人身傷害補償保険

May 13 [Mon], 2013, 12:48
「搭乗者傷害保険」は自分や同乗者など、自分の運転する自動車内に対しての自動車保険として、傷害保険です。この他にも自分の運転する車に搭乗している人に対しての自動車保険が《人身傷害補償保険》です。


《人身傷害補償保険》に適用されるのは、
・「契約した自動車に搭乗している人が、自動車事故によって負傷した場合」
・「記名被保険者およびその家族が、他の自動車に乗っている際、また歩行している際に事故に巻き込まれて負傷した場合」
です。
この記名被保険者とは、保険会社と契約した自動車を、普段から利用している人のことで必ずしも自動車の登録車であるとは限りません。
《人身傷害補償保険》と「搭乗者傷害保険」は、同じ傷害保険ですが大きな違いがあります。一つづつ見ていきましょう。
『適用範囲』
・人身傷害補償保険の方がより広い
ex:記名被保険者であれば、タクシーに乗車中に事故に遭った場合でも保険金がおりる
『保険金の算出方法』

搭乗者傷害保険の場合…あらかじめ設定されている保険金額がそのまま支払われる形
ex:入院が2日、通院が5日だった場合…あらかじめ設定されていた入院日額×2日分と、通院日額×5日分の合計額がそのまま支払われる
・《人身傷害補償保険》の場合…「実損払」という方式を採用
〜治療費だけでなく、逸失利益や休業損害、さらには精神的損害まで補償してくれる。ですから
入院している間に仕事を休んだ場合、その仕事で得たはずの報酬などが支払われます。
こうして比較すると人身傷害補償保険の方がより手厚い保険といえます。

【車中毒夫婦が伝授する新車購入術】女性でも簡単に!新車値引きの真相
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:チュチュ
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tosikd5s/index1_0.rdf