【 更新情報 】

スポンサードリンク

トレッドミルの運動負荷検査

トレッドミル運動負荷検査の目的は、トレッドミルで患者に運動をさせることで心筋症、不整脈といった隠れた病気を見つけることにあります。


そのため、トレッドミルで年齢、筋肉量に応じた運動負荷を患者に強いることで運動耐容能力を評価するものです。

このような運動負荷法には、ベルトの上を歩いたり走ったりするトレッドミルを用いた方法と自転車のペダルをこぐ自転車エルゴメータ法があります。

エルゴメータ法ではペダルをこぐ抵抗力×距離×回転数で運動負荷を評価します。
一方、トレッドミルでは、体重の重力に対する重力運動負荷を目的とし、負荷強度による体酸素摂取量は体重が重いほど大きくなるといいます。
このどちらの方法を使っても運動負荷を調べることができます。

実際、このようなトレッドミル運動負荷検査を受けた人の中には、目立った自覚症状がないにも関わらず、血圧や動脈の動きから病変を有することが心電図から読み取ることができた例があるそうです。
トレッドミルで無症状症候性の心筋が発見されることもある重要な検査と言えましょう。

トレッドミルの気になる価格

自宅でも気軽にエクササイズできるグッズはたくさんありますが、せっかく自宅での運動を考えているなら、トレッドミルを購入してみてはどうでしょうか。

トレッドミルは有酸素運動に最適なスポーツマシーンで、目的に応じて時間、距離、カロリーを設定すれば代謝アップに効果的な運動ができます。
気になる価格ですが、だいたい10〜20万円前後でしょうか。
メーカー価格であるともう少し割高になります。
通販サイトから探すと割安価格で購入できる品も見つかりますよ。

人気のトレッドミルマシーンには、トーエイライトから出ている「トレッドミルFIT2」や「低速トレッドミル870」があります。価格はいずれも10〜20万円前後で、美容ダイエット効果が高い商品です。
また、アマゾドン人気ランキングでみるトレッドミルマシーンは、物によっては、価格が10万円以下と手ごろに購入できるものもありますが、本格的なスポーツには向いていないものもあります。
平均15万円くらいの価格であればそれなりの機能が搭載されていて安心でしょう。

本格的なスポーツマシーンとしてのトレッドミルを求めるなら、トレッドミルマックスラン7000シリーズがお勧めです。価格は少し高めですが。。。
スポーツジムで実際に使用されているものなので、自宅に居ながら本格的な運動ができますよ!

トレッドミルで検査

トレッドミルは、スポーツジムで運動目的に使用するだけでなく医療検査でも使用されています。
一般検査では、なかなかトレッドミルを医療検査で使用する光景はみられませんが、どのような目的のために行っているのでしょうか。

実は、トレッドミルを使って心臓の機能や運動耐応能力があるかどうか検査ができるのです。
検査中はトレッドミルのベルトコンベアを患者さんに歩いてもらい、心電図、血圧を同時に測定していきます。
検査中の服装は用意された運動着に着替え行われます。
また、スポーツジムのような激しい運動を要するわけではないので、検査でのトレッドミルは、約30分ほどで終了するようです。

検査中、疲れた、足が痛いというような状態になれば、遠慮なく医師に申し出てかまわないそうです。
トレッドミル検査は各病院の循環器科、臨床科で行われており、運動時突然にして起こる発作、狭心症、不整脈といった診断に役立ちます。

普段から激しい運動時に発作が起こりやすい、安静時と運動時では血圧が異常に上がっているという人は、一度トレッドミル検査を受けてみてはいかがでしょうか。
保険負担で2000円前後で受けられるそうです。

トレッドミルの効果的な使用方法

スポーツジムなどでよく見かけるトレッドミルは、運動不足解消のために有効な有酸素運動器具となっています。
ベルトコンベアの上を歩いたり走ったりと思い思いの運動が楽しめるトレッドミルは、自由に速度を変更することができるので、効率よくカロリーを消費することができます。
トレッドミルの使用方法としては、時間や距離、消費カロリーを設定し、あとは運動するだけ。とっても簡単です。


本格派ランニングマシーン&ウォーキングマシン。最高14km/h・7つのプログラム・安全設計「新トレッドミル(おまけ付)」


トレッドミルの使用方法は、一日たった10分でも長期間持続することで代謝アップを計ることができます。
また、マラソン大会の練習に連続60分といった使用方法も可能です。
筋力トレーニングのためという使用方法もありますよね。
それから、ダイエットといった美容のためという使用方法もありますね。

このように、自分のペースや用途にあった使用方法をすることで無理なく負担なくトレッドミルを使っていただけると思います。
また、ジムへ通うことが困難な人、自宅でもトレッドミルを使用したい人には楽天などの通販サイトでトレッドミルを購入することができます。

ただ、機能や使用方法はそれぞれに違っていますから、十分確認して自身に見合ったものを購入しましょう。

医療機関でのトレッドミル

トレッドミルというと、運動不足の人がスポーツジムなどで有酸素運動をするために使用トレーニングマシーンと思われがちですが、医療機関でも使用されることがあるそうです。
☆床マット、スニーカーからプレゼント☆□当店オススメ□DAIKOU電動トレッドミルDK-862S
医療機関では、「トレッドミル検査」として、心臓に少し強めの負担をかけることにより、心臓の機能や運動耐容能を調べています。
循環器の医師立会のもとで、トレッドミルに患者が乗り、ベルトコンベアの上を歩いたり走ったりします。 その動きに合わせて心電図や血圧を同時に測定するとされています。
医療におけるトレッドミル検査は、心臓や血管の異常といった病気の発見・診断、治療に用いられているそうです。

また、他にもリハビリといった歩行訓練などの医療用として開発されているトレッドミルもあるそうです。 医療現場においてトレッドミルは、患者さんの運動をトレーニングする助けを担っています。
簡単に操作できるので、生活習慣予防の人からリハビリ対象の人に至るまでトレッドミルは医療現場で活躍を見せています。
テレビの医療現場特集でもトレッドミルが取り上げられるなどめざましい活躍を発揮しています。
P R