手打ちそば体験講座 

2015年12月02日(水) 17時14分
  手打ちそば体験講座  

11月29日に、妻に誘われ「手打ちそば体験講座」に行ってきました。
講座の場所は「西部公民館」です。


:妻が 「練り込んだそば」を麺棒を使って「丸のばし」をしているところ。
: 包丁作業 ⇒ 生地の厚さと同じ幅に切りそろえる(私が切りましたが、幅はまちまちです)

そばを打ち終えるまでの工程

粉をふるいにかけているところ。

1.下準備 : そば粉と小麦粉に水を準備します。

2.準備作業 : 粉をふるいに掛けます。打ち粉も用意します。



3.木鉢作業

3.1 :水回し(加水) ⇒ そば粉(今回使用したのはそば粉 : 3割)と小麦粉をよくなじむように、大きく全体に混ぜ合わせます。
ボールに入った粉にグラスの水を約3分の2の水を加え、指先を使い粉に水が均一になじむように混ぜ合わせます。

3.2 : 粉に均等に水が回ったら、さらに残りの3分の2の水を加える。
残りの水を少しずつ加えながら、粉の塊が少しずつ大きくなるように丁寧に混ぜ、耳たぶくらいの硬さになるように水を微調整します。

3.3 : 練りこみ( くくり )
混ぜているとだんだん大きな固まりになってきます。ボールのカーブを使い生地の表面が滑らかになるまで力強く練り込みます。

3.4 : 練りこみ(菊練り)
生地を外側から内側へと中の空気を押し出すように回転させながらさらに練りこみます。
均等に練りこむ生地の中心(へそ)に均等にしわが入り、見た目が菊の花のように見えることから菊練りと言います。

3.5 : 練りこみ(へそ出し)
ボールのカーブで転がすように、両手の手のひらでしわになった部分を尖らせるように円錐状にしていきます。
へその部分のしわをなくすことにより麺棒で延ばしたときにしわが原因で切れることがなくなります。

3.6 : 延ばし準備
円錐の上を手で押しつぶして平にします。上下をひっくり返しビニール袋に入れ、ボール ・ のし台を片付けます。

4 のし台作業
4.1 : 丸のし(手のし)
打ち粉をして、のし台に生地を置き、手のひらを使い少しずつ麺棒で伸ばしやすい厚さまで丸く伸ばします。

4.2 丸のし(麺棒)
麺棒を使って生地を4〜5 ミリの厚さまで伸ばしているところ。

麺棒を手前から奥に転がし、生地を少しずつ回転させさらに4〜5 ミリ ほどまで伸ばしていきます。
端まで麺棒を転がすと 端だけ生地が薄くなりやすいので手前で止めます。

4.3 角だし
手前から麺棒に生地を巻き、麺棒を押しつけるように小刻みに転がして巻きしめていきます。この作業を何回か繰り返します。

この後、本のし(肉わけ ⇒ 仕上げ)の作業を繰り返し、たたみ作業 に進みます。
たたみ作業 :麺棒に巻き付けた生地を左から右に半分広げ、広げた生地にたっぷりと打ち粉をし、残りの半分を重ねます。

5.包丁作業
5.1 まな板にたっぷりの打ち粉をし、その上にたたんだ生地を乗せます。
5.2 基本は生地の厚さと同じ幅で切りそろえます。
5.3 ある程度切ったら手で余分な打ち粉を軽くふるい落とし、容器に並べます。
5.4 保存するときは乾燥しないようにラップなどで包み、冷蔵庫で保存します。

これまでの作業で無事「手打ちのそば」が打ち終わりました。

この後「手打ちそばのゆで方」の資料をもらいました。

自分達が手打ちしたそばと講師の方が作られたソバをゆでていただき、参加者全員で試食し「そば湯」もいただきました。

食べ方のアドバイスをいただき講座は終了となりました。

今日、妻がゆでてくれ「おいしく」いただきました。
講師のお奨めとして「焼酎のそば湯割り」を教えてもらっていましたので、それも味わってみましたが、焼酎のアルコール度数も低くなり、飲み味もまろやかでとてもグッドでした

