戦略課題とツールがフィットしていない

June 04 [Mon], 2012, 15:41
その結果が陳腐な広告の人量発生です。

このため現在の日本ではブランドの大量生産・早期撤退が発生しています。

例えば清涼飲料は、年間でだいたい800から1000の新規フランドが導入されますが、翌年までに定番商晶として残るのは3つ程度しかありません。

こういった現象については、その原因として、そもそも欲求が飽和しているとか、刺さるコンセプトを持つ商品が少ない、といったことがよく指摘されていますが、それは表面的な理解であって、根本的な原因ではないと私は考えています。

そこには情緒面が重視される市場の状況に対して、ツールとして情緒とターゲッティングを両立させられるメディアがない、つまり戦略課題とツールがフィットしていない、という問題があると思います。

インターネットは、この状況を打破できるはじめてのツールになりうるということです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:トリトリ
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/torii_natsumi/index1_0.rdf