出演情報(2014.05.17更新)

August 09 [Sat], 2014, 23:55
PROFILE



1973年2月10日生まれ

出身:福岡県



REDЯUM〜HUMAN TAIL,THE JUNEJULYAUGUST



参加作品:SUGIZO,SOFT BALLET,about tess etc・・・



阿波踊り「東京新のんき連」所属:大太鼓リーダー



その他サポート&不定期ユニット→

鉄鍛冶(w/nil・高野哲)

CARP(w/THE BACK HORN・岡峰光舟)

あきゆきばんど(FISHMANS COVER BAND)

ARCB (ARB COVER BAND)

シズヲバンド

PLASTICZOOMS







KAZIのman‐to‐manドラムレッスン!







初心者〜中級者向けのドラムレッスン。



趣味、ストレス発散、興味本位etcから真面目に巧くなりたい人などとにかくドラムに触れて音を出したい人にマンツーマンで教えます。



日程はお互いのスケジュールを調整して都内スタジオで行います。



レッスン料など詳細はまずメールにてお問い合わせください→kazikohkoh@yahoo.co.jp















THE JUNEJULYAUGUST






5/22(thu)@下北沢CLUB 251

『One Chord Wonder』



open18:30 / start19:00 

adv\2,500 / door\3,000 (共に+1D)



LIVE : The Everything Breaks / THE JUNEJULYAUGUST / alcana



【TICKET】CLUB 251 03-5481-4141 LAWSON L : 76149 e+ 各バンド予約

info CLUB 251 03-5481-4141

*251店頭、プレイガイドのチケット販売は4/5からになります

 入場順はバンド予約 → 251店頭 → プレイガイドの順になります











HUMAN TAIL









2014.6.22(日)@高円寺HIGH

HUMAN TAIL 1st album「人間の尻尾」完成記念披露イベント





TICKET:前売り、当日共に1500円(D別)

プレイガイド発売なし。

バンド予約、HIGH店頭販売、当日券のみ。





※アルバムお買い上げの方には歌詞カードプレゼント!





出演者:

HUMAN TAIL

dario

Bo!Rock→1





タイムテーブル



15:00 open

15:30 start

15:30-16:10 Bo!Rock→1

16:10-16:20 転換

16:20-17:00 dario

17:00-17:10 転換

17:10-18:00 HUMAN TAIL





18:15 乾杯











単独出演&サポートライブ情報







◆PLASTICZOOMS(サポート)◆











THE JUNEJULYAUGUSTレコーディング日記〜四日目〜

July 25 [Fri], 2014, 23:59



基本的に睡眠時間が少ない俺だけどレコーディング中は更に少なくなる。
一日中音楽漬けで帰宅してその日に録音した曲たちを聴きながら酒を呑みあれこれ考えているといつの間にか寝てしまいまた結局早朝に目覚めてしまう。
メンバーに聞いても同じく極端に睡眠時間は短い。
気持ちが高揚してるからだろうね。




4日目は録りの最終日。
外は灼熱。
でもスタジオに籠りっきりだから関係ないか。
昨日の激しい雷雨も停電がなければきっと気づかなかっただろう。


本日はダビング、コーラスや前夜チェックして気になった箇所の修正。


和やかに作業は進む。




たくさんアイディアを出し合って僕らは試して深い時間まで切磋琢磨する。




レコーディングで撤収する時はいつも淋しい。
あぁもう終わりかってね。


日付も変わる頃に全ての作業を終えせめて!少しの時間でも暖簾くぐろかー!って全員気持ちは一緒!






とりあえず乾杯!
美味い!
GABBA GABAA HEY!ですよ。


皆アルコールも入って言いたいこと言う、思ったこと言う。
俺なんていつもそぉ。
アルコール入らないと言いたいことも言えない野郎さ!


ドキッ!男だらけの打ち上げは
終始笑顔で楽しかった。


次行こう!
行かない?
帰る?
どぉする?
俺は行くけど?
あなたは帰るのね?