中欧旅行アルバム 

2015年11月15日(日) 17時38分
 中欧旅行アルバム

長らくブログを更新していませんでした
夏バテによる体調不良 やパソコンの状態がいまいちでいつダウンするかわからない中での更新です

ブログの作成を私の「ライフワーク」の一つと考え、出来るところまで記事を作っていこうと決めています。
長い休止の中でもブログに訪れてくださったかたには感謝の気持ちで一杯です
これからもなかなか思うように更新は出来ませんが、また「虎キッチ日記」を覗いてくださるようお願いいたします

私達夫婦は平成20年4月に「中欧4カ国周遊 10日間」のツアーに参加しました。
残念ながら、その時のアルバムの作成が出来ていませんでした。
旅行から7年以上も経っており、アルバム作りのために残しておいた「資料」も紛失したりで、写真の説明を作るのに苦労しました。
幸い、ブログに細かく書いておきましたのでその内容を引き出してきたり、旅行ガイドブックを参照したり、インターネットの助けを借りてまとめることが出来ました。

(ハンガリー)  (スロバキア) (オーストリア) (チェコ)

いつものことですが、今回のアルバムも台紙が25枚もあり、それが3冊になってしまいましたので多数の写真を収めています。

7年半を過ぎてのアルバム作り、作業をしながら当時のことを懐かしく思い出させてくれます

10日間もかけて旅行するということはこの旅行が最後になってしまいました。
その後、海外旅行は「ハワイ」 「アラスカ」に行きましたが、何れも半分程度の期間でおさまる旅行でした。

もう体力的に海外へ出かける旅行は出来ないと思います。

高齢者教養講座 

2015年07月21日(火) 23時08分
  高齢者教養講座  

平成27年度の「高齢者教養講座」受講のため「菊水老人福祉センター」へ行ってきました。
今日は第4回目の講座になります。
講座は、健康講座「真向法(まっこうほう)で元気に@」です。

講師は真向法協会理事 吉崎 幸孝 氏 です。

「真向法」は、一日少しの時間でも継続して体操をすることによって、体力の老化をおさえることを目指しています。

今日、教えてもらったのは1回目ということもあり、大広間に集まって、畳の上に座ってする体操でした。
    第1体操 : 正しい座りは「赤ちゃんのおすわり」
身体が加齢で硬くなった私達にはなかなか思うように座れません。

第2体操 : 脚の背面を伸ばし、後ろ姿を美しく。これも背筋を伸ばして前かがみになるのになかなか前に傾きません。

    第3体操屈伸自在の柔軟な肝腎腰
大相撲の力士が怪我予防のためにする「股さきの稽古」のような体操です。

第4体操 : ゆったり伸ばして深呼吸。イラストのような状態で後ろに倒れることはとても出来ませんでした

「立つのがおっくう 歩くのがつらい」
    「ロコモ予防」のため「元気に歩こう」

筋肉や関節などの動きが悪くなって、歩行や日常生活の自立が低下する状態を「ロコモティブシンドローム(通称 : ロコモ)」といいます。
このまま放っておくと、やがて介護が必要となるおそれがあります。

    真向法体操は4つの動作

「真向法体操は4つの動作」で足腰の動きを柔軟にし、誰でも生涯自立した生活ができる心やからだづくりを目指しています。
「真向法」で元気に歩けるいろいろなワケ
: 筋肉を動かすことによって ⇒ 代謝アップ
: 股関節をやわらかくして ⇒ 転倒予防
: 骨盤を整え、正しい姿勢で ⇒ 歩行能力アップ

結婚披露パーティー V 

2014年12月14日(日) 23時38分
 結婚披露パーティー V 

「結婚披露パーティー」も予定通り進んでいます。

    会場のスクリーンの映像に見入っているところ

場所を移してスクリーンに映し出されるハワイでの挙式の「ひとこま」やアルバムから取り込んでもらった写真を懐かしそうに見ています。
出席してくださった方々も一緒に見てやって下さいました 

「披露パーティー」も予定通り進められ、新婦から両親へ「これまで育ててもらったこと」への感謝の気持ちが述べられ、新郎のご両親へは「家族の一員に加えてもらった喜びを述べ」、今後ともよろしくお願いします・・との気持ちを伝え、新婦の挨拶として結んでいました。

