死にたい 

2006年04月17日(月) 13時53分
日曜日の夜、テレビを見ていると妻が突然「死にたい」と言い出した。
普通ならかなり驚くのだろうが、実は今までに何度も聞いているので驚きはあまりなかった。

この手のことを言い出す時、特にケンカをしたわけでもなく、こちらには原因が全くわからない。聞いても「いろいろ」と言うだけ。それ以外にも突然泣き出したりする。

問題ない時は本当に普通なのに。。。これってうつ病なのかなあ。

洗い物 

2006年04月14日(金) 12時41分
昨日は仕事関係の飲み会のため妻には「夕食はいらないよ」と言ってあった。しかし頭痛のためキャンセルし妻に

「体調がイマイチなので飲まずに帰ります。食事は駅で適当に食べます」

とメール。すると妻から

「大丈夫?食べたい物を言ってくれたら買っておくよ」

と優しいメール。夫婦っていいなあ、と思いながら帰宅し、食事をする。
翌日、朝起きて台所に行くと洗い物は昨晩のまま。一瞬洗い物をしてから出社することを考えたがそのままにして朝食(コーヒー&パン)をとり、ベッドで寝ている妻に「行ってくるね」と言って7時過ぎに出社。すると9時48分に妻から

「昨日は急に帰ってきたのだから、食器は自分で洗った方がいいと思います!」
「心配して予定をキャンセルして帰って夕食の準備をしたのに感謝してる感じもなく、さすがの優しい私もイライラします。体調もそれほど悪くなさそうだし」

妻の言うことはもっとも。でも納得がいかない。なんでだろうと考えてみると

現在、生活費として月40万を俺の稼ぎから出し、妻には小遣い3万
妻の稼ぎは全て妻のもの
子供はいないので二人暮らし

基本的には「家事は妻の役割」だろう

朝は一人で朝食を食べ出勤(妻は寝ている)
妻の昼食の食器を、俺が先に帰った時などは自発的に洗っておくことも多い
妻が外出時、率先して迎えに行ったりしている
結婚してから、ロクに友人と遊べない(皆無状態)
「友達と温泉に行く計画がある」というので「夫婦の貯金で行ってきな」と言った

俺は、我慢していたり、妻に何かしてあげても、それに対して「感謝の言葉が足りない」とか「代わりに何かしろ」と要求したりはしていない。でも、妻はいつも「感謝が足りない」と言ったことを言う。

「体調もそれほど悪くなさそうだし」って。。。前回俺が体調崩した時にはそれが原因でヒステリックになって、その時に「体調悪くても元気なフリしなきゃダメなのかよ」と思っていたから。
頭痛がするのに「全然平気なフリ」して明るく会話をして、俺は一生このままこんなふうに暮らしていくのかなあ。

友人とドライブ 

2006年04月09日(日) 16時10分
7人で車で遊びに行った。そのうちの一人が懐メロCDを持ってきて、みんなで行き帰りの車中に盛り上がった。が、妻は静かに黙って座っており、時々後部座席から「○曲目に飛ばして!」と頼まれ応じていた。
帰りに、気付くと妻が助手席で靴を脱ぎ体育座りをしていた。顔を見るとかなり不機嫌な様子。「曲を知らないからかな?」と思いとりあえず歌うのをやめた。もちろん、みんなは気にせず歌う。
途中渋滞もあったが何とかみんなを駅に降ろして家に向かうと、すぐに妻の文句が始まった。

うるさかった、信じられない
音楽をやる人にとって、ヘタな歌は聞いていられない

といったことを延々としゃべる。それは家に帰ってからも続き、そのうち

私だけのけ者だった
小さい頃は普通の勉強と音楽の勉強で、テレビを見るヒマはなかった
音楽の勉強なんてしなければ良かった
みんな知っていたのに私は一曲しか知らなかった。知らないのは私が悪いんだ
他の人に何かで負けるのが耐えられない
もういやだ

と自虐的な発言がいつものように始まった。ヘタに反論するとヒステリックになるのでできるだけ静かに聞き続けた。


そういえば、今回のドライブを企画してみんなにメールをしたら一人が「朝早いのが...」みたいに返事をしてきた。すると妻は

>それからいちご狩りの件だけど、イヤになってきたかもo(>_<)o っていうのが私
>の正直な気持ち。だって私たちが一生懸命、みんなに良かれと思って、色々と考
>えたのに、それに対して、御礼を言う訳でもねぎらう訳でもなく、そして別案を
>提案する訳でもなく、ただ集合時間が早いって文句だけ言われてもねぇ。。これ
>じゃあ小学生の学級会みたいな意見の言い方だと思う。勝手にすればっ感じ。日
>曜に風邪引く予感がしてきた。

まあ、間違ったことを言っているという訳ではないんだけど、とりあえず「調べたりしたのは全部俺だって。お前は最後に案内メールしただけだろ」。まあ、それは本当はどうでもいいんだけど、すぐに相手を「わがままだ」と言って怒る。短気すぎるんだよなあ。

新婚旅行は楽しかった 

2005年11月13日(日) 21時15分
新婚旅行は楽しかった。いつも手を繋ぎ、ケンカもせず楽しい日々だった。

ところが、帰ってからは違った。初めて実家を出た不安と慣れない家事のせいか、ベッドに入ると毎日のように泣く。本人いわく「あなたがいない間、一人で家で泣いている」らしい。

どうでもいい 

2005年08月31日(水) 13時24分
彼女が

「二次会、どうでもいい。やるきなくなってきた」

といい始めた。理由は、彼女が誘った友達から「参加できない」という返事が多かったため。気持ちはわかるが、出席の友達もそれなりにいるんだからさあ。その人たちに失礼だろ。

ちなみに、二次会の費用は全部俺持ち。理由は単純で

「彼女は金がないので、折半なんて言ったら"やらないでいい"って言われるから」

彼女は、他人のために金を出すのは嫌いだから仕方ない。ビンゴの景品を良くするくらいならブランド物のバッグを一個買う方がいいんだろうなあ。

司会 

2005年08月22日(月) 13時22分
披露宴の司会者、俺の知り合い(オジサンの披露宴の司会もやった人で、毎日全国放送のテレビに出ている)に頼む予定なんだけど、

「10/1の打合せに司会者も連れてきてくれ」

と式場の担当者に言われたので司会者の人に連絡すると

「きちんと段取りが決まった時点で打合せをする方が良い」

と言われた。まあ、本来なら司会を気軽に頼める人ではないし忙しいだろうから、俺達や担当者がダラダラ話をしているところでアホみたいに座っているのはイヤなんだろうなあ、きちんと「どんな事をしゃべって欲しいのか、段取り等の打合せが終わってから司会者との打合せを背しよう!」と思い彼女に電話でその事を伝えたら彼女激怒。

「だったら式場の司会者でいい!」

で、話をするのが面倒になったのでため息をついて携帯を切り、ついでに電源も切ってしまった。怒っていたわけではなく、なんだか悲しかった。で、その後電話が鳴ったりしたが無視して寝ることにした。後で彼女が「あんな風に電話切られたの初めて!」と怒っていたが、俺だって携帯をあんな風に切ったのは初めてだよ!

新居 

2005年08月15日(月) 13時06分
さて、新居探しを始めた。ここで

俺職場:川口駅or南鳩ヶ谷駅
彼女職場:九段下or飯田橋
彼女実家:春日or高楽園or水道橋

[俺の条件]
駐車場あり
川口、東松山、大宮等の埼玉エリアへ近い
築浅のマンション

[彼女の条件]
楽器可
職場、実家に近い

ということで始まった。二人の職場の中間は王子。彼女は毎日仕事というわけではなく収入も月10万程度だが、ある程度彼女の方も考えてあげよう、と思い「東大前辺りいいよね」みたいに最初に言ったらもう大変。「東大前〜春日」じゃないとイヤだ、くらいの勢い。ここで

[現在の俺の住まい]
川口駅徒歩20分、川口元郷駅徒歩15分
2SLDK 64.5m2 2000/08築 9/11階南向き
家賃11.7万+管理費1万(駐車場は無料)

