喜びの声が聞かれます。

光脱毛は肌に優しい脱毛法で、美白効果もあり、肌のキメも細かくなります、ただ、光脱毛によるムダ毛の処理は、日本で施術されるようになってからまだ日が浅いので、永久的な脱毛効果が続くかは、判断できませんが、しかし、私自身のムダ毛は明らかに目立たなくなり産毛のようになってきていますので、効果があることは間違いないですね。

光脱毛の特徴と効果光脱毛の特徴は、各個人それぞれの毛質・肌質・肌色・日焼けの度合いなどに合わせ、パワーやパルス幅を設定しながら施術をしてもらえるので、肌を傷めずレーザーよりも痛みが少ないのが特徴で人気があるのです。無駄毛の自己処理をしているほうが、肌トラブルは多いみたいです。
でも、ほとんどの人はアフターケア用の化粧水で、数日で治るようです。

IPL(インテンスパルスライト)を直訳すると強烈な瞬間的な光ということです。
レーザーは同一波長、同一位相の直進性が強い光線であるのに比べ、光脱毛(IPL)は、複数波長を持つ混合光であり、拡散光なのでレーザーよりも安全性が高いと言えます。

医療レーザー機によるムダ毛処理と似ていますが、医療レーザー機と比べると価格が安くて痛みが弱いのが特徴です。
主なものは、光脱毛のほかにさきほどあげたIPL脱毛・フラッシュ脱毛・プラズマ脱毛となっているようです。
光脱毛の呼び方としては、サロンや医療機関によっても違うようで、IPL( インテンスパルスライト )脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛、などと呼ばれているものも全て、光脱毛のことです。また肌が赤くなる人も多いようです。

なぜ光脱毛の呼び方が違うのかというと、エステサロンやレーザー機器の会社が「光」に独自にネーミングしている場合が多いため、いろいろな呼び方がされています。
1〜2ヶ月に1度のペースで光を照射し、効果が実感できるのは、3回〜5回目くらいからで個人差はありますが約1年から1年半位で完了します。

光脱毛の副反応光脱毛の副反応として施術直後は、皮膚の感覚が熱くなったり冷たくなったりと違和感を感じる人もいるようです。
光脱毛というのは最近人気の脱毛方法で、エステサロン以外に医療機関でもムダ毛の治療に使われ、その安全性が認められている比較的新しい脱毛方法です。光脱毛とは、最近人気がある脱毛法で光をムダ毛に照射し、毛根を破壊するというものです。

また、ムダ毛の治療は、照射面積が広いため短時間で広範囲の無駄毛処理が出来ます。

Vラインの脱毛・ムダ毛処理のオススメ方法 

January 07 [Wed], 2009, 12:14
Vラインのムダ毛の処理は、色々方法は有りますが、永久脱毛などでプロに任せるのが一番かもしれません。毛抜きやカミソリで処理しても陰毛はいくらでも発毛しますので、レーザー脱毛や光脱毛でVラインの脱毛・ムダ毛処理をしてみてはいかがでしょうか?またVラインの脱毛を相談するのは恥ずかしいと思う方もいると思いますが、最近では陰毛の脱毛をする方が多くなっているようで、あまり恥ずかしいと思わないで下さい。

Vラインのムダ毛。Vラインの脱毛・ムダ毛処理で永久脱毛をすると、半永久的にお手入れをしなくても済むのがいいですよね。

やり方としては、まず、脱毛したい範囲を決め、そこにレーザーを当てるというものです。そうすると、Vラインのムダ毛を処理ことができます。

女性なら気になりますよね?色々な処理方法が有りますが、Vラインのムダ毛の処理では、どのような処理が一番肌にも負担を掛けなくて済むのか気になりますよね?一番ベストな方法はやはり、医療機関によるレーザー脱毛・光脱毛でしょう。レーザー脱毛や光脱毛は、昔に比べると料金も下がってきていますので、試しにやってみる人も多くなっています。

Vライン脱毛・ムダ毛処理の方法 

January 07 [Wed], 2009, 12:13
陰毛というのは縮れていて性器の上の部分に密集して発毛しているものですが、その濃さや形、範囲は人それぞれです。その名の通り「Vライン」の脱毛です。「Vラインって、どこ?」と言うと、いわゆるショーツやビキニのラインに合わせたVの字型の部分の陰毛のことです。

いわゆるショーツやビキニのラインに合わせたVの字型の部分の陰毛のことです。女性にとっては、Vラインの脱毛・ムダ毛処理と聞くと、面倒でストレスに感じる人も多いと思います。Vラインの脱毛・ムダ毛処理というと、一昔前までは、芸能人やレースクイーンなどの職業の人しか行っていませんでしたが、最近では一般の女性でもVラインの脱毛・ムダ毛処理をする人が多くなってきました。

範囲が広い形の方や濃い方は水着を着る機会の多い夏には大変な思いをしていることでしょう。Vライン脱毛というのは、その名通り「Vライン」の脱毛です。

「Vラインって、どの部分?」と思う方も多いと思います。と思う方多いと思います。

Vラインの脱毛・ムダ毛処理を行う方法は幾つか有ります。Vラインに合わせて陰毛を毛抜きで抜いたりカミソリで剃ってみたり・・・自分でも処理はできますが、傷を付けてしまうことを考えてみるとデリケートな部分ですのでVラインの脱毛処理をするのはプロに任せたほうが良いかと思います。「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2つです。

【自分でVライン脱毛・ムダ毛処理を行う際の注意点】自分でVラインの脱毛・ムダ毛処理をする場合、注意点が有ります。カミソリで剃っても、またすぐに生えてきてしまいます。しかも毛根が皮膚の下に埋もれてしまったりもします。

肌の弱い人はブツブツになってしまう人もいます。毛抜き等で無理に抜いてしまうと、強い痛みを伴います。

自分で毛抜きやカミソリでの剃毛、器具を使用した脱毛の他、エステサロンでの脱毛と医療機関での脱毛があります。しかし、陰毛に限らずレーザー脱毛、光脱毛というのは医療行為ですので、エステなどで行われているレーザー脱毛や光脱毛というのは違法行為である?という話もありますので、医療機関で脱毛する方が間違いは無いと思います。

光脱毛のメリット 

January 07 [Wed], 2009, 12:11
光脱毛以外には以下のような脱毛法がありますが、光脱毛はこれらの方法に比較してワックス脱毛を除く中で最も痛みが少ないといわれています。
つまり、光脱毛の大きなメリットは痛みが少ないということです。そうはいっても個人差はありますので、参考程度にされるといいでしょう。

1.ワックス脱毛・・・・・痛みは最も少ない
2.光脱毛・・・・・・・・痛みは次に少ない
3.レーザー脱毛・・・・・痛みは輪ゴムで弾いた程度
4.ハリ脱毛・・・・・・・最も痛い

光脱毛の次なるメリットは、色々な波長の光を使う光脱毛は例えばレーザー脱毛では困難といわれる軟毛やウブ毛にも効果が高いといわれる点です。そして、光脱毛は一度の照射で広範囲の脱毛が可能だということです。

光脱毛のそれ以外のメリットは脱毛以外に美白効果およびキメの細かい肌にする美肌効果があるという点です。これも同じように個人差がありますので、充分調べてから相談されるといいでしょうね。

エステによっては両ワキで約10分程度 両ヒザ下でも60分程度で施術が可能としているところもあるようです。ただし、これには個人差もあるようなので過剰な期待は慎むべきでしょうね。

光脱毛の安全性はどうなのでしょうか?光脱毛で使われる光はレーザーとは異なり、紫外線、可視光線、赤外線などの様々な波長の集合体である自然光となっています。この数字は実は効率のいい数字ではないとのことです。つまり、その意味するところは皮膚から近からず遠からずの距離で光を照射しなければ、適正な効果が得られないということです。

一般的に国内の多くのサロンで使われている光脱毛機のカットフィルタは550〜690となっているようです。以上のことを考慮に入れてあちこちのサロンを情報収集しながら、安全と効果の両方を満足するサロンを選択されることが大事ですね。

具体的には光の照射が皮膚に近すぎるとヤケドするし、逆に皮膚から遠すぎると脱毛の効果が得られないということです。そしてこれらの光の中から光脱毛に必要な波長の光のみを抽出して脱毛に利用するというのが光脱毛の原理です。

。これらの問題点を解決すべく最近の光脱毛機はベテランが行っても新人が行っても適正距離が保てるような工夫が施されて適正かつ安全な施術が可能となったようです。


光脱毛で美しくなるために 

January 07 [Wed], 2009, 12:10
光脱毛とは光をムダ毛に照射することにより毛根および毛包を焼くことで脱毛する脱毛技術のことです。しかし、光脱毛を受ける個々人の状況によって、どうしても個人差がでてきますので光脱毛の施術前にクリニックあるいはサロンで相談を受けることが大事です。この光脱毛は医療用レーザーによる脱毛と似通っています。

光脱毛に要する時間は目安としては1〜2ヶ月当たり4〜6回程度です。もちろん、ただ単に光といっても、当然のことながら脱毛効果のある光を使います。そしてそれをフィルターを通すことにより、脱毛効果のある波長の光のみを抽出して照射するしくみとなっています。

一般的な光脱毛に使われている光は様々な波長が強力な白色ランプから放射されます。その点を理解した上で、どの施設で受けるかはあなた自身が選択してください。従っていわゆるエステサロンでは医療行為にならない範囲まで光出力の大きさを下げているため医療機関で受けるよりも脱毛効果は低くなります。

光脱毛はエステサロンや医療機関で受けることができますが、光脱毛機の出力の大きさによって医療行為なのか美容行為なのかが分かれます。さらに光脱毛による脱毛の方が医療用レーザー脱毛よりも費用が安い上に痛みも少ないのです。しかし、光脱毛で使われる光は医療用レーザー脱毛に比較して光がいわゆるピンポイントで確実に到達するため、脱毛効果が高いといわれているのです。

脱毛は医療レーザー脱毛 

January 07 [Wed], 2009, 12:09
永久脱毛する方法の一つに医療レーザー脱毛があります。医療レーザー脱毛の特徴は皮膚へのダメージが少なく、アトピーや皮フの弱い方でも施術可能なことです。医療レーザーを利用すときは全て医療行為とみなされ、エステティックサロンでは利用できません。

男性側から見ると無駄毛の処理を怠っていることは、特に付き合い始めたときとのギャップが大きく幻滅してしまうことが多いようです。更に永久脱毛するとどんな服でも着こなすことができます。しかし、脱毛するには多くの方が、カミソリで剃ったり、毛抜きや脱毛機で抜いたりしていますが、手間が面倒だったり肌荒れの原因となっていいるようです。

永久脱毛すればそんな悩みも解決します。しかし、付き合う時間が長くなるとどうしてもメイクやファッションなど時間を掛けなくなりますよね。また、医療レーザー脱毛で永久脱毛を行うと毛穴がふさがり、、美肌・美白効果があるといわれています。

新しい恋を探している時、理想の彼を探している時は、メイクもヘアのボディのお手入れもファッションも完璧にキメていきますよね。医療レーザーは、外科手術やシミ・シワ等の治療に利用されています。

P R