結局散り散りに別れて夜も明けそうな高円寺の街をARBを口ずさみながら千鳥足で歩く。




THE JUNEJULYAUGUST凄いアルバムができている。


こんなシンプルに叩いたことないよ。
気持ちだけ。
静かに魂こがして叩いた。
派手なことなんて一切してない。


俺にとっての音楽が
俺にとっての「今」のドラムが
今回の作品に詰まっている。






ってまだまだ作業は続きますが!







THE JUNEJULYAUGUSTレコーディング日記〜三日目〜

July 24 [Thu], 2014, 23:59

そうだ。
スタジオに向かう前に本日返却期限のDVDを返却しなきゃ。
ってチャリに飛び乗って返却BOXの前に着いたその時に気づいたのよ…
中身入ってないやん…
DVDプレイヤーに入れっぱなしってやつね…


無言の帰宅。






レコーディング三日目。
本日全てのリズム録りを終わらせる予定。
あと二曲。




緩やかに始まった作業。
とてもリラックスした状態で演奏できて順調に録音は終了。


これにてリズム録り終了!


今回はいつもと違うやり方での録音だったがどんなやり方でも自分のやるべきことをしっかりやれば何も問題はないのだ。






引き続き歌入れ。
いい感じに進んでいたがいきなりの停電。
外に出ると土砂降りの雷雨。
辺り一帯停電で暗い。


もしかしてデータが全て消滅してしまったんじゃないかと凍りつく一同…


数分後に電力が復旧して確認すると無事だった!
安堵。


その後の高野氏は体に稲妻が宿ったかのような声でOKテイクを連発。










3日間お疲れさまとスタジオの社長さんから麦酒の差し入れ。


皆が終わるまで我慢しますと最初はやんわりお断りしてたんだが「いやいや終わったんだから呑みなよー」とメンバー、マネージャーからのあたたかいお言葉に甘えまくってまだメンバーが作業している罪悪感に苛まれながら控えめに乾杯。


帰宅して先程録音した音源をチェックしながらまた一人薄暗い部屋で麦酒を呑む真夜中の至福の時間。


今日もお疲れさまでした。





THE JUNEJULYAUGUSTレコーディング日記〜二日目〜

July 23 [Wed], 2014, 23:55




THE JUNEJULYAUGUSTフルアルバムレコーディング二日目。




今日は何から録る?
あれから録りたいなぁ
あの部分さぁあんな感じで
OKちょっとやってみよかな


とかなんとか車中で打ち合わせしながらスタジオへ。






緩やかに始まった二日目のリズム録りはなかなか順調に進む。
二日目にしてすっかり愛着の湧いたコンパクトなドラムセットに頬ずりしたいような衝動を抑えつつOKテイクを重ねる私41歳。








何時までにあと何曲
飯食うまであと一曲
今日中にあと一曲


と自らに課す。


時間な無限に使えるのならば永遠に作業を続けていたいがそうもいかなかい。
できるだけ効率良く不快感のない道を選びながら叩き、チェックして、叩き、チェックして、皆さんの顔色を伺って、チェックして、を繰り返す。