なんだが、実家まで電車で一本とはいえさすがにちょっと可哀相。で、駒込くらいで妥協してあげようかと俺が探した候補

[駒込(豊島区)]
駒込駅徒歩8分
2LDK 58.39m2 2002/03築 6/6階南向き
家賃17.8万+管理費1.4万+駐車場2万

で、キレイだしかなり良い感じ。で、彼女の感想は「駅から遠い」。。。
まあ、途中にお墓があるってのは確かにマイナスかもしれないけど、ホント贅沢な女だ。彼女と物件を探していて気付いたのは、彼女は「自分の都合しか気にしない」らしいってこと。

「あなたは職場から遠くなるかもしれないけど、私は初めて実家から出てで大変なんだから私の実家のそばにしてくれ」

こんな風にとってつけたように俺について言及して、あとは自分の要望を押し付けるだけ。で、結局俺が妥協して

[千石]
千石駅徒歩3分
2LDK 75.18m2 2003/03築 テラスハウス
家賃25万(俺が27万から値切った)

に決定。これにより俺の支出は月に15万強増え、敷金礼金は150万だよ。で、彼女は

小遣いは月に3万だけくれ。あとは自分の稼ぎから出す
(当然、彼女の稼ぎはすべて彼女のもの)

つまり、彼女の職場に近いってのは俺にとっては何もメリットなし。しかも彼女は

「私が疲れてグチが多くなったりするのはあなたもイヤでしょ?」

なんて訳の分からん理屈を言うんだが、俺が職場から遠くて疲れてグチを言うのはいいらしい。

金がない 

2005年08月01日(月) 12時42分
彼女が、「金がない」と言い出した。高いドレスを選んではみたが、予想外に出費がかさむことに気付き(というか俺がリストを作ったのでそれを見てビックリした)、彼女曰く

両親に金を借りる
その金を返すためにフルタイムで仕事をする
そうすると家事が出来なくなるので覚悟しろ

だって。彼女は「両親に迷惑をかけたくない」というが、俺に迷惑をかけるのは平気なんだろうか。俺は一般サラリーマンに比べれば十分なだけの収入があるし、彼女に働いて欲しいわけではない。むしろ俺が安心して働けるようにきちんと家事をしてくれる方が嬉しい。
なのに、彼女は「借金を返すために働くから家事はあまりできない」って、なんなんだよ、それは。。。だったら、今すぐドレスをキャンセルしてくりゃいいだろ。

彼女には

二人の大人が共同生活を送る場合には、生活費(家賃光熱費等)を折半、家事も折半が基本
俺達の場合は生活費(40万程度)+α(贅沢)は俺が負担、家事は彼女が担当
で、もし彼女が働くことで家事があまりできないならば、相応の生活費を負担すべき
(場合によっては二人とも家事をせず、家政婦サービスみたいなのを頼む)

ということを理解してもらったが、どうも彼女には想定外だったらしい。

ちなみに、その後彼女は友達とハワイに旅立っていった。。。

ドレス 

2005年04月20日(水) 11時08分
彼女のドレスを選ぶために、いろいろ店を一緒に回っていた。そしてある日、その日はどうも体調が良くなかったが渋谷で彼女と待ち合わせ一緒に店を見に行った。
そして店を出たところで、「今日は体調が悪いから帰るよ」と言って駅で別れて家に帰ると、彼女からメールが。

「いろいろ考えたけど○○円のドレスと○○円のドレスに決めます」

で、俺はビックリ。というのも、もともとドレス代は人数割りの部分に入っていて、式場のプランだと35万くらいで2着だったのが合計100万近くのものになっていて、とりあえず止めようとメールを送る。

「」

俺からすると、結婚はドレスだけでなくいろいろ金がかかるし、両親からの援助があるならば両親にも決める前に相談しなければならない、また、他の部分との兼ね合いもある(ドレスにそんなに使って予算は大丈夫なのか?)。と思ったんだが、彼女は怒りまくったらしい。で、彼女の母親から

「一度良く話し合って欲しい」

といった趣旨のメールがきたので、翌日の月曜日仕事帰りに彼女の家に行く。で

「彼女は結婚のために貯金をしてきた。彼女が自分で払うから好きなのを着させてやってくれ」

と言われて仕方なく了承。ただ、俺は金を払いたくないから止めたわけじゃないんだけど、多分彼女はそれを理解していないなあ。
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像
» ドレス (2012年01月13日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:toshiya1103
読者になる
Yapme!一覧
読者になる