砂田でアーリン

October 17 [Mon], 2016, 22:59
葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題ないでしょう。とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。葉酸は体に有益な様々な働きをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。
葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊婦への摂取が勧められているんですよね。病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方もいらっしゃいますよね。もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、普段の食事でも多少は葉酸を摂れていたと思います。
妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。葉酸は胎児の健やかな成長を促すために最も大切な成分ですが、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天性の障害などを発症するリスクが高まるというデータがあるのです。また、ダウン症予防の有効性も認められているので、より積極的な摂取が求められます。
妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。それもそのはずで、妊娠と葉酸は大変密接に関わりあっています。それはつまり、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。この話はもちろん、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。ですから、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中から葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。
妊娠しやすい体を作る食べ物は、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども妊娠に欠かせない栄養素を含むので、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。また、栄養バランス良く多くの食材から栄養をとるのが健康維持にもつながるのも事実です。その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが、妊娠してからも楽になります。
妊婦の方の中でも、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方もいらっしゃると思います。ですが、葉酸というものは熱に弱いため加熱調理してしまうと、熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。結果的に、摂取量が足りていないかもしれません。
近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、お腹の中の赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が判明しました。そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が勧告しています。実際に葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦に特に利用されているといったことも少なくありません。
妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高くなるそうなのです。細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。
妊活中には、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。妊活に効果が高いお茶としては、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという事ですので、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。それは不妊治療にも効果を表し、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠確率が上がるのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。造血作用で血液が増えることで、血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能が正常化して活発になり、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:航平
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/torshgpteoeuor/index1_0.rdf