話すことの 

May 03 [Sun], 2009, 2:08
大切さを再確認した。

俺がこう毎日を過ごしてるように、あなたも独りなんだろうか

いつか。ではない、次が待っている気がする
と言うより、これほどまでにあなたを掴みたくて、待ちどおしい夜があっただろうか

あなたの弱さや『ごめん』が、俺をあなたに夢中にさせた
守ってあげたいと思った

素直になったあなたはどれ?

ホントは俺が感じてるのはズレてるの?

雪の夜の電車みたいに大幅に遅れてても、あなたに近付いてる気がする

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:toshimc
読者になる
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる