限られた高校生活の中で少しでも効率のよい勉強方法を採用して合格に結び付けたいとは誰しも思うことです。ただ、受験勉強の方法というのは案外単純なもので、方法自体を模索しすぎると時間の浪費につながる恐れもあります。ここでは個人的に効果のあった勉強法を紹介してみようと思います。

大学受験の勉強法を紹介しますが、あくまで私個人に効果があったものです。誰でも効果が出るわけではありません。ですが大学受験の実践において実証されている勉強法ということで机上の空論的勉強法よりはましなのではないかと考えています。

個人的に効果があったと言いましたが、実際成果としてはどんなものがあったのかといいますと、塾や予備校に行かずに自宅で受験勉強して東京大学文科一類に現役合格できた、というものです。それをもって効果の裏づけと考えているわけです。単純ですけど。

東大合格というと何かすごい勉強法があるのかと考えてしまいがちですが、実際はそうでもなく、単純作業の繰り返しといった感じでした。

受験のために勉強した科目はというと、国語(現代文・古文・漢文)、英語、数学(数学1・代数幾何・基礎解析)、社会(世界史・日本史)、理科(生物)です。生物はもちろん、センター試験で必要だったのでやっただけです。

これらの科目についての勉強法と、使用した参考書など、また入試本番の様子や試験の受け方など紹介してみようと思います。

ただし、古いです。私が大学受験したのは1990年ですので。


部分的に引越しのお知らせ

記事の多くを以下のサイトに引っ越しました。

大学受験の勉強法 効率的な勉強方法

東大合格の高校ランキング 
東大合格のための勉強法と趣旨が異なりますけど、やっぱり気になるのがいったいどこの高校が東大合格者をたくさん出しているのかということです。
ということで調べてみました(データは2009年)。

とりあえずこの年の東大合格者数は全体で3154人のようです。それを念頭において見てみてください。

私の時代は開成・灘・ラサールでしたけど、今はどうなっているのでしょうか?

まずはやはりといいますか、トップは開成高校ですね。現役だけでも84人、浪人も合わせると138人もいるようです。
次が筑波大付属場高校。通称「筑駒」。現役浪人合わせて106人。さすが東大教養学部のすぐ近くにあるだけあります。
 
 続きを読む…  
Posted at 03:58 / 東京大学情報 / この記事のURL
東大合格者のノート 
「東大合格生のノートはかならす美しい」という本を書店で見かけました。残念ながら手にとってみるのを忘れていましたけど・・・。

しかし「かならず美しい」というのは言いすぎですね。私のノートはほんと、汚かった。というか高校時代はノート自体あまりとらなかったのですよ。

もちろん、問題集などを解く時はノートに書きます。あとは漢字の練習は・・・これはノートは使いません。いらない紙の裏に何度も書きなぐります。

しかしいろいろな受験勉強法の本を読んでみると、やはりノート作りが重視されていることが多いようです。いかにわかりやすいノートを作るかが説明されていたりして、自分で作ったノートは財産だなんて説明されていたりします。
 
 続きを読む…  
Posted at 15:57 / 大学受験の勉強法 / この記事のURL
ドラゴン桜の勉強法 国語・数学 
ドラゴン桜の勉強法のうち、国語と数学についてですけど、別項でお話したとおり、ドラゴン桜では東大理科一類を狙うことが推奨されていますので、文科の私とは自ずとバランスが違うことになります。

それを前提とした上で書いてみましょう。

まず国語ですが、理系とはいえ80点の配点がありますので軽視できません。特に東大理科受験生のなかには国語を手抜きする人もいるので、国語で得点できれば有利になるそうです。
 
 続きを読む…  
Posted at 03:55 / ドラゴン桜の勉強法 / この記事のURL
ドラゴン桜の勉強法 英語 
東大受験のための勉強法で気になるのが、何年か前に話題になっていました「ドラゴン桜」の勉強法ですね。

偏差値30台から1年間の受験勉強で東大合格を狙う、というものです。予備校の宣伝文句みたいだ・・・。

まず、たった1年の受験勉強で偏差値30台から東大合格レベルに持っていくには、理系の方が確率が高いとされています。
その理由は、東大入試の社会科目では、解答で膨大な量の文章を書かされるからで、これは1年という期間では対策が難しい、ということです。
 
 続きを読む…  
Posted at 15:53 / ドラゴン桜の勉強法 / この記事のURL
P R
月別アーカイブ
 
 
 Powered by yaplog!