ゲゲゲの女房の映画化 

April 05 [Mon], 2010, 3:45
ゲゲゲの女房と言えば、あの水木しげる先生の奥様である武良布枝さんが執筆した自叙伝です。

ゲゲゲの女房では、そのタイトルの通り「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげる先生と武良布枝さんの半生を描いています。

ゲゲゲの女房に登場するのは日本有数の有名な漫画である「ゲゲゲの鬼太郎」ですが、その製作過程や水木先生の人柄はミステリアスな所があり、あまり知られていません。

ゲゲゲの女房は、そんな製作の裏側や水木先生の漫画に対する思いを知ることができる、貴重な資料のひとつと言えるでしょう。

ゲゲゲの女房はNHK連続テレビドラマとして放送が決定していますが、以前にも実写映画化&アニメがリニューアルされるなど、未だ強い人気を得ています。

ここでゲゲゲの女房の映画化が決まったと言うことは、それだけ「ゲゲゲの鬼太郎」に対する注目が高いと言うことでしょう。

そんなゲゲゲの女房ですが、ドラマ化と共に映画化が決定し、そちらも公開前から注目されている様です。

そんなゲゲゲの女房についてお話してみましょう。

ゲゲゲの女房の映画は、 2010年秋に公開が決まっている様です。

内容に関しては、ゲゲゲの女房に描かれている「水木先生が漫画家となり、ヒットを飛ばすまでの貧乏生活」を描くことになるみたいです。

ゲゲゲの女房の映画版で、主人公を演じるのはあの吹石一恵さん。

大河ドラマ「新撰組!」に出演したことでも話題となった女優さんです。

そして、ゲゲゲの女房で水木しげる先生を演じるのは、なんとあの宮籐官九郎さんだそうです。

宮籐さんは、ゲゲゲの女房の役以外にも「木更津キャッツアイ」「ピンポン」「GO」などの製作にも関わっている映画界期待の人物です。

他にも「池袋ウエストゲートパーク」などに関わっており、ゲゲゲの女房ではその演技が注目されますね。

ゲゲゲの女房には見所が満載なのです。

ゲゲゲの女房には、水木先生が昭和の時代既に下火となっていた貸本屋で懸命に漫画を描く姿が描かれています。

ゲゲゲの女房の中で、奥様である武良布枝さんは「お見合いから5日後に結婚式を挙げた」と書いています。

それだけ素晴らしい水木先生の人柄が、ゲゲゲの女房で知ることができるのです。

ゲゲゲの女房の映画版も楽しみですが、NHK連続テレビドラマでは毎日観ることができますので、こちらも楽しみですよね。

色々な媒体で紹介されているゲゲゲの女房、今年はこの作品に楽しませてもらう機会が多くなりそうですよね。

ゲゲゲの女房、公開が楽しみです。

ベストリンク