    新婦から両家の両親への感謝の気持ちと新たに家族として加えてもらったことへの喜びを挨拶の中で述べています。

両親への感謝の気持ちを表すため、結婚の記念品として二人の心からのしるしとしてプレゼントしてもらいました。
    母親には「ブリザーブドフラワー」が、父親にはハワイ挙式でプロのカメラマンが写した写真の「特製アルバム」 をプレゼントしてもらいました。

パーティーの開式から2時間を過ぎました。レストランではこの後にもう1組のパーティーが予定されているとのことです。
いよいよパーティー終了の時間が迫ってきました。

新郎より、パーティーに出席してくださった方々への挨拶が行われ、忙しい中を出席していただき二人の門出を祝福していただいたこと に感謝の気持ちを伝えています

    パーティーに出席していただいた方々に新郎より「御礼の挨拶」がおこなわれました

新婦を励ます父親

新婦からの「感謝の気持ち」を聞いて、こみ上げてくるものがあり、ウルウルしてしまいこのような行動にでてしまったようです。

これからの二人の幸せを願い「握手」で励ましています

パーティーの進行係の方から、出席してくださった方々へお礼を述べるためにとの案内に従い会場の出入口に「新郎・新婦と二人の両親」が場所を移しました。

    出席してくださった方々へお礼を述べるために会場の出入口に集まった「新郎・新婦と二人の両親」

    レストラン前の広場でパーティー出席者全員で写してもらった「集合写真」

    別れを惜しみながらの記念の写真撮影

: 娘を挟み私達夫婦と三人で写してもらったものです
「 姪 ・ 甥」も一緒に写っています
: ここで今日は二人との別れです。二人は衣裳の着替えのため2階に上がっていきます

    これから二人で始める人生を改めて契っています

ハワイ・ウエディングから始まった「S 君 と 娘」の結婚のセレモニーは今日の「披露パーティー」をもって終了ということになりました。

本人達の努力は勿論、多くの方々に支えられ「つつがなく」挙式 ・披露パーティーが無事に終わったことを父親として祝福したいと思います

これから二人で歩んでいく人生が二人にとって幸せなものであることを願って長かったブログの記事は一応終りといたします。

追記
長くかかっていたアルバムはやっと完成し、6月の中旬に渡すことが出来ました 

結婚披露パーティー U 

2014年12月14日(日) 23時05分
  結婚披露パーティー U  

S 君 の結婚披露パーティーもみなさんの協力で順調に進み「ドレスチエンジした新婦」のお披露目になりました。

いよいよ「ドレスチェンジ」新婦の登場です。新郎が横でエスコートしてくれています。

    パーティー会場に向かう新郎・新婦
:ドレスチェンジも終り会場への階段を上っています。
:パーティー会場の入口で入場を待つ二人。

    各テーブルに立ち寄り「キャンドル サービス」で二人の喜びを届けています

メーンテーブルのキャンドルに点火した新郎・新婦」

各テーブルのキャンドルに灯りをともし二人の幸せを分かち合ってやっとメーンテーブルのキャンドルにも幸せの炎を灯した新郎・新婦です。



続いて「三つ目のサプライズ」が準備されていました。
それは、新郎・新婦それぞれの「姪からの花束のプレゼント」です。

「プレゼンター」は偶然にも二人の姪とも「ほーちゃん」という名前です
    二人の姪から新郎・新婦への「花束」のプレゼント

    続いて「甥・姪」による手作りのレイのプレゼントです。

「ぎんちゃんとたっくん」から新郎・新婦へのプレゼントです(ぎんちゃんの顔が隠れてしまっています)
「さっちゃん」から新婦へのプレゼントです
「みっちゃん」から新婦へのプレゼントです

「花束と手作りレイ」をプレゼントした後、司会のお姉さんからインタビューを受けていました。

    新郎・新婦とともに記念写真に収まった「4人の姪」 「二人の甥」

4つ目のサプライズは「豪華賞品」 が当たる抽選会です。

    みんなお皿の底を確認しています。もしかしたら自分のお皿に「当たり」の印しがないか確かめています。

豪華賞品は「釜あげ姿ずわいがに」 「宮崎牛」 「辛し明太子」 「お取り寄せグルメ」 「季節のフルーツ」 など豪華なものばかりでした。

各テーブルで1人は当