啓という名の絶望感。そしてエンドレス。さらば碧き面影。 

2006年11月28日(火) 22時38分
俺は思った。いや感じたといった方が適切だろう。 そして思うだけではもの足りなくなった。俺は結婚したい。 だれかしよう。しかし、俺は誰でも良いというわけでは無い。 つまり、俺は啓、簡単にいうと絶望感の中で生きている。 しかし、俺は一輪の花を見つけた。 そう!それがあなただ。 あなた自身が私と言っても過言では無い。 ……しかし……しかしあなたはもうこの世には存在しない。 もうあなたはただの屍(しかばね)。 もう貴方の粉骨しかこの世には無い。 でも、まだ あなたの魂はこの地上をさ迷ってるよ。 僕が成仏させてあげるよ。 私はあなたを永遠に忘れない。 友に行こう。 地の果て迄。 待っててね。 貴方は天国。 待っててね。 僕も天国に行きたいな。 いや行かなきゃ駄目だね。 待っててね。 もし貴方が迷子になったら僕が探すよ。 いつまでも。 いつまでも。さあ行こう。 夢の世界。さあ逝こう。 あの世界。 結婚しよう。みなさんよおbb みなさんよお いぢめらるたら TELしよう 。 さらば碧き面影。 ぴーまん成人…………懐かしく聞こえる。 あのフシギバナ。 あぁ……そうだね………赤とんぼのうねぎ声がするよ。 結婚しようよ みなさんよお。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tottilove
読者になる
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる