谷村が中さん

March 28 [Mon], 2016, 13:36
新卒や既卒で介護士としての就職先が見つからず、上手くいかない場合は、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。求人広告や求人サイトには年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、介護施設側の事情で採用に関する制限をあらかじめ決めている場合もあります。具体的に言うと、30代以上で初めて介護士としての職場を探すのは、厳しいケースが多いです。

介護に関わる職種の中でも介護士という職業は普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、他職種と同じように、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。



介護士がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、雇用する側の人達が考慮することが大事だというのは当然の事実です。昔読んだ本の影響で、介護士になりたいと思っていました。


しかし、家の都合によって会社勤めをしていました。

ですが、介護士の夢を諦めきれませんでした。思い切って転職して、無資格でも働ける介護施設などで働く事も出来ますが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、看護助手として勤務しながら介護士資格を取る方法があることを知りました。

この方法で介護士の夢を叶えたいです。
卒業後、介護士の受験資格を取得できる機関には大学あるいは専門学校があり、介護士を目指す場合、どちらかに入ることとなります。

大学の特徴を挙げると、高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、介護以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。他方、専門学校に関しては、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。
そして、必要とされる学費については専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。
すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。

これにより、介護機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、介護士はさらに忙しくなっていきます。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、長時間の残業と夜勤を続けたため、結果として過労死を迎えてしまった介護士もいました。
夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、現場は常に人手不足で、介護士の需要は高いままであり、介護士は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。



免許が必要な専門職である介護士は慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。

その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、丹念に当たってみるなら、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。最近スマホやPCで閲覧可能となっている求人サイト、それも介護士専門のものがたくさんありますから、上手にそういうものも使って条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。介護士になって最初に勤めた介護施設では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。



その時、介護士は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。
ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、介護士という仕事しかないだろうと考えて、転職することを決めたのでした。
それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。
ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことはなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということが理解できて、いい勉強になったと思っています。大方の場合、介護士の職はハードワークだと言われますが労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。二交代制の介護施設勤務の一例を挙げると、合間で休憩はあるのですが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。

長時間勤務がザラだということも介護士として勤務することが大変だと思われる一因だと思います。介護機関で働く介護士は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。


そして、病棟勤務とは違って、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。例外を除いて、夜勤ももちろんありません。
忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、特に大介護施設や、人気の診療科などがあると大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。


勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかは介護施設や、診療科によっても違います。
介護士と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、もはや介護士なしの介護施設などあり得ませんし、意義の感じられる仕事です。

入院施設のある介護施設でしたら当然、夜間も稼働していますから、24時間切れ目なく介護士もいる必要があります。そのため、仕事は日勤業務と夜勤業務で交代で勤務することになっています。

夜勤のある仕事ではどうしても、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。

一般的に、介護士は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤で働く必要のある仕事です。
夜勤の時間帯については、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。
2交代勤務では、夜勤が17時間近くなって長時間勤務になり、3交代勤務の夜勤は勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。

就職先として考えている介護施設が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、早めに調べた上で検討することをおススメします。正看と呼ばれる資格を持った介護士になる方法は、看護の専門学校や大学等を卒業することが必要不可欠になります。介護士試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。


しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、看護学校受験のための予備校も人気があるのです。


いま准介護士として働いているけれど、今後のために正介護士の資格が欲しいという人は、看護学校が行っている通信教育課程が存在しますから、興味があれば調べてみてください。高い給料をもらっている介護士でも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。

介護士の資格を持っていれば、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといったその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。とは言え、メインで働いている職場の規定で介護士のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。総合介護施設から介護施設まで介護士は様々な場所で求人がありますが、介護施設外の介護士の仕事場として保育園があることを知っていますか?保育園に勤めるということで、子供好きの介護士には、適任の職場だと言えます。



仕事の内容は、園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという大切な仕事です。
介護士がどんな風に思われているかというと、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、一般的には印象良くとらえているという人が多いでしょう。
しかしながら、介護士がどのように働いているかを考慮してみると、もちろん待遇はそれなりですが、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている介護士も少なくないのです。プラス面だけに着目せずに、介護士が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。
一般的に、介護士の休みは、勤めている現場でそれぞれ異なるようです。
中でも3交代勤務の職場においては、シフトに沿っての仕事になりますから、休日出勤や平日休みも当たり前にあります。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。
勤務や休みをある程度自由にすることができ、したい仕事を選べたりもする、等々が介護士という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。


勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、介護士の仕事を探しているのであれば条件を選べる介護士派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職を探すのも一つの手です。



介護士の場合は安定していると思われることが多く、ローンの際も、往々にして、簡単に審査に通りがちです。
ただ、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の介護士だと必ずしもそうであるとは言えません。
ローンで審査に引っかからずに通れるのは正職員という形で勤務中の介護士のように、安定している場合なので、非正規雇用の介護士についてはローンを組むことが困難なことがあります。介護士に階級があるのをご存知ですか?階級が高いものは、ほとんどの介護施設では看護部長、総介護士長などと呼ばれる方々です。
具体的に、どのように階級が上がるのかというと、長い間同じ介護施設に勤めて実績を残しておき、一目置かれ、認められるような存在になることが重要です。



もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高い収入を見込めます。

介護士として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。普通の業務だけでも多忙を極めるのに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残業しなければならなくなることが多いです。ですが、いかに多忙で、疲労困憊でも、患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。


直前まで愚痴を言っていてもすぐに笑顔になれるので、介護士のその様子はまるで女優のようです。

そこそこ昔のことではあるものの、介護士はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると人々に捉えられていたようです。

でも、現在ではもうすっかり、介護士が労働の対価に見合う高給を得られるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。


イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。介護士の給料と言えば、家の屋台骨として充分に、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。



要するに介護士は高給取りである、というのは間違いありません。職場において、仕事のできる介護士を目指すには、それは介護士としてのキャリアを積んでいくしかありません。
起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったような単純な業務とは言えませんから、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。人によっては、介護士としてのレベルをもっと上げたい、として転職を考え始める人もいるようです。大学介護施設など、高度な介護を行なうところで介護士スキルをさらに底上げを図ろうとする、とてもアグレッシブな転職になります。



近年、日本においてはインドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、来日した人々を外国人介護士候補生として受け入れるということを行っているのです。ですが、日本語で作製された介護士の国家試験を受験し、仮に、3年かかっても不合格だった時には、母国へ帰国することになります。勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。

あまり知られていませんが、介護士で公務員になる方法があります。それは国公立介護施設や公立機関で働くという方法です。介護士は知識や経験を積みながら長く働ける仕事だということで高い人気がありますが、加えて公務員に準じたメリットがつけばこれ以上の安定性はないですよね。
安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は最大のメリットだと言えるでしょう。


他の一般的な職業と、介護士の収入などを比べたデータによると、年間を通した平均収入の額ですと確実に、介護士の方が上回るといいます。
介護士不足に陥っている介護機関は少なくはなく需要が途切れることなくあります。そのため、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という点も、人気職である所以かもしれません。

ところが、高給を得られる職業ではありますが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、働きやすい良好な環境にいる介護士は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。
介護士として、初めての介護施設で働きだそうとする際、どこに配属されるかは大変気になりますが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるような場合もあり、また、人事担当者の考え次第で決定されることもあり得ます。

介護施設側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、出された答えとしての配属であることが多いようです。
ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。

ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。
社会が高齢化していることもあり、この何年か特に治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。ということはつまり、介護機関で働く介護士に関してもさらに多く必要とされていますが、介護士が足りなくて困っている、という介護施設はたいへん多いのです。
しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、求人募集がとても多いということでもあり、介護士にとっては、転職がやりやすいといった利点を挙げることができます。正職員やパート、派遣といったように、介護士の働き方も色々ではありますが、大半の介護士は介護施設で働いています。
もちろん、その他のところでも、多くの場所で、介護士資格を持つ人材は求められています。
例を挙げると、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。こうした職場で介護士として活躍する人もじわじわ増えています。つまり介護士であれば、介護施設ではなくても働く場所も多いですから、ライフステージに合わせて転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。能力評価では、自分の介護士としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。
実行している介護施設がほとんどのようです。


介護施設で働く介護士各自の、今の能力レベルを測り、評価できるように、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った介護施設もたくさんあります。評価を行なうのは、毎月の介護施設や、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。こうして定期的にどう評価されているか知ると、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。
介護士といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、介護士の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。
でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。
さて、介護士として長く働き続けると、ずっと介護現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自分の心身の健康についても状態を自覚したりできるようになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナナミ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる