試験勉強 

2006年02月13日(月) 0時28分
昇格試験の勉強、ぜんぜんやる気がでないぃぃぃぃ。

去年一度落ちていて、もう後が無いのに!

やべぇ。
まじやべぇ。

なんとか論文仕上げるか。。。

藤田監督 

2006年02月10日(金) 0時37分
巨人の元監督である藤田元司氏が亡くなられた。

私がプロ野球に興味を持ち、そして熱狂させてくれた人でした。

藤田監督は、常に全選手の体調を把握していたそうです。
そして采配のとき、選手の気持ちだけでなく、選手の家族の
気持ちまで考えることもあったと聞きます。
そのような気配りがどれだけ難しいか。そしてその気配りの
うえで結果を出すことがいかに難しいか。

名将藤田監督、私の理想の管理者像です。

五年前の仕事 

2006年02月07日(火) 1時03分
五年前に担当していた仕事が、今になって失敗していたことが判明。
その対策会議にかりだされた。

といっても、五年前のことなど覚えていないし。
というよりも、そのとき自分は一担当だっただけで、今となっては
関係者がみんないなくなってしまっただけなのに…。

ほんと、勘弁してほしい。
けっきょく自分が全てやるはめに…。

定食や 

2006年02月05日(日) 22時55分
あたりが暗くなったころ、夕食をたべる場所を探しに家を出た。
いつも行く近くの蕎麦屋が閉まっていた。
あれ、しようがない。
いままで行ったことが無いところに行ってみようか、と、駅のほうに向かう。
駅の近くのビルの上の階のほうに、レストラン街があるとネットに出ていたのを
思い出し、ビルに入り、古ぼけたエレベータに乗り5Fまで上がる。
定食屋、イタリア料理、などありふれた店がならぶ。
しかし閑散としている。どこも人の気配が少ない。
フロアを一周したが、定食屋が、ふと気になり入ってみた。

ここも古ぼけた店(失礼だが)。
カウンターに座ったところ、椅子が今にも崩れそう。
足腰の悪そうなお婆さんが一人で店をきりもりしている。
自分以外の客は初老の男性が三名で一つのテーブルで定食を食べている。
おふくろの味、と書かれた定食を頼むと、お婆さんは足をひきずりながら一生懸命
作ってくれた。
何やら悲しくなった。
出された定食はてんこ盛り。間食をしてきた自分を悔い、しかしお婆さんが一生懸命
作ってくれた料理を残すわけにはいかず、無理をして完食。

たまには実家に帰ろう。そう思いながら、また古ぼけたエレベータに乗り、
駅の周辺の喧騒を抜け、家路についた。

とりあえず 

2006年02月05日(日) 11時50分
無難に生きていくってむずかしい。
わたしは普通に災禍なく生きていきたい。

しかし、普通って何だろう?

この日記の目的は、この“普通”に生きていくということは何かを探していくことです。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tori_beer_de
読者になる
Yapme!一覧
読者になる