夏が来れば思い出す。

August 20 [Wed], 2014, 23:59

打ち上げから帰宅したのが夜中三時。
汗だくで起きた六時。


所用で新宿へ。
灼熱地獄。


山の手線で大塚に舞い降りる。
気になっていた大塚ラーメンへ。
開店前で六人待ち。




別に呑まなくてもいいのにまずは麦酒。
さっきまで呑んでたような感じだけどやっぱ美味い!


開店とともに満席。
そしてお目当てのチャーシュー麺並を。






美味い!
ちょっと濃いめの醤油ラーメン。
敷き詰められたチャーシュー。
寝不足で疲労困憊の俺41歳。


大満足。
また必ず来たい。


しかし暑い!
おっととっと夏だね!








今月号のドラムマガジンに先日のピエール中野君のドラムオーケストラの写真載ってます。

THE JUNEJULYAUGUSTレコーディング日記〜九日目〜

August 14 [Thu], 2014, 23:56





なんというか元来のんびりしてる部分もありまして。
昼から雨って予報でもまぁなんとか持ちこたえるでしょ?なんて根拠のない自信から手ぶらで外出。


次の場所へ移動しようと建物から出たらしっかり降ってる。
雨宿りしてる時間はない。
とりあえず近くのコンビニを目指す。


たった五分くらいでびしょ濡れ。
この時点で横着して傘を持って来なかった自分をかなり恨む。


で、店に唯一の傘はかなり小さなサイズでこれしかないと店員。
サイズを揃えてない店側に対する理不尽な怒り。


濡れたは濡れたが今更嘆いてもしょうがない。雨足は強いがとにかく次の場所を目指さないと。


と店を出ると。小雨というか霧雨に変わっとる!
また憤慨。


※まとめ※
予報を信じて傘を持ってこない自分が悪い。
ただそれだけの話でした!






そんなこんなでスタジオに着くとすでにミックスダウン作業中でいい感じの雰囲気。




こだわりにこだわり抜いたミックスダウンは五日間で終了。


飛び飛びの日程だったのでなんだか一ヶ月間くらいやってたような錯覚。




予定通りに作業を終え
予定通りに撤収
予定通りの道順で
予約の電話もぬかりなく
予想通りいつもの暖簾をくぐる
予想外に知り合いがチラホラの店内
予定通りの麦酒→ホッピーの流れ
予想的中の酩酊


あとはマスタリングを残すのみ。


予想を上回る傑作
予定通りにメランコリック、そして終わりのないなんとか。
予約をお忘れなく。





THE JUNEJULYAUGUSTレコーディング日記〜八日目〜

August 13 [Wed], 2014, 23:59



いつのまにか夏。
いつのまにか盆。
2014年も残り少ない。
私の余命あと何年?
そりゃ神のみぞ知るからわしゃ知らん。


汗だくで真夏の大掃除決行中。
引越しの度に連れて来る開かずのダンボールを開かてまた封をしたり。
寄り道ばかりで作業は難航。


腹が減っては何にもできん!って唐八景の暖簾をくぐり麦酒&皿うどんで現実逃避。


高円寺の街は阿波踊り関係者が本場徳島に大挙してるせいかなんだか静かな気がする。




そしてTHE JUNEJULYAUGUSTの最高傑作が早くも約束されたアルバムレコーディングが10日ぶりに再開された8日目。
ミックスダウン4日目ね。
ミックスにミックスを重ねミックスジュース状態。
かなりいいミックス具合。
三人、いや四人の男達の様々がミックスされて完成を震えて待たずにはいられない。




特に俺は何もしてません。
メンバーの感性を信頼してるから。
己の無力さを熟知してるから。
せめて訳知り顔で頷いたりしよう。


地獄耳ツートップの高野哲とM・O・Gが火花を散らし、はじめが持ち前の空気感で場を和ませ、エンジニアA氏がクールにプロの仕事を遂行し、俺は口をポカーンと開け空中のプランクトンを摂取する今回のレコーディング風景。


盆でガラガラな環七を高野氏と雑談しながら帰宅して激狭なベランダで西新宿辺りの摩天楼を眺めながら先ほどまでの音源を聴いてこれからの人生をぼんやり考えたりする私41歳。





