納豆がどんどん便利に、混ぜやすい容器登場。 

March 23 [Mon], 2009, 12:08


ミツカンが先日発売した、納豆の新容器。

タレをゼリー状にし、小袋とフィルムを無くし、とっても食べやすくなりましたよね。
半年で、1億7000万個のヒットとなったそうです。

今度は、「混ぜやすい」をテーマに3月から新容器で販売することを発表しました。


はしが円を描くように回しやすいように、納豆の収納部分の容積を7%広げたとのこと。

容器のまま食卓に出せれば、洗い物も減るし、いいですよね。

健康にいい納豆。

どんどん食べましょう!

以下、ネットの反応です。

納豆の量が減るような気がするが。
今度は多少増えるのか?変わらないのか?
そもそも四角いから混ぜにくいんだが。

熱々のご飯に、納豆と卵、
すりおろしとろろ、きざんだとろろ、だし汁をかけて、
最後にきざみ海苔をふりかけたものは至高のメニュー

ゼリー状たれがまずい、量が少ない、などの不満はあるが、
こういったメーカー側の工夫はとても興味深い。

すばやい改善で、いいとおもう。