気持ち悪い。 

July 24 [Thu], 2008, 10:21
自分でどん引きする程まだ想っている。
でも、前のように戻りたいんじゃなくて、
相手には悟られないよう
変わらずに好きで居続けたいだけ。

私がまだ想っている事を知ったら
なんか・・・弱みを握られるようで嫌だから。(笑)

話しかけられて嬉しい気持ちがあるけれど
それを気付かれないよう「もう興味無いですよ」という
空気を持ちながら応答する。。。

本当は好きな人なのに
こんな態度をするのって、
辛いし、何故か悲しくなるね。
彼の事で涙を流したのは久しぶりだ。


自分の事ながら…私って気持ち悪い奴。

理由。 

July 23 [Wed], 2008, 4:00
『一緒になれなくても
ずっと一緒に居る』と言った言葉は嘘だった。

好きだから一緒に居るという理由だけでは
一緒には居られないみたい。

離れた理由が
『一緒に居たくても一緒に居られないから。』

付き合う前から判っていた事なのに・・・

『俺からは捨てない』という言葉も嘘で

結局捨てられたのは私だった。


嫌な想い出もあるけれど
良い想い出もあるから
長いようで短かった
彼と一緒に過ごした時間は私の宝物。

PUZZLE 

March 11 [Tue], 2008, 0:00
初めは小さな一つのハートのピース。

一緒にいるうちに他の好きなところが見つかり
いつしか沢山のハートのピースが生まれて
大きなパズルが出来上がる。
持ち歩くには大きすぎるから
大切に箱にしまって持つ。

『どこが好き
って聞かれてもいっぱいあって、
内緒にしておきたい好きなところもあるし
言ってもいい事を探すのは急には無理だから
誤魔化すわけじゃないけど
「全部」と答えてしまう。

無駄な努力。 

January 09 [Wed], 2008, 21:00
『また電話するよ』
という言葉を信じ待っていた。
けれど電話は鳴らなかった。

以前の私なら意地を張り
私からも電話はしなかった。

でも、
変わらなくてはいけないと決めたので
電話をしたけれど、

『今から風呂』
と言って切られてしまった。


私だけ変わろうと努力しても
無駄な事なんだと感じた。

ONE WAY 

December 23 [Sun], 2007, 2:45
ひとりバレンタイン。
ひとりクリスマス。


『大事にするよ』という言葉に嫌気がさした。


お誕生日にもらえた『おめでとう』という言葉は
“仕方なく”という理由だった。


今までで一番嬉しかったのは
出逢って1回目の私の誕生日。
彼は決して多いとは言えないバイト代を
自分の為に使わず
私の為にとっておいてくれて
ピアスを買ってくれた。
その気持ちが凄く嬉しかった。


豪華な物が欲しいわけではなく
キャンディ1つでもいい・・・
贈るという気持ちが欲しかった。


1年も経つと人の心は変わってしまうんですね。


お金では買えない愛があると思っていたけれど
空想かもしれない。


一方通行は疲れた。


END ROLL...

新しく。 

December 05 [Wed], 2007, 0:00
絶対に無いと諦めていた事が起きた。

“失ってから大切だったと気付く”
のは遅いという事を忘れずに
大事にしていこうと思う。

最低の私。 

November 06 [Tue], 2007, 19:00
酷い嫌がらせをした。

そして彼からのメールが届いた。

ピアスの事で、YESかNOの答えだけ欲しかったけれど
返事をくれなかったので、
ここまでしないと返事してくれないのかな?
と思い嫌がらせをしてしまったと伝えた。


それまでの間の彼の苦痛など知らずに。。。


ここまで酷い事をしたのにもかかわらず、
彼は私を罵声することなく
彼が思っている事を私に伝えてくれた。

最期の日。 

November 06 [Tue], 2007, 12:00
彼の部屋に置いていった私の荷物は捨ててと彼にメールをした。

でも、片方のピアスは捨てないで私に送り届けて欲しいと頼んだ。
捨てられてしまうのでは?という想いで
とても悲しくなり、ピアスだけは捨てないで送って欲しかった。

連絡を待っても彼からのメールは来ない。

たまたま時間が取れたこの日、
ストーカーっぽく思われるのは嫌だったけれど、
返事を待っていることも辛く、
最期にもう1度だけ、
彼の顔を見てから別れたかったのと、
私の誕生日にお揃いで付けようと買ったピアスと
私の母がお土産で私に買ってきてくれた
巾着袋を捨てられたく無かったので彼の家へ向かった。
彼の顔を見たからといって決心は絶対に揺らがない。


家へ向かう前に5〜6回電話したけれど出なかった。

彼の家へ着きドアをノックする。

待つ事の辛さ。 

November 01 [Thu], 2007, 0:30
今のバイト以外にも仕事が入った彼は忙しくなり、
私も今までしてきた共通の事をする気が無くなり、
喧嘩しては長い間話をせず、そしてまた喧嘩、
と、ちょっとづつ距離が離れてきた。

私も忙しかったのもあり逢いにいける予定がたてられずにいた。

逢えない日が長かったので、
彼に悪いなと思い、
近いうちに行くねと言ったら、
彼もバイトがあったのと、
あと私の懐具合の事も考えてくれて
『もう少し経ってからのがいいんじゃない?』

懐具合の事を考えて言ってくれたんだと思うけれど、
なんだか最近の事もあったし、
もしかして突放されているんではないか?と思った。
私はいつも自分の事ばかりで、
彼の抱えている問題に気付いていなかった。

嬉しい事。 

October 15 [Mon], 2007, 0:00
彼から久しぶりに
『俺がする行為で嬉しく思う事って何?』
って聞かれた。

私は「教えない。教えたくない。」
と、答えた。

『何で?』と彼は聞く。

「教えちゃったら
意識してするようになってわざとらしくなっちゃうから。
気付かないで、たまにしてくれるのが好き。」

彼は納得してくれた。


内緒の話。1つめ。
数えられるくらいしかないけれど、
おでこにキスしてくれる事。
くすぐったいけど嬉しくて涙が出てしまう。
おでこ、たぶん微妙に性感帯なんだよね。
逢う度、おでこにチューされたら、
鈍感になり性感帯じゃ無くなっちゃうかもしれないから
絶対に言わない。言いたくない。(笑)

内緒の話。2つめ。
彼に抱かれている時に、
私のお尻を持ち上げる時に漏れる彼の声。
『んふぅ〜』って感じなんだけど、
その声が凄く好き。萌えっ。(汁)
これ言ったら声殺すようになり
(声を)漏らさなくなっちゃいそうだから
絶対に言わない。。(超エロス)


以前にもこの話をしたけれど、
その時は、「手を繋ぐ事」と答えた。
彼の色んな所が好きだけど、
すらっとした細く長い指が特に好き。
その手に触れられると凄く嬉しい。
P R
K
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31