酒と泪と男と男。

August 12 [Tue], 2014, 23:59

久しぶりにお互いスケジュール調整できたので俺のお兄さん的存在高橋浩司先輩と二人で居酒屋へ。
飲み放題にしたんだが(お酒を呑まない)先輩は意地でも元を取るとソフトドリンクを立て続けに注文。


ゲラゲラ笑ったり真面目な話したりあれこれいろんな語り合った。


いつも先輩と別れた後の帰り道に思うことは「あぁあの話するの忘れた!」とか「あ!あのエピソード聞きたかったんだ!」とかが多い。
毎回語り足りないんだろね。


それでもいつも「KAZIの思う通りやったらいいんじゃない?」って優しく背中を押してくれる。


感謝です。



2014年阿波踊りへの旅。〜連載43〜

August 11 [Mon], 2014, 23:55



夜になってお盆で若干人が少ないような気がする新宿を目指す。


いつも出演している新宿の店に鳴り物数人が他連を観に来てると呼ばれ途中参加。


五月に茨城大子でコラボレーションしたひょっとこ連さんの舞台。


1人遅れた俺は巻き返すためにガバガバ呑む。






ひょっとこ連さんのお囃子はさすがの熟練で至るところ唸るポイントがあって勉強になった。


明日朝に徳島に発つメンバーもいるので二部を観終わり挨拶をして解散。


楽しい夜でした。



2014年阿波踊りへの旅。〜連載42〜

August 10 [Sun], 2014, 23:55



10:00-12:00 ドラムレッスン
13:00-17:00(休憩)18:00-21:45 東京新のんき連全体練習@中野ZERO


ドラム〜和太鼓へと11時間近く叩きまくった日曜日。
大太鼓、鉦、締め太鼓、竹、てんてんと一人五役。
高円寺、徳島、多摩川競艇場といろいろな舞台の構成を同時進行で頭の中パニック。


長時間の練習で後半はやや集中力に欠けたけど有意義でいい練習だった。


さぁ!徳島へ!
と言いたいとこだけど今年は東京でお留守番。
今日、明日から本場へ乗り込む仲間達が思いっきり楽しんでくれることを願いつつ。





俺たちいつでもロックバカ!

August 09 [Sat], 2014, 23:59






ニューロティカ結成30周年記念
8人だよ!全員集合!-追加公演-@新宿LOFT


台風の影響で風が強く涼しい東京。
LOFTは満員。
推定平均年齢43歳(俺調べ)


かつてのメンバー 旧ロティカと現在のニューロティカの共演。
最高だった!
気がついたらけっこう前の方で観てた!






ニューロティカのライブはいつも胸がアツクなるというか男泣きだね。


打ち上がりたい気持ちを抑えつつ諸先輩方に挨拶をして風が強い歌舞伎町を脱出。


ニューロティカに感謝。
お疲れさまでした!





出演情報(2014.05.17更新)

August 09 [Sat], 2014, 23:55
PROFILE



1973年2月10日生まれ

出身:福岡県



REDЯUM〜HUMAN TAIL,THE JUNEJULYAUGUST



参加作品:SUGIZO,SOFT BALLET,about tess etc・・・



阿波踊り「東京新のんき連」所属:大太鼓リーダー



その他サポート&不定期ユニット→

鉄鍛冶(w/nil・高野哲)

CARP(w/THE BACK HORN・岡峰光舟)

あきゆきばんど(FISHMANS COVER BAND)

ARCB (ARB COVER BAND)

シズヲバンド

PLASTICZOOMS







KAZIのman‐to‐manドラムレッスン!







初心者〜中級者向けのドラムレッスン。



趣味、ストレス発散、興味本位etcから真面目に巧くなりたい人などとにかくドラムに触れて音を出したい人にマンツーマンで教えます。



日程はお互いのスケジュールを調整して都内スタジオで行います。



レッスン料など詳細はまずメールにてお問い合わせください→kazikohkoh@yahoo.co.jp















THE JUNEJULYAUGUST






5/22(thu)@下北沢CLUB 251

『One Chord Wonder』



open18:30 / start19:00 

adv\2,500 / door\3,000 (共に+1D)



LIVE : The Everything Breaks / THE JUNEJULYAUGUST / alcana



【TICKET】CLUB 251 03-5481-4141 LAWSON L : 76149 e+ 各バンド予約

info CLUB 251 03-5481-4141

*251店頭、プレイガイドのチケット販売は4/5からになります

 入場順はバンド予約 → 251店頭 → プレイガイドの順になります











HUMAN TAIL









2014.6.22(日)@高円寺HIGH

HUMAN TAIL 1st album「人間の尻尾」完成記念披露イベント





TICKET:前売り、当日共に1500円(D別)

プレイガイド発売なし。

バンド予約、HIGH店頭販売、当日券のみ。





※アルバムお買い上げの方には歌詞カードプレゼント!





