豆乳ダイエットの方法について

February 13 [Fri], 2009, 20:13


 効果的に豆乳ダイエットを行うにはどうすればいいでしょう。

 ダイエットのために豆乳を飲む場合、毎日好きな形に作り替えることができることが大きな強みです。

 ジュースとのブレンドや、豆乳バナナにもできます。

 レモン汁を振りかけて黒くならないようにしたバナナと豆乳でジュースを作って飲めば、豆乳バナナダイエットになります。

 好みで味付けをする方法もあります。

 また、豆乳バナナダイエットでは、毎日飲む豆乳バナナにバリエーションをつけるためにココアやきなこすりごまを加える方法もあります。

 ほうれん草やキャベツ、ニンジンを加えて健康効果をアップさせてもいいでしょう。

 どれも栄養価が高く美肌効果がある物ばかりです。

 パイナップル豆乳やキウイ豆乳によるダイエット方法もあります。

 キウイやパインはバナナの代わりに活用できますが、バナナと異なる点は、作ってから飲むまで30分ほど放置することです。

 30分ほどの時間をおくのは、豆乳に含まれているたんぱく質をペプチドに分解するためです。

キウイやパインにはたんぱく分解酵素という物質が含まれているので、ダイエットの際はこれを活用する方法がいいとされているのです。

 豆乳ダイエットでは、ホットドリンクを活用する方法もあります。

 暖かい豆乳で体を温めながら脂肪燃焼力をアップさせるには、紅茶に豆乳とすり下ろし生姜を入れて飲む方法がいいでしょう。

 ダイエットに効果的です。

 カフェラテの代わりにソイラテにするなど、今まで牛乳を使っていたものを豆乳に切り替える方法もいいでしょう。

 ソイラテは、カフェラテよりもさらっとした味わいで、コーヒーの味が際だつダイエット向きの飲み方です。

 これだけアレンジが出来る豆乳ダイエットなら誰でも簡単にダイエットを続けられるでしょう。

豆乳のダイエット効果とは

February 12 [Thu], 2009, 19:57

 
 効果的なダイエットに豆乳は役立つのでしょうか。

 効果的なダイエットに豆乳がいいとされているのは、大豆を利用した豆乳以外の食品と比べ、液体で体内に取り込みやすいことがあげられます。

 畑のお肉とよばれ栄養豊富な大豆ですが、そのままでは効果的に吸収はされません。

 大豆や大豆製品に含まれている栄養素にはダイエットに効果的なものが多く含まれていますが、その中でも豆乳は特に優れています。

 起床後、朝ご飯を食べる前に豆乳を飲む習慣をつけると、ダイエット効果のある成分を吸収できでダイエットの助けになります。

 豆乳はボリュームがありますので、食事量の抑制効果もあります。

 効果的なダイエットをしたいならば、コンビニ等で簡単に手に入る豆乳を活用するのは理に叶っています。

 健康な体づくりのためにも豆乳や牛乳は役に立ちます。

 どちらを飲むかは自分の栄養状態を考慮に入れて決めましょう。

 牛乳は豆乳よりも豊富にカルシウムを含んでおり、体内への摂取効率もいいことから、カルシウムの補充を行いたいという人は豆乳ではなく牛乳を飲むなどの工夫が効果があります。

 体内の脂肪分やコレステロールの対策をしたい人や鉄分摂取を優先したいという人は豆乳にしましょう。

 両者とも栄養飲料としてとても優れていますから、最終的にどちらがいいかは現状の栄養素などを含めて決めるといいでしょう。

 ダイエットを効果的にすすめるにはもちろん豆乳です。

夏は冷たく、冬は温めて飲むことができる豆乳ダイエットを始めてみませんか。

豆乳ダイエットと栄養素

February 11 [Wed], 2009, 12:31


 豆乳ダイエットで摂取可能な栄養素は何でしょう。

 大豆を茹でてすりつぶし、絞り出した乳状の液体が豆乳です。

 畑のお肉とも呼称される大豆は、低カロリー食品でありながら体にいい栄養がたくさん詰まっている天然の健康食品であり、これが豆乳の原料です。

 豆乳は大豆とほとんど変わらない栄養素を含んでいるのでダイエットの強い味方なのです。

 豆乳の中の主な栄養素は、代謝を高めて肥満を防止するダイエットには欠かせない大豆タンパクと、その効果を更に高める大豆イソフラボンです。

 大豆サポニン大豆ペプチド、あるいはレシチンという成分が大豆には豊富に存在します。

 体内に摂取した脂質や糖質の吸収は、大豆サボニンによって抑制されます。

 大豆ペプチドは吸収してしまった脂肪の燃焼を促し、血清コレステロールを低下させてくれる成分です。

 善玉コレステロールを増やす作用を持つ成分がレシチンで、レシチンは大豆の脂質に含まれます。

 女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ており、体内で同じ作用をするのが大豆イソフラボンです。

 大豆イソフラボンは大豆タンパクと同様にコレステロールの抑制効果があり、ダイエットの効率アップに役立ちます。

 また、ダイエット中のホルモンバランスを整えます。

 イソフラボンは大豆だけに含有される物質ではなく様々な植物に存在していますが、イソフラボンといえば大豆の代名詞となるほど大豆にはふんだんに入っています。

豆腐ダイエットの実践方法

February 10 [Tue], 2009, 19:19
 豆腐でダイエットをする場合、どのように豆腐を使うかは幾つかの方法があります。

 よく使われる方法としては二種類あります。

 夕ご飯を豆腐半丁にする、という方法が豆腐ダイエットのやり方の1つです。

 この方法の場合、朝ご飯と昼ご飯は特に制限はありません。

 夕ご飯の際にご飯や麺類などの炭水化物を抑制することを心がけましょう。

 豆腐は絹でも木綿でも、どちらを使ってもいいでしょう。

 三度三度の食事全ての炭水化物を完全に豆腐にチェンジするという、徹底した豆腐ダイエットもあります。

 どちらの方法も、日常の食事から摂取するカロリーの量を減らすことでのダイエットを目指していますが、前者の方が方法としては実行しやすいものでしょう。

 極端な豆腐ダイエットをする人には、肉や魚を完全に断って豆腐と野菜のみの食生活を送ったり、豆腐以外の食事を一切食べないという方法をする人もいるようです。

 しかし、これは体への負担も大きく、実際的ではありません。
 
 着実なダイエットを達成したいなら、結果を急がずに根気よくダイエットに取り組みましょう。

 無理をしてはいけません。

 また、豆腐ダイエットの難しいところは、すぐに味に飽きやすいという点です。

 豆腐の味が嫌いになってしまっては継続が到底困難ですので、食べ方を研究してみてください。

 また、豆腐ダイエット中には、貧血を起こしやすくなるようなので、鉄分を気がけて摂取することも、成功の秘訣のようです。

 健康にもスリムアップにも効果的な豆腐ダイエットを成功させて、体脂肪を減らし体質改善を目指しましょう。

 ダイエットに豆腐
を用いる方法は、今の人たちにとって最善といえるかもしれません。

豆腐ダイエットは体にやさしいダイエット

February 09 [Mon], 2009, 20:22
 体への負荷を減らし健康的に痩せるという点で、豆腐ダイエットはとても人気があります。

 体重を減らすと同時に病気になりにくい体を作ってくれるという、豆腐を摂取する豆腐ダイエットはとても優れた方法といえます。

 このことは、近年の研究から、科学的にも明らかになってきている。

 豆腐は肥満防止効果だけでなく、例えば、ガンや心臓病、高血圧、動脈硬化といった深刻な病気を軽減し回復を助ける食材とされています。

 他の病気を併発する可能性のある生活習慣病や、日本人の死因として多いものが挙げられており、これらの病気を予防できるのならば、現代の日本人にとって豆腐は欠かせないものといえます。

 健康維持を目指す人、シェイプアップをしたい人、性別や年齢を問わず、現代では数多くの人がダイエットに取り組んでいます。

 しかし、実に多様なダイエット方法のなかでも、単に体重や脂肪を減らすダイエットのみならず、寿命を延ばしてくれるようなダイエットは、多くはないはずだ。

 そして、体内への吸収効率がいい食材だという点も、豆腐の大きな利点です。

 大豆を豆腐に加工することによって、消化率のよくない大豆を吸収しやすくできます。

 豆腐は大豆の組織をまず壊し、タンパク質と脂肪を一度遊離させ、そして消化に悪い繊維質だけをおからにし、もう1度固めて出来上がります。

 実際、90%以上もの豆腐の成分が体内に摂取されるともいい、豆腐は成分の大半が体に有益に作用しています。

 消化が弱い人やお年寄りでも無理なくできるのが、豆腐ダイエットの魅力といえるでしょう。

 豆腐ダイエットの本ならこちらで
牛乳豆腐ダイエット―カルシウムでやせる!

豆腐ダイエットの人気の理由

February 08 [Sun], 2009, 11:07
  

 今や、ダイエットは社会全体に影響を与えるほど大きな流れを作っています。

 ダイエット方法の数、それを実行する人の数は増加の一途を辿っています。

 朝バナナダイエットなどはその代表格であり、一時代を席捲しました。

 テレビ等マスコミの報道や口コミによって大流行し、全国の食料品店からバナナが消えるというニュースが世間を騒がせました。

 豆腐ダイエットは、数多くのダイエットが現れは消えていく中、常に人気のあるダイエット方法です。

 この豆腐ダイエットは、誰でも気軽に始められ、なおかつ低コストです。

 豆腐は体にいい食材であることから健康にいいダイエットという印象も強く、多くの人がダイエットに活用しています。

 豆腐はカロリーが低い食材でありながら様々な栄養がバランスよく含まれており、たんぱく質ビタミンの摂取に適しています。

 さらに豆腐を食べれば、ダイエットにおいて軽視されがちな適度な脂質、女性に良いとされるイソフラボンを得ることができます。

 また、悪玉コレステロールをやっつけてくれる大豆サボニンを摂取することができます。

 ダイエット効果とともに、高い健康効果も期待できます。

 多忙な日常に追われている社会人や育児や家事で忙しい主婦でも、ダイエットに予算が割けない人でも手軽に実行できます。
 
 長期間に渡って多くの人に支持されている要因はここにあるのではないでしょうか。
P R
http://yaplog.jp/toufu-tounyuu/index1_0.rdf