傷跡 

October 10 [Fri], 2008, 19:25
残された傷跡が
この雨と共に響く

いくつ通り過ぎる傘を数えても
その中の一人が気づいてくれるわけじゃない

痛んだ果実のように
この雨の世の中腐っていく

それをせき止める術も知らないのに
どうしてそれを嘆ける?



信じていたのは神様、貴方じゃなくて
この手
この指に触れる
触れられる全て


傷跡はいつか消えてしまうから


誰がそんなこと言ったの


血を流し
憤り
いつものあたしじゃないあたしが
傷跡を掻き毟る

これが済んだら


これが済んだなら



あたし

自由になれる気がしたんだ




雨は止み
空が顔を覗かせる

まるであたしの機嫌を伺うみたいに


少女が裸足で駆けてく
永遠の園へ

あたしはただ
祈るだけ

その少女が傷など負わないことを

信じて



信じて




もう泣けるはずなどない
そう
思ってた


涙は全て空に返したはずだったから



でも時折
この瞳から零れ落ちる雫は


ねぇ



涙なんかじゃないよね・・・・?




あたしは忘却の空に捨てたはずよ

荒ぶる魂が告げる
本能のままに





傷跡があたしを呼ぶ

静かに

それは静かに



痛みなんかじゃなくって
もっと
もっと
もっと


深く堕ちた感触で


この手に
指に
髪に





壁にもたれ
傷跡を優しく撫でる

もう泣かなくていいんだと

もう責め続ける必要もないんだと




神様

信じてもいない貴方が言った言葉


優しさだけの
空っぽの



真実




傷跡は今もある

あたしのすぐ近くに


あたしは撫で続ける


何度でも

この世界が晴れるまで

何を突然2 

October 10 [Fri], 2008, 17:14
絵を描いた






雑ですなぁ・・・

しかもまねっこ!(誰の!

何を突然 

October 10 [Fri], 2008, 17:07
V系好きだぁ・・・






これはガゼット、れいた(はぁと
よくこの鼻布になりたいって人が現れるww

遠くへ 

October 10 [Fri], 2008, 15:50
心が軋んで
音を立てる

夢にまで見たあたしの夢は

その名の通り夢だった


地に足がつかないのはあたしの悪い癖で
いつも誰かの腕にしがみついては
声の限りに誰かを呼んだ


来るはずもない
わかっている
現実もすぐそこで待っている

そろそろなんだ


あたしは飛び立たなきゃいけない

地を這うばかりの日々
振り切るほど強く

誰より


強く


今この手に何が残っているかって
それは
嘘でしかないの

言葉は、言葉にしなければ全部
嘘に染まるから

だから

あたしは飛び立たなきゃいけない

誰より強い光で

誰よりも


遠くへ
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» 傷跡 (2008年10月19日)
アイコン画像ヨシオ
» 傷跡 (2008年10月17日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 傷跡 (2008年10月12日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 雨のばかぁぁぁっぁぁぁぁ!! (2008年10月09日)
Yapme!一覧
読者になる