音が一つ一つ重なり出来上がっていく世界。
何物にも代えがたい喜びを感じる時間をメンバー、エンジニアと共有している。








二日目も深夜に終了。


帰りの環八、心地よい疲労感に包まれながらてっちゃんと確かな手応えを言葉少なく語り合う静かな時間。




じゃまた明日。
と車を降りた。









THE JUNEJULYAUGUSTレコーディング日記〜初日〜

July 22 [Tue], 2014, 23:58



THE JUNEJULYAUGUST3rdフルアルバムレコーディング初日。


ちょうど梅雨明けした東京Cityは汗だらけ。


俺の妹分とはもはや呼べないくらいに成長しまくって今や姉貴分になりつつある予感も否めないうっちゃんこと内海絵里をドラムチューナーに迎えて午前中集合の都内某所。




うっちゃんの全面協力もあり今回は


スネア13インチ
タム10インチ
フロアタム13センチ
バスドラ16インチ


という非常にコンパクトなドラムセットが揃った。

しかし小さくて可愛らしい。






高校時代はピッコロスネアやロートタムとかスプラッシュシンバルとか口径の小さいものや胴の浅いものが好きだったから今回のこのセットは叩いてて非常に楽しい。


産みの苦しみ
空腹との闘い
冷静と情熱の間
脱法ハーブ→危険ドラッグ
報告連絡相談
諦めの境地


などなど紆余曲折を経て初日の作業は深夜に終了。


かなり素晴らしいアルバムなる予感しかしない。




THE JUNEJULYAUGUST




カオティックスピードキング。

July 21 [Mon], 2014, 23:59



凛として時雨ピエール中野「47都道府県ドラムを叩いてまわるツアー」ツアーファイナル@池袋手刀。


takuto (gt from about tess) ピエール中野 (ds from 凛として時雨) 井澤 惇(ba from LITE) にゲスト参加しました。
メンバー3人とも旧知の仲。
takuto氏に至っては出会って22年!


リハで軽く音出した時点で最高に刺激的なライブになる予感だった。






openすると満員のお客さん。
47都道府県をドラムを叩いて回ったピエールくんのDJでイベントはスタート。
最初からかなり盛り上がっていて最高だね。






そしてピエール中野ドラムソロからのカオティックスピードキング。
ピエールくんを後ろから観ながら叩けるのでテンポキープもしやすいし後方から煽りまくって叩いた。
最高に刺激的だった!
takuto氏と演奏できたのも
嬉しかったしLITE井澤くんのベース最高だった!


トリは玉筋クールJ太郎。
ツアーファイナルに玉筋とはさすがピエール!


放送禁止用語の危険なHIP HOPに腹を抱えて楽しませてもらいました!


呼んでくれたピエール中野氏に感謝!
47都道府県ツアーお疲れさまでした!
カオティックスピードキングありがとう!









2014年阿波踊りへの旅。〜連載40〜

July 20 [Sun], 2014, 23:56





高円寺中通り商店街での「プレ阿波踊り」に我々東京新のんき連が単独出演。
危ぶまれた天気も出演中はなんとか持ちこたえてくれて安堵。






五期生は流しデビュー、俺も鉦デビュー(正直しょっぱかった)、そして阿波踊りシーズンに突入の記念すべき一日になった。


中通りから北中通りを流し途中いくつかのスペースで三種類の演舞を。


狭い商店街にたくさんの人が溢れ阿波踊り関係者の方々もたくさんで喜びと緊張が入り混じった。






「にわか連」では一般参加50人の皆さんと再び中通りを往復。
そんなに楽しいならみんな東京新のんき連に入ってほしいなぁってくらい笑顔が溢れていました。




中通りとしては初めてのイベントでしかも東京新のんき連ワンマンということで光栄だったし今年もシーズン始まった喜びを堪能した。






終わるのを待ってくれてたかのように激しい雨が。
土砂降りの雷雨。


ずぶ濡れで帰宅。
着替えてすぐにスタジオへ。


THE JUNEJULYAUGUSTフルアルバムレコーディング直前の最終調整。
録音する前から素晴らしい作品になることを約束されたような楽曲たち。


今回のレコーディングは自分でも初めての試みや個人的に掲げたこともいくつかあるので楽しみだね。







夏本番!

July 20 [Sun], 2014, 7:11



スティックをバチに持ち替えて本日からいよいよ阿波踊りシーズン!


今年の俺の7.8月の俺は↓


7/20(土)高円寺中通り商店街(15:00〜)
7/26(土)神楽坂阿波踊り
7/27(日)都立家政阿波踊り
8/6(水)新宿阿波踊り
8/23(土・昼)おどれセシオン2014
8/23(土)第58回高円寺阿波踊り
8/24(日・昼)2014座高円寺阿波おどり
8/24(日)第58回高円寺阿波踊り
8/31(日)三鷹阿波踊り






8/23のセシオン杉並舞台は是非観に来てほしい!
この10分間の為に1年間積み重ねてきたと言っても過言ではない。


チケット残少!









PLASTICZOOMS@渋谷Glad。

July 18 [Fri], 2014, 23:33



PLASTICZOOMS@渋谷Glad終了!
最高に気持ち良かった!
サポートに就任して何度目のライブかわからんが確実に毎回バンド感が増して充実度がUPしている!




渋谷に着いたらまず喜楽。
麺もスープも相変わらず美味い。


リハも滞りなく終わりすぐに本番。
PLASTICZOOMSは先攻。


思いっきりやりきった!


実兄やタムちゃんや摩天楼様や旧知の仲間が来てくれたのも嬉しかったな!


お疲れさまでした!
観に来てくれた全ての皆さんに感謝。











誇りと埃。

July 17 [Thu], 2014, 23:57



久々(でもないか?)高円寺が誇る汚なシュラン「唐八景」にて皿うどんを。
やっぱり美味かった!






そして無造作に差し出されるサービスのバナナ。


皿うどんにソースをかけて食べてるとマスターが「お客さんあっち(九州)の人?長崎は皿うどんにソースかけるの普通やけど東京の人は「え?味ついてないの?」って言うんだけどさ、違うのよ!だからお客さんみたいにソースかけて食べる人みると安心するわ〜」ってしばらく話しながら皿うどんを美味しくいただきました。








18:00-20:00
20:00-22:00


前半の方は課題曲である某女性アーティストの曲も仕上げ段階。
ドラムを叩くのは楽しいという言葉を聞けて安堵。
後半の方は大胆にフォーム改造中。


外に出たら小雨。
雨宿りに暖簾をくぐりなさいって意味か?
いや、違うか。
早く帰りなさいって雨だね。



2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:KAZI
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1973年2月10日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ex.REDЯUMのドラム。

2009年10月
HUMAN TAIL結成


HUMAN TAIL

Vo.KUBO(ex.BLOODY IMITATION SOCIETY、ex.BAD FISH)
G.NOSUKE(from ANOYO)
B.SOTO(ex.REDЯUM)
Ds.KAZI(ex.REDЯUM)



ARCB
「ARB」のカバーバンド

・高野哲(Vo、from nil)
・田村章(G、from Reo Yokomizo&Neon Group)
・外浩司(B、REDЯUM)
・KAZI(Ds、from REDЯUM)

CARP
B×2+Dsの即興インストバンド

・KAZI(Ds)
・岡峰光舟(from THE BACK HORN)
・平林直己(from ex.THE BACK HORN)

あきゆきばんど
FISHMANSのカバーバンド。

・あきゆき(Vo、from DURGA)
・つよし(G、from REDЯUM)
・ゆうや(B、無限マイナス)
・かじ(Ds、from REDЯUM)

KAIBA
REDЯUMのエンジニアM・O・Gとのユニット。
1st ALBUM「night music」は完売(現在入手困難)

鉄鍛冶
nil・高野哲とのユニット。



★★★★REDЯUMは2009年4月25日@新宿LOFTをもって解散しました。
13年間応援ありがとうございました!!★★★★




LIVE情報


HUMAN TAIL

2010.10月3日(日)@新宿LOFT


HUMAN TAIL presents 「漂流者たちの夜 vol.2」@新宿LOFT

OPEN 18:00 / START 18:30
ADV ¥2500 / DOOR ¥3000

出演
dario
機械DOTEちん
マイナーリーグ
HUMAN TAIL

●Pコード:116-446 / Lコード:75159
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R