the year 

January 03 [Sat], 2009, 21:35
自分を愛せなかったり、家族と長い間わかりあえなかったりして、身体と精神の折り合いが悪くなる時期というのがある。
暴力の源流が薬物によって誘導されて、ついに人を自殺に向かわせる事がある。
おいおい書く時が来ると思います。

それが不当な誘惑だったか、舌を出して委ねたかは、時間が逆行しない以上論じようがないのだけれど、
私(虎)が建物の窓から飛び降りて、結局命拾いをした事はどうしようもなく残っている。
おいおい書く時が来ると思います。

虎は二十代の半ばである。
今まで、自分のもてる力全てを「よき人生」の建設のために使ったとはいえない。
おいおい書く時があると思います。

名前の由来だけ。
拘束がとれて初めての、病院での食事は
ロールパンと、牛乳と、豆のサラダだった。
黙々と詰め込む。おなかがすいていた。
食器を持った自分の腕のアームカットの跡が虎縞模様だった。
私は虎と豆が好きだった、あーそうじゃんねぇと思い出した。ので、虎豆。

トラログは、記録上望ましくないものの自分を守る為の嘘を含みます。
他人を陥れる為の虚偽は、力の及ぶ範囲で排します。
それでは少し堅い挨拶になりましたが、新しい年、こんちわ。よろしく。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:虎豆
読者になる
好きなもの
虎と豆
カレーとウィルキンソン無印
中田ヤスタカ劇場
湾岸工業地帯
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント