2005年07月30日(土) 18時32分
今日夢をみましたまた昼寝をしたらまた同じ夢の続きを見ましたこれは何かの前触れかもしれないと思いここに記しておきます
 それは僕の高校時代の夢でした学校の行事でみんなでバスで出かけ、その帰り道に僕だけ何者かに監禁されました周りに見ていた先生も、生徒も誰一人助けてくれることはなく、ただ冷たい機械のような表情が僕に注がれるだけでしたそうこれは後でわかったことだけど、僕が監禁されたのは学校側の依頼によるものでしたそして僕は、壁と鉄格子しかない部屋に連れてがれ、そこで言い渡されたのが10年間の監禁ただ訳もわからず、10年間という重みが僕の小さな心を押し潰していくようでしたそんな時に携帯が鳴り、出ると母親からでした。あんた大変なことをやってくれたわねなぜかとても怒っている母で、それだけ言って電話は切れましたもう誰もが信じられなくなった今、唯一信じられるのは自分だけでした
 ここでなぜ自分が監禁されたのかということそれも後にわかったことだけど、僕が無断で学校のプールを使ったことが原因でしたそれだけの事で、それだけの事だから恐ろしい10年間の監禁その現実に耐えられなくなった自分は脱獄を決意どうやって逃げたのかはわからないただただ夢中で逃げて、二人の追っ手を殺したのは覚えてるそして脱獄した自分には、ただ恐怖が、いつどこから捕まるのかもしれない恐怖だけが心に染み付いていた。
 

サミ宅 

2005年07月26日(火) 18時01分
サミのお宅へおじゃましてきましたなんてすばらしい家族だろうかこんなに歓迎してくれるとは思ってなかったなだって女の子の実家に男二人もおじゃましに行くんだから、普通じゃ考えられないよでも行って安心、見て安心本当に自然と家族の輪にいれてもらい、ヒロトの饒舌もさえわたり、アイコの上腕二頭筋もよりいっそうさえわたり、とってもジェンガーな僕の心も一安心でした。まことにまことに楽しい、良い思いでがまたできました。心温まる日に乾杯

個人飛び 

2005年07月17日(日) 15時06分
またまた個人飛び行って参りましたみんな三年生の個人飛びこんな飛びもなかなか楽しいもんです今回はほとんど飛べなかったけど、伊豆を満喫しまくり、とても一泊とは思えぬ濃い濃い内容でした

海も本当きれいでシュノーケルもできて言うことなしです
こんなに楽しい体験ができるのもパラにいるから、こんなにバカなことやってみんなとはしゃげるのもパラにいるからそう思うと最高の今を送れているなと思います。

次はうちらの代の最後の夏合宿あっという間に時間は流れとうとうこんなに経ってしまったんだなでもでも悔いのないように今年の夏もいい思い出いっぱい作りますそれではとっても楽しかった個人飛びでした

バド 

2005年07月13日(水) 14時59分
夏休み前の最後のバドうちらの代でこうしてできるのもあとわずかだから一球一球かみしてのバドでした久しぶりにこんなに動いたって感じだったけど、とっても楽しかった

三年会 

2005年07月08日(金) 13時42分
初の三年会そして自分としては初の九回裏うちらが出会ってもう三年目になるんだな〜って改めて思う初めての一年会はサカナヤっだったな今でもこうやて集まってみんなで楽しめるなんて素敵なことではないでしょうかいつまでも、いつまでもこんなことが続きますように願いをこめてまた近いうちに・・・

アイコのモス最後の日 

2005年06月30日(木) 4時31分
愛子がモス最後のバイトだと聞き、これは行かなくてはと思い3人で行ってまいりましたこの写真は行く前に5号館でタイマーで撮った写真なぜか行く方のこっちもちょっと緊張したなまあ一番緊張してたのはホソさんだったけどモスの目の前に来てやっぱ俺無理って言い出すしね

店に入ったらさっそくアイコ発見かなり仕事姿が様になってました制服も似合ってるしねやっぱ働いてる女性っていいねってホソさんが何回もつぶやいてましたこりゃたまらん(笑)
         
   今回アイコの最後のバイト姿を見れてとてもよかったです誰にでもいつか最後ってあって、人生で何回こんな最後に出くわすのかなって思うとけっこう貴重なんだろうな今日もまたいい思い出になりました

 

2005年06月29日(水) 4時15分
今日バイト後にバイトのメンバーと前ツタヤに働いてた人と久しぶりに飲みに行くことになりました。今日のことはどうしても書きとめておきたくて、もう朝になるにもかかわらず書いてます。そのもとツタヤで働いてた人は、武蔵のOBで自分より5年ぐらい上なんだけど、その人は就職が決まりツタヤを辞めたんだけど、今日いきなりその会社をやめたと聞いて驚きました。その人は自分にとって、めちゃめちゃ好きな人で、すごく尊敬できる人でした。その人がいる時のツタヤが一番スキで居心地がよかった時でした。その人が言うには将来の自分を考えたときに上司をみていてこんな人生を過ごすなら、会社を辞めて自分のやりたかった夢にかけてみたいと決心したそうです。その人の夢は詳しくはわからないけど、法律関係の仕事でそれになるには国家試験を通過しなくちゃいけなくて、その勉強をやるために実家に帰り、勉強するそうです。大体受かるのに3年はかかるといわれるそうなので、それまで必死に頑張ると聞き、その人の決意は本物で、人生の分岐点を自分で決め、それに向かう姿はすばらしいものでした。その人の武蔵の友達もけっこう就職して辞めてフリータとかをしてる人が多いと聞きびっくりでした。本当に自分のやりたいことをしている人なんていなく、人生に満足してるひとなんていないことを改めて考えさせられるものでした。これから就活を控える自分にとって世の中の厳しさを知りとても心が痛む出来事でした。自分はやりたいこともなく、将来なんて考えられなくて、だから今を、こんなにすばらしい時間なんてない今を存分に楽しみたくて、だから大学生活、特にパラで過ごす今を一つ一つ大切にしたいと思ってます。今の1年が社会に出てからの10年分に値すると、本当冗談抜きで思ってるから。だから将来について考え、動きだすなんて考えられない。最近よく思うのは、大学生活の終わりとともに自分の人生も終わりを迎えるなら、それが自分にとって本当に幸せじゃないかなって思う。でもそう考えるのは生きたくても生きられない人に申し訳ないし、逃げてるようだから、だめなんだろうな。でもそれが運命なら自分は受け止めるし、本当贅沢な人生だなって思う。だって一番楽しい時に終われるんだから。

グアム! 

2005年06月26日(日) 0時05分
 グアムへ行って参りました初のアメリカだったので期待いっぱいだったのはいいんだけど、入国ゲートでいきなり帰っていいよってかなり不機嫌そうに言われて意味がわからないって本当パニック実は飛行機の中で二枚紙を渡されてて、自分は一枚書いて、もう一つは必要ないと思って書かなかったためだとわかってまた、最後尾から並ぶはめに結局、通過できたのは最後でしたアメリカは本当入国審査が厳しいっていうか、怖いなって感じた日でしたそして僕のなかで帰っていいよって言葉が離れることはありませんでした

  とまあ、最初から一寸のクギを二本同時に胸に突き刺された感じでしたが、気を取り直して、次の日、海に行きましたやっぱグアムの海はきれいで癒されましたただハエがいように多くてじっとしてると、まとわりついてくるのでちょっとうざかったです

  そしてこの日、念願のパラセーリングにチャレンジしましたちなみに横の写真はまったく関係ない人なのでパラをやってるからにはぜひ一度体験してみたくてボートで引っ張られながら飛ぶこのパラセーリングなんだけど、説明も何もなしに、いきなり機体に繋がられて、あっという間に浮いて浮いてかなり気持ちよかったです風の影響で揺れたりするのがまたおましろいんだよねでもこれってどうやって降りるんだろとふと疑問に海の上にポチャって感じで降りるのかなって思ってたら、ロープを引き戻してボートの上に着陸パラやってるからなお更だけど風を受けて飛んでる機体をそのままたぐり寄せるなんて、無理だって思ってたのに、機械でたぐり寄せちゃうんだもんびっくりだね

カルチャーショック 

2005年06月21日(火) 2時48分
今日授業を全部さぼりましたというのも留学講座の授業をとってて、そのグループ発表が今週あるから昼休みに集まってその課題を3人でやったんだけど、俺以外の2人がめちゃめちゃ英語できてというか俺ができなすぎなんだけどその場からすぐにでも逃げ出したかったです昼休みの間になんとレポート用紙2枚分を英語で完成させちゃうんだから、やばいやばいしかもテーマが外国人の参政権とお堅いのにもかかわらず俺はとりあえず出来上がった文章をパソコンに打ち込む作業担当に必然的になって意味もわからず打ち込んでたよ完成した後は4限を出る気力がなかったので、家で少し寝て、バイトで一日が終わりました
 なにか大学生活で自分はこれを学んだんだ〜っていうのを一つは欲しいなって感じた一日でした

バイト 

2005年06月20日(月) 3時20分
今日はバイトがすっごい忙しくて、本当疲れた一人バイトの人が失踪しちゃってて連絡もつかない状態でただでさえ人がいないのに今うちの店は他の店舗のヘルプで人が少ない状態なもんで、本当ヘルプ出してる場合じゃないよそんな日に限って俺がリーダーになってて、6時から3人しかいないから、どう考えても無理なんだよねということで、ヘルプに行ってる店長に電話してこっちにヘルプをくださいとヘルプx2みたいな感じに言ったら、こっちも忙しくて無理ですって言われておいおいあんたの店潰れるよそれでやはり売り場にお客の行列と返却の山(置き場なくなってたからね)で、即効店長に再度ヘルプ要求んで結局店長含め3人来てもらってなんとか12時には元の売り場に戻ったわけで久々にこんな大変なバイトでした今日を乗り切った自分に&ヘルプに来てくれた人達に拍手をあげたいそんな一日でした
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:torutoru1
読者になる
Yapme!一覧
読者になる