食事って大事 

June 14 [Sun], 2009, 1:04
時間がないからちゃんとしたごはん作って食べるなんて
無理って思うんですけど、
実際休日になると適当に済ませてしまいたくて
ついつい適当なものを食べてしまうんですよね。

でも、平日の昼はバランスの良い手作りお弁当なので
たぶん大丈夫!!
日々の食事の中でお弁当が1番栄養バランスが
いい気がします。


朝と昼はほぼ適当ですけど、
そのかわり夜だけはちゃんと取っています。

だいたい野菜が不足しがちなので、野菜と
あと肉ばっかり食べないようにお魚とか。
畑の肉である大豆製品、とりわけ納豆は大好きですし。
乳製品もおなかにいいのでしっかり取るようにしています。
焼いたパンとチーズって最高!!

なんで急にこんな話かっていうと、最近食生活について
思うところがあったから!!
流行りの食育ってやつです。

管理栄養士さんとか、そういう資格を取りたいわけではないけれど
健康のためにビタミン・ミネラル成分ガイドで調べてみた!!


まずはカルシウム!!

チーズと牛乳にふくまれてるあれです。
骨とかのもとですね。
体内にあるカルシウムの99%は骨や歯の成分である「貯蔵カルシウム」とよばれるもの。
残りの1%は血液、筋肉、神経などにある「機能カルシウム」だそうです。
体のカルシウムが不足してくるとと貯蔵カルシウムを放出し、機能カルシウムの濃度を一定に保つ働きがあります。
あれですよね、生物で習ったホメオスタシスってやつ。(多分

つまり、カルシウムが不足すると、骨のカルシウムが失われるということ。
すると、神経過敏になったり、イライラしやすくなったりします。
イライラしたらカルシウムとれってホントなんですね。
あんまり骨からカルシウムを取るとあたり前ですけど骨質が薄弱になるため、
肩コリ、腰痛などが発症、さらに血行障害もおこるため、高血圧や動脈硬化の原因にもなるとか。
成長期ならアゴの骨が発育不良をおこしたり、歯の質が悪くなったりします。

ちなみに肉類などのタンパク質をたくさん食べる人は、カルシウムの排泄量が多くなるため、
食事に気をつけないといけないのだとか。



次!
イソロイシン!!

いわゆる必須アミノ酸のイソロイシン
(必須アミノ酸は全9種類)
血清中に0.9〜1.8mg/dlありますが、体内で合成できない必須アミノ酸のため食事から摂取する必要があります。
イソロイシンは成長を促進し、血管を拡張し肝臓の機能を高め、
神経の働きを補助する作用があります。
ロイシン、バリンとともに「分枝鎖アミノ酸(BCAA)」に分類されますが、
ロイシン、バリンよりも多く摂取すると体重が落ちてしまう弊害があります。
分枝鎖アミノ酸(BCAA)というのは、激しい運動による筋肉ダメージの回復を早める特徴があります。
そのため、ハードなトレーニングや競技をする人、筋力アップやダイエットを目指す人、持久力を向上させたい人、
集中力の維持や疲労回復をしたい人にとっては大切な成分といえます。
ダイエットにはもってこいとは耳寄りですね・

そんなイソロイシンが何に含まれているかというと、子牛肉、鶏肉、さけ、牛乳、プロセスチーズなどに多く含まれています。
なんだかとってもたんぱく質ですね。
さすが必須アミノ酸。

難しくても覚えると楽しい栄養。
日々の食事に意識してとるとより健康になれるかもです!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:とりっこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・ショッピング
読者になる
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像とりっこ
» 天職ってあるかな (2008年08月13日)
アイコン画像もち。
» 天職ってあるかな (2008年08月13日)
アイコン画像もち。
» 学校 (2008年08月11日)
アイコン画像とりっこ
» 学校 (2008年08月10日)
アイコン画像いちご
» 学校 (2008年08月09日)
アイコン画像とりっこ
» つくってみた (2008年08月06日)
アイコン画像せいな
» つくってみた (2008年08月06日)