テスト記事 

February 06 [Mon], 2012, 10:47
熊川哲也さんや吉田都さんらが輩出したローザンヌ国際バレエコンクールの決勝が3日4日夕、スイス西部で開かれ、神奈川県厚木市在住で、東京都町田市の私立和光高校2年の菅井円加(すがい・まどか)さん(17)=佐々木三夏バレエアカデミー所属=が1位となった。伸びやかな演技が評価された。



コンクールは15〜18歳だけが参加でき、「将来性」を審査する若手の登竜門として知られる。
19カ国から79人が参加し、決勝には21人が進出。
古典舞踊と現代舞踊の2部門で踊り、演技を競った。
審査員を務めた吉田都さんは「すべてが良く、審査員9人全員一致の結論です。
決勝前日の演技からも成長が見て取れ、現代舞踊ではエネルギーを感じました」と評した。




菅井さんは「ここまで来られたのは先生方やお父さん、支えてくれた人たちのおかげ。感謝の気持ちで一杯です。(1位は)信じられなくてまだ踊りの夢の中にいるような感じ。気持ちよく踊れました」と話した。菅井さんは現代舞踊特別賞も受賞した。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:レモン
読者になる
日々徒然
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる