東大式・内定獲得術 30社以上落ち続けた学生が、一流企業の内定を勝ち取ることができた大逆転就活ノウハウ 三浦 隆史

July 15 [Fri], 2011, 14:49
東大式・内定獲得術 30社以上落ち続けた学生が、一流企業の内定を勝ち取ることができた大逆転就活ノウハウ

東大式・内定獲得術 30社以上落ち続けた学生が、一流企業の内定を勝ち取ることができた大逆転就活ノウハウ




下記より購入しカンタンなレビューを送るだけで最大7000円還元されます!
東大式・内定獲得術 30社以上落ち続けた学生が、一流企業の内定を勝ち取ることができた大逆転就活ノウハウ





貴方はどのように自己分析をしていますか?

絶○内定等の有名就活本の方法をそのまま実践
ネット上に無数にある自己分析サイトを活用
怪しい就活コンサルタントのセミナーで習った方法を実践


このようなやり方で自己分析をやっている人は危険です。
貴方の気がつかないうちに、内定が遠ざかっている可能性があります。



多くの方は自己分析をやる本当の意味を意識せずに、
有名就活本や就活セミナーで習った方法を何も疑いもせずに実践しています。

しかし、それでは企業にとって魅力的な自己PRや志望動機を作り上げることは出来ません。

東大式・内定獲得術 30社以上落ち続けた学生が、一流企業の内定を勝ち取ることができた大逆転就活ノウハウ

自己分析は過去〜現在〜未来と3つに分けられます。

過去の自己分析では、
過去の経験からどのように貴方という人間が形成されてきたのかを分析します。

現在の自己分析では、
貴方が持っている強みや弱み、特性等を分析します。

将来の自己分析では、
貴方が将来の仕事に求めているものを分析し、貴方に合った仕事を見つけだします。



これらのことをしっかりと意識して自己分析をしていますか?

更に、貴方の過去〜現在〜未来を正しく分析する方法を知っていますか?



「正しい自己分析のやり方」

これは内定を貰う為には絶対に必要なスキルです。

就活負け組が内定をもらえない理由その2
「企業研究のやり方が間違っている」
就活セミナーを通じて今まで数多くの学生に出会ってきました。

しかし、殆どの学生が企業や業界に対する知識が少なすぎます。

そもそも、会社の仕事内容の理解なくして志望動機を作ること何て不可能です。

にもかかわらず、多くの学生は会社の表面的な情報で満足してしまっています。

情報商材レビュー


それは何故か?

理由はとてもシンプルです。

@学生は「企業の何を研究すればいいのか」を知らない。
A学生は企業情報を「どのようにして集めるか」を知らない。

この2つを分かっていないから、会社HPに書かれている「事業内容」や「求めている人材像」のような表面的な情報を知っただけで満足してしまうんです。



しかし、もし貴方が就活勝ち組になりたいのであれば
もう1歩踏み込んだ企業研究が必要です。

企業への理解度というのは他の学生と差別化がしやすいポイントです。

企業理解度が深いと、面接官に志望度も高い学生だと思われます。

正しい企業研究のやり方さえ知ってしまえば、
あとはやればやるだけ他の学生との差別化が可能になります。

就活負け組が内定をもらえない理由その3
「就活の実践力が不足している」
いくら自己分析と企業研究を完璧にやっても、
面接やGDでの実践力がなければ意味が御座いません。

グループディスカッションで一言もしゃべらなければそもそも面接に進むことすら出来ません。

貴方が企業にとって魅力的な強みを持っていたとしても、
面接でオドオドしてしまい相手に伝えられなければ内定はもらえません。

「三流大学卒が転職コンサルに絶対無理と言われた超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍」 非常識な転職「大」成功術

ケアマネらくらく合格勉強法〜1冊の問題集で1ヶ月で合格〜

宅建過去問強制インストール

Webデザイナー転職成功術!【個別コンサルティング付き】

「試験合格プロジェクトを成功させる方法」 〜プロジェクトマネジメントによる試験勉強で一発合格を果たす〜

ケアマネ試験一発合格脳プログラム

『宅建勉強法の決定版!【山口式宅建試験合格勉強法〜 独学だから宅建講座はもういらない〜】たった75日で宅建試験に 独学で一発合格するための宅建勉強法・2011年度最新版』[

しかし、この「就活の実践力」はトレーニングで高めることが可能です。

コミュニケーション能力に自身が無くて面接が苦手だという学生や、
チームでの活動経験が少なくGDが苦手だという学生でも、

トレーニング次第では就活勝ち組になる事も勿論可能なんです。



ここまでの話を纏めると、
就活勝ち組と就活負け組の学生の決定的な違いとは次の3つです。



正しい自己分析のやり方を知らない
正しい企業研究のやり方を知らない
就活の実践力が不足している
逆に言えば、「自己分析」「企業研究」「実践力の向上」という3つを
正しい方法でやり続ければ貴方も自然と就活勝ち組へと近づくことができます。



ちなみに、面接やGDでの実践力はかなり高いのに、
自己分析や企業研究がいい加減だという学生もかなり多いです。

コミュニケーション能力が高く第一印象は良いのですが、
面接でちょっとつっこんで聞くとすぐボロが出てしまうのがこのパターンです。

何故このような学生が多いのかというと、多くの就活マニュアルや就活セミナーは面接やGDのテクニックばかり重視している傾向があるからです。

たしかに、面接やGDで好印象を持って貰うための方法というのは大切です。

しかし、それだけを高めても意味がないんです。



「正しい自己分析」
「正しい企業研究」
「正しい就活の実践力」


この3つのどれか1つが欠けても貴方の内定は難しいです。

志望企業からの内定が欲しいのであれば、この3つをしっかりと学ぶ必要があります。

就職活動の「負の連鎖」から抜け出す方法
わたしがアドバイザーとして参加している就活セミナーで、
学生からよく聞かれる質問があります。

それは、「どのように自分をアピールすればいいのか分からない」というものです。



多くの学生は企業がどのように学生を評価しているのかを知りません。

その結果、まったく的外れの自己アピールをしてしまっている学生が多くいます。

しかし、内定をとれない学生は
「自分のどこが悪いのか」「何故内定をとれないのか」をまったく分かっていません。

その結果、自分ではしっかりアピールしているつもりなのに、
まったくアピールになっていないという罠にはまってしまいます。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:東大式・内定獲得術
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/toudainaitei/index1_0.rdf
美肌・美白 バストアップ方法 二重まぶたにする方法 筋力トレーニング方法 無料 被リンク
カテゴリアーカイブ