休業補償給付

August 14 [Mon], 2017, 4:00

栃木県社会保険指導協会です。
今回は、休業補償給付についてご説明します。

「休業補償給付」は、「労働者が業務上の負傷又は疾病による療養のため労働することができないために賃金を受けない日の第4日目から支給するものとし、その額は1日につき給付基礎日額の100分の60に相当する額とする。」と定められています。

支給要件は以下の通りです。

・療養のためであること
 (治癒後の処置により休業している場合には支給されません)

・労働不能であること
 (一般に労働不能であることをいい、負傷前の作業ができなくても、被災した事業場で他の作業をすることができる場合には、休業補償給付は支給されません)

・賃金を受けない日であること
 (賃金をまったく受けない日はもちろん、平均賃金の60%未満の金額しか受けない日も含まれます)

・待期期間を満了していること
 (休業の最初の3日間は待期期間とされ、休業補償給付は支給されません。この待期期間は継続している必要はなく、また、その間金銭を受けていても成立します。)



ご不明の点がございましたら、当会までお問い合わせください。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:栃木県社会保険指導協会
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる