【 更新情報 】

スポンサードリンク

図書館のアルバイト内容は?

一般的に私達の想像する図書館での仕事内容は
本の貸出・返却の業務ではないでしょうか?

イメージ的にはそれらは間違っておりませんが、
図書館の仕事はもちろんそれらだけではありません。

地方自治体の広報誌で紹介や蔵書を説明したり、
掲示板で紹介したりもします。

また、朗読会や、定期的に行う展示会などの催しもあり、
郷土や出身作家の資料の展示会を行うこともあるそうです。

もちろん、新書や優れた資料の紹介なども仕事の一つです。
「静かに仕事ができる」とは一転、少し意外な仕事も中にはあるのですね。

また、資料については、図書館にて永久保存が求められているものもあり、
主なものでは、その地域の郷土資料や自治体の発行するもの、
などがあり、それらを選択して優先的に保管をするのも
仕事だそうです。

こうやって並べてみると、
図書館の仕事はかなりの知識が必要なように思えます。
だからこそ、司書の資格が求められるのでしょう。

司書の資格を持たない人の採用もまれにあるようですが、
ここまで深く仕事をこなしていくのは
難しいでしょう。

図書館のアルバイトの見つけ方

実際に私で探してみたところ、
正直言って、なかなか(全然!)ありませんでした。

図書館の仕事はとても倍率が高く、
人気の仕事とは聞いていたものの・・・・
通常は図書館のアルバイト情報はあまり出回らないそうです。

あちこち探しても見つからない・・・・。
ではどうやって見つけたらいいか???

求人情報サイトの「エンジャパン」
に登録をしておくと、
図書館のアルバイトの求人がでたらすぐに連絡がもらえるそうです
ただ、やはり求人数は少ないのが現実です。

しかし、エンジャパンは図書館のシゴトを探す数少ない求人媒体なので、
登録しておくてはないでしょう。

あとは、数件求人を見つけましたが、
大学などの図書館もいくつかありました。

図書館でアルバイトをしたいあなた!
是非働いてみたい図書館に足を運ぶべきだと
私は思います。

何度も何度も、いろんな図書館に足を運んでみれば、
「今はなくてもWAIT LISTに乗せてあげよう」
なんて事になるかもしれませんよ。

図書館のアルバイトとは

図書館の仕事は、ちまたでは結構人気であり、
在職者が居心地がいいがために、辞めないので、
空きを探すのは大変で、万が一空きを見つけても競争率は高いようです。

図書館の仕事といってまず頭に浮かぶのは、
カウンターなどで本や雑誌を貸出・返却の受付をすることではないでしょうか?
ですが、当然仕事はこれだけではないのです。

書架の整理や、予約の受け付け手配、
朗読会などの企画・開催、推薦図書の案内や古い本の表紙をなおしたり・・・
とさまざまなものがあるようです。

仕事はどれも本と関わりのあるものなので
本が好きな人にはたまらない環境と言えるでしょう。
しかし、図書館に勤めるには、司書の資格が必要になります。

資格がなくても仕事はできるそうですが、
最近では、司書の有資格者を採用の条件としてる図書館が多いとのことでした。

先日テレビのあるニュースでも特集をしてましたが、
コンピューターを導入している図書館が増え、
本や利用者のデータをパソコンで管理したり、WEBの予約サービスを行ったりと、
更に図書館のアルバイトの需要が減ってきているように感じます。

図書館でのアルバイトをするには、
本を借りたい人の為に迅速に対応できるよう必要最低限のパソコンのスキルや
本に関して貪欲に知識や情報を吸収する努力も必要なのではないでしょうか。

www.smarter.co.jp
上記のサイトを見つけたので参考にしてみてください。