女なら、一生に一度は足を通そう そのフィット感はウットリもの

August 11 [Thu], 2011, 11:02
ここまでくれば、実物を手にとってみたいと思うのが女心。しかし、国内でトリーバーチの靴を手に入れるのはなかなか難しいのが現実だ。
 理由は簡単、それはオンリーショップがないため。永末さんも海外やセレクトショップをこまめにのぞいているという。

 海外で手に入れる場合のメリットは、日本に入ってきている定番デザインのほか、豊富なバリエーションがそろっているというところ。セール時期などを事前にチェックしておけば、かなりお得に購入できるだろう。トリーバーチは定番ラインの人気がかなり根強いので、一足ベーシックなタイプを手に入れておけばかなり使えるのがうれしいところだ。

“ファーストトリーバーチ”としておすすめなのがCAROLYNEシリーズ。サラ・ジェシカ=パーカーも妊娠中に愛用していたというほど、抜群の安定感で人気のアイテムだ。トリーバーチの基本的なヒールの高さは5、7、9cm。普段は高いヒールが苦手という人でも5、7cmクラスならヒールの高さを感じさせず、普段使いに重宝するだろう。
 甲幅の広さが気になる人にはプレーンパンプスのTUCCIOが◎。CAROLYNEよりやや甲幅が広めで、少しだけ足指が見えるスクエアカットが甲を美しく見せてくれる。
一生モノの高級靴も週に1〜2回、10年以上履けば1日あたりの金額は決して高くはないはず。まずは各店で履き心地を試して、世界最高級の素晴らしさを体感してほしい。

——女人一生一定要有一双好鞋,它会让你无限陶醉。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おうれいほう
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/torysburch/index1_0.rdf