出演者:

HUMAN TAIL

dario

Bo!Rock→1





タイムテーブル



15:00 open

15:30 start

15:30-16:10 Bo!Rock→1

16:10-16:20 転換

16:20-17:00 dario

17:00-17:10 転換

17:10-18:00 HUMAN TAIL





18:15 乾杯











単独出演&サポートライブ情報







◆PLASTICZOOMS(サポート)◆











生まれた生まれたなにが生まれた。

August 04 [Mon], 2014, 16:15



ミックスダウンは待ち時間が長い。
そんな時は普段できないことをゆっくりやる。
たくさん漫画を読んだり、小説を読んだり、メンバーとの会話を楽しんでる。


子供の頃の最初の夢は漫画家か大工さん。
昔から何か創るのが好きだったのよね。


小学生の頃はペンやインクを買い四コマ漫画を描いてはコロコロコミックに投稿していた。


初日の待ち時間に絵を描き始めた。
最初はただの落書きだったが次第に本気(マジ)になってきて終いには〆切りを設定して待ち時間がさながら缶詰めの時間へ。
ただ集中して描いてる時はやたら楽しい。


聴覚がやられちまってるから俺には聴こえない世界の話をしているメンバーを観ながら今の俺にできることは描くことだけだ(←勘違い)なんて思ってはいないがこのCDを聴いたたくさんの人が俺が気づくことないいろんな細やかな音の仕掛けに唸ってくれることを願ったり。




作業中に長い付き合いの友から第一子が誕生したとの朗報が入る。
今日もこの街で音が生まれ、新たな生命が誕生する。
何にしろ何かしら乾杯する理由が見つかればこれ幸い。


おめでとう。







THE JUNEJULYAUGUSTレコーディング日記〜七日目〜

August 03 [Sun], 2014, 23:59



3日目
英語に訳す人
ごっつええ感じ
写真加工
カツカレー
怒りが顔に出る人



2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:KAZI
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1973年2月10日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ex.REDЯUMのドラム。

2009年10月
HUMAN TAIL結成


HUMAN TAIL

Vo.KUBO(ex.BLOODY IMITATION SOCIETY、ex.BAD FISH)
G.NOSUKE(from ANOYO)
B.SOTO(ex.REDЯUM)
Ds.KAZI(ex.REDЯUM)



ARCB
「ARB」のカバーバンド

・高野哲(Vo、from nil)
・田村章(G、from Reo Yokomizo&Neon Group)
・外浩司(B、REDЯUM)
・KAZI(Ds、from REDЯUM)

CARP
B×2+Dsの即興インストバンド

・KAZI(Ds)
・岡峰光舟(from THE BACK HORN)
・平林直己(from ex.THE BACK HORN)

あきゆきばんど
FISHMANSのカバーバンド。

・あきゆき(Vo、from DURGA)
・つよし(G、from REDЯUM)
・ゆうや(B、無限マイナス)
・かじ(Ds、from REDЯUM)

KAIBA
REDЯUMのエンジニアM・O・Gとのユニット。
1st ALBUM「night music」は完売(現在入手困難)

鉄鍛冶
nil・高野哲とのユニット。



★★★★REDЯUMは2009年4月25日@新宿LOFTをもって解散しました。
13年間応援ありがとうございました!!★★★★




LIVE情報


HUMAN TAIL

2010.10月3日(日)@新宿LOFT


HUMAN TAIL presents 「漂流者たちの夜 vol.2」@新宿LOFT

OPEN 18:00 / START 18:30
ADV ¥2500 / DOOR ¥3000

出演
dario
機械DOTEちん
マイナーリーグ
HUMAN TAIL

●Pコード:116-446 / Lコード:75159
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R