2006シーズン.1st(2部)を振り返って 

2006年03月25日(土) 17時43分
全10試合中9試合消化した現時点でRRの一部昇格が
確定したこともあり、今回のリーグを簡単に振り返ります。
今大会ではDC界最強FWの滝野さんの存在感が
絶大だということを思い知らされました。
これは対戦相手にとっても同様で
滝野さんの得点力をどう抑えるのかということに
対戦相手の方はかなり気をつかわれたのではないでしょうか。
滝野さんのみならず、HさんやISASAKAさん、
ヒールパサーさんのオフェンス能力も極めて高いこと
から多くのチームがDFの最終ラインに人数を固め
トップに1人か二人残すカウンター戦術でした。
そのため中盤が存在しないチームが多く、こちらも
中盤でパスをつないで相手をかわしゴール前まで
もっていくということはほとんどありませんでした。
シュートエリアに入ったオフェンスに素早くボールを渡しシュート
チャンスを量産することが必然的にして唯一無二の戦法です。
ただ失点しないという覚悟は凄まじくどのチームも固かったように
記憶しています。
対戦相手の攻撃のパターンはサイド奥裏へのロングボールか
DFラインでボールを回してチャンスをうかがうかという二つが
多く見られました。
DFラインでボールを回すチームを相手にするときは先制点が
非常に重要になってきます。DFラインでパスを回すということは
それだけ攻撃の回数が減ります。こちらの布陣をくずさず、隙を
見せなければ、なかなか自陣までボールは来ません。
先制点さえとりさえすれば受ける攻撃も少ないのでそれほど
脅威には感じません。相手にボールキープされる時間は増えますが
全く問題はないといえます。
やっかいなのは先制されたときです。今度は攻撃する
ためにボールを奪いにいかないと
いけないので布陣を崩すことになります。これは相手が
待っていた隙を与えることです。いろいろ駆使して
うまく事を運べば逆転も可能かもしれませんが
捨て身なだけに下手をすると失点を重ねることになります。
今回Foot戦とURAWA戦でその特徴が顕著になっています。
先制されたFoot戦は惨敗、先制できたURAWA戦はそつなく勝利を
手にすることができました。
全ては先制点次第で逆の結果にもなりえたと私は考えています。

移籍 

2006年03月25日(土) 17時23分
RRに移籍いたしました。
今回の移籍にあたり、温かく迎え入れ、
手厚いサポートをしていただきましたRRの関係者の
方々に深く感謝いたします。また、私の不徳のせいで
残念ながら他所にて一部しこりが残る形となりましたが
一日も早く溶解してくれることを願うばかりです。

移籍に関する個人的な見解 

2006年01月07日(土) 13時39分
昨年12月をもって活動停止したRCではちらほら移籍する
選手も増え今週末以降大きな動きがありそうな雰囲気です。
私個人の移籍に関してですが、昨年中、数チームから非公式
ながら打診を受け移籍する心積もりはできていたのですが、
今回は見合わせることといたしました。
その理由の大きなものの一つに活動時間帯という問題が
あります。
私は23時から0時くらいまでには落ちるのですが、DCの
コアタイムは23時以降、チーム戦もその時間帯です。
つまりせっかく入団させていただいたのにチーム戦には
ほとんど参加できないことが確実に予想されます。
DCはゲームとは言え人と人が関わっており信頼関係や
責任をベースとしています。
DCでチームに参加するということはチーム戦に安定して
出場するということであるべきと考えています。
チーム戦に出場できないことが分かっているのに
チームに所属するという無責任な行動はできるだけ
避けたいところです。
実際RCでも9月以降は全くチーム戦に参加しておらず、
強制退団させられても文句は言えないなと思っていました。
本来なら自発的に退団ボタンを押すことが最も誠実な行動
だったのでしょうが心情面でそうすることはできませんでした。
現在の私にはチームへの参加の資格はないというのが
実情です。

久々に更新 

2005年11月03日(木) 18時36分
久々に更新
と言っても特別お伝えすることはありませんw
最近のDCへの私の取り組みはと言うと、地道にという
感じです。
9月以降、体調を崩したこともあり、0時までには
DCを切り上げて就寝する努力をしています。
RCは0時を過ぎてからメンバーが揃うことが多いので
結果的にチーム戦へは不参加となっています。
私が顔を出さなくても、人数的に問題なくチーム戦を
安定して行えているようなので、その点に関しては
安心しています。
チーム戦への参加が少なくなった分、野サバで
試合をこなすことが多くなりました。
貪欲に勝利を目指すというよりは今まで身に着けてきた
技術の確認が主な目的になっています。
即席のチームなので周囲との相性の良し悪しで
内容にかなり差が出てしまうため、気楽にやることに
しています。
基本的に選手の名前でパスの出し先を選びたくないので
名前は非表示の状態でプレーしてますが、相性が
特別に良いと感じた選手はチェックしてしまいますw
その方々の名前を発表!したりはしませんがw
所属するチームこそ違えど、
これからも楽しいプレーと時間を共有できたらな、と
思う次第であります。

昇格戦 

2005年08月08日(月) 2時15分
この週末に昇格戦を行いました。
相手はSAKURA様。
RCではリーグ中(3位が決まる前)にキャプテンの
つねさんからもうしばらく2部でチームを作りたい
という意向がメンバーに伝えられていたので、
昇格戦は勝ち負けにこだわらずいつもどおりの
プレーが出来るかな、と思ってましたが、実際
試合するとガチガチに緊張しました。(/Д`)
結構相手のSAKURAさんも緊張してたのでは
ないでしょうか。ロングボールのパワープレーが
多かったように思います。
昇格戦の独特の雰囲気の中、試合は両者とも
決定的なチャンスを作りにくい状態で膠着状態が
続き、シュート数も2本と3本という結果でした。
結果は1−2でSAKURA 様の勝利。
RCは次も2部に残ります。

(MILKMANさんとの別れ)
昇格戦を前にメンバーであったMLIKMANさんが
チームを去りました。MILKMAN(oyster)さんは
ほぼチーム創設期の最古参で私が入団したときには
すでにRCにいました。oysterさんの
存在は私がRCに入団する理由の一つでもありました。
キープ力とパス精度が当時ユース離れしていて
コンビを組んだら楽しそうだなと思ったからです。
実際入団後は数え切れないほどのパス交換を
して、最後の方ではレーダー見なくてもどこにいるか
脳内で分かる!ほどにwなっていました。
今回の突然の離脱は残念ですが、チーム活動への
迷いは3月くらいから聞いていたので、むしろ
8月までチームに留まりよくRCを支えてくれたなあと
個人的に感謝しています。

(TS導入)
RCでもいよいよTSを導入してチーム戦を行うことに
なりそうです。
IGM様との練習試合でさっそく試験的に導入されました。
試合は私は3バックのDF(右)で入りました。IGMさんは基本
4バックでありながらCBとSBが適宜流動的に上がってくるのが
印象に残りました。そのせいかマークが大混乱!
サイドで3対1を作られた時は泣きそうになりましたw
オフサイドトラップ仕掛けるスリルを味わえたし、DHの
役割がDF視点でちょっと分かったので
勉強になりました。
問題のTSですが、生声で褒められたり励まされたりする
と嬉しいものですねヽ( ´ω`)ノ
試合前戦術に関する話などは離席してる間に聞き漏らす
場合もあり、文字チャットも併用するのがいいかなと思いました。




2005シーズン.3rd(2部リーグ) 最終戦 

2005年08月01日(月) 19時59分
二部リーグ第7戦はヴァルカンズ様との
対戦です。
この試合の見所はリーグ4位に付け、
この試合の結果次第(3点差以上の勝利)で
3位の人間交差点さんを超え1部2部入れ替え戦に
エントリーすることになるかということ。そして
前日の農協さんとRSさんとの親善試合で合計
4得点をあげたarcamさんの勢いを信じちゃっても
いいのかということですw

個人的に試合始まって2分辺りまではショートキックの際の
ゲージが不調でキックキャンセルもうまくいかず
「まずいな」と思いながらプレーしていました。
2分30秒にMILKMANさんがゴールをあげ
試合はRCペースになっていき私も自分に
対する不安を忘れ試合に集中していきました。

この日のMVPはMILKMANさんと言えると
思います。
得点もさることながら、SHとしてゴールキック
を着実にトラップし、繋げることができる相手を的確に
判断してパスを繋げるという基本を
完全にクリア、攻撃の起点としてチームに
リズムをもたらしました。
「みんなが楽しめるサッカーをするんだ」という
意気込みを感じました。
試合はその後、トラ猫、きりりさん、Azureさんが
得点を決め4−0でRCが勝利をおさめ最終戦を
締めくくりました。
あれ?注目のarcamさんは?という感じですがw、
この日はハーフでの出場ということもあり決定的な
チャンスにはなかなか恵まれなかったようです。
思い切りのいいシュートをもってるだけに
今後に期待したいところです。
RCのオフサイド キングを目指せ!

守備面は、マークのずれによりときおり
タイトにいけない場面があったものの
DFの最終ラインではきっちり相手の攻撃を
食い止めシャットアウト。
リーグではRC3個目の完封試合となりました。

2005シーズン.3rd(2部リーグ)第4・5・6戦 

2005年07月30日(土) 20時07分
第四戦目RED・DEVIL様、第5戦目人間交差点様
第六戦目★URAWA★様との対戦となりました。

第4戦・5戦目は私は観戦しました。
チーム部屋にはインしていたものの
心身両面で調子が上がらず不参加にして
いただきました。「がんばれ!」とか「おc」とか
チャットしてサポーター気分でした^^
RD戦は3−2で勝利、人間交差点戦は2−2の
引き分けです。この段階で2勝1敗2分けで
リーグ2位につけ1部との入れ替え戦が
頭をちらつきます。

第六戦は★URAWA★様との試合。
あまり対戦したことはありませんが、
直近の試合では5−1で勝った記憶が
ありました。試合が始まってみると
両者ちょっと動きが重い印象。
膠着した状態で試合が続きます。
後半始まって直後個人的にはここが
勝負所かなと感じ、トップの位置に
スペースがあり中盤の底でのAzureさんのカバーも
確信できたので上がりました。
右サイドに流れたarcamさんとワンツーを
交わしarcamさんの折り返しのセンタリングを
受けてシュート。ヘッドで打つつもりがちょっと
届かずトラップ。タイミングが遅くなったことと
位置がニアに深く入りすぎたことで角度が
なくなってしまいゴールならず。大きな連携が
出来、かつてのRCらしい攻撃だったとは
思いますが、決め切れなかったことが
悔やまれます。またしばらく膠着状態が
続き、2失点敗戦となりました。
失点シーンはオフサイドトラップが破られたのと
パントを近距離でカットされてというもので悔やまれるもの
と言えるかもしれません。つねさんのライン統率は
DC界一と思っています。いっしょに組むDFは
常につねさんのライン取りを意識し、その統率に
全てを委ねちゃっていいのではないかな、と思います。

サッカー観に大きな差があるメンバーが多く
チームの力を100%出し切っていないRCですが
話し合いを多くもつことで、強いRCを見たいですね。

2005シーズン.3rd(2部リーグ) 

2005年07月24日(日) 15時41分
2005シーズン.3rdが開幕し初戦を農協さん
第二戦Friend.relationsさん、第三戦Symphonyさんと
試合を消化しました。
これまでの結果は0−0、3−0、0−1
1勝1敗1分けです。
第一戦は農協さん。農協さんの動きが
初戦ということでちょっと緊張ぎみかなと思いました。
試合は後半に投入されたarcamさんがDFラインを
うまく抜け出し2回ほど決定的なシュートシーンが
ありました。arcamさんはオフサイド王のはずなのに
今回のオフサイドは0!FWとして着実にステップアップしてる
なあ、という印象です。

第二戦はFriend.relationsさん。
一戦目での無得点の鬱憤を晴らすような3得点で勝利を
飾りました。得点シーンはセンタリングにうまく合わせた
カワナーさんとAzureさんの2得点と、プレイスキックからの
シーザーさんのピンポイントパスにあわせたarcamさんの
シュートです。この試合に限らずですが、個人的には
シーザーさんのパスセンスに注目しています。
長短のパスに精度があり、それらを使い分ける判断力も
あるからです。後方からの組み立てという意味で欠かせない
選手になっていくのではないでしょうか。
守備面はほぼ完璧で攻守がかみ合った試合でした。

第三戦はSymphonyさん。
この試合はいつもの調子じゃない選手が多かったように
思います。私を含めボールに対する反応が遅かったり、目測を
誤るシーンも続出して全体として波に乗れなかった、
という感じです。最近試合が多く夜更かしするひとが
多かったため疲労が溜まってるのでしょうか。
ここは引き分けで凌ぎたかったところです。
自滅した感の強いもったいない試合でしたが、
今後引きずらないようにできればと思います。

7月10日Empezar++戦 

2005年07月10日(日) 2時34分
    arcam
uni       カワナー
  トラ猫  きりり  
Azure      montycora
   つねさん
     ヨッシー
この日はEmpezar++さんとの前に組んだ
連合戦2連戦の出来が悪く(0-7 0-6)
腰が引けた状態で臨みました。
前半は1-0のリードで折り返すという
理想的な展開だったのですが、
後半力尽き1−3の敗戦となりました。

この日の反省点は個人的に1試合目の
連合戦の際、DFラインの高さを未確認の
状態で入ってしまったことです。
思ったよりラインが深めで私の後方に
スペースが出来てしまっていたようです。
良かった点はEmpezar++戦で、
中盤の底できりりさんと、一度つるべの動きっぽい
連携が出来たことですね。偶然ですが、「おお、これは!」
と思いました。
あともう一点はチームとして戦術に関して話し合いが
出たことです。RCでは戦術の話は嫌われる傾向にあると
考え自分からは戦術の話題は出さないように
しています。ただやはり話し合いは大切で、
チームメイトが考えていることを知って、自分の
意図も知ってもらえると安心感が違うな、と
思いました。

7月2日チーム戦 

2005年07月03日(日) 18時55分
7月2日深夜から3日にかけて3試合行いました。
まずはじめはBATTLE*EVOLUTION様
RCは4バック、BATTLE*EVOLUTIONさんは332の
システムだったようです。
私は右SHとしてプレーしました。
右CBのシーザーさんと右SBのカワナーさんと
トライアングルを形成できて、パスが回っている
という感触を試合中につかめました。
前半はRCペースで試合が進み、「ひょっとして
勝てるのでは?」という期待感を残した状態で
0−0で終わります。後半になると今度は
バトルさんのペースになり立て続けの5失点。
「あれ?」という感じで試合が終了してしまいましたw

その後連合戦を1試合挟みます。
この試合は前半連合側に押し込まれましたが
GKのヨッシーさんが安定したセービングをして
くれました。後半つねさんが左SHに入りRCが攻勢を
かける場面も。試合は0−1で敗れてしまいますが、
失点は相手GKからのロングパント一本でやられたので
ちょっともったいなかったかな、と思います。惜しかったです。

3試合目はFCあおぞら様
この試合でarcamさんがオフサイド王の称号を
手に入れられました。
試合は決定的なシーンはどちらとも多くなく、
RCのきりりさんの相手GKの虚をつくシュートで
1−0で勝利です。

4バックになって変な崩され方をすることは
少なくなり守備は安定してきた印象です。
あとは攻撃に関する決まりごとがいくつか
出来ると機能しそうです。

2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像すかし
» 2006シーズン.1st(2部)を振り返って (2008年10月20日)
アイコン画像コンプ
» 2006シーズン.1st(2部)を振り返って (2008年10月06日)
アイコン画像よしと
» 2006シーズン.1st(2部)を振り返って (2008年09月30日)
アイコン画像俺と妹
» 2006シーズン.1st(2部)を振り返って (2008年09月26日)
アイコン画像ちちち
» 2006シーズン.1st(2部)を振り返って (2008年09月25日)
アイコン画像おいお
» 2006シーズン.1st(2部)を振り返って (2008年09月20日)
アイコン画像棒王子
» 2006シーズン.1st(2部)を振り返って (2008年09月14日)
アイコン画像鶴たん
» 2006シーズン.1st(2部)を振り返って (2008年09月07日)
アイコン画像ヌル山
» 2006シーズン.1st(2部)を振り返って (2008年09月02日)
アイコン画像Mizu
» 7月10日Empezar++戦 (2008年04月09日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:toraneko
読者になる
Yapme!一覧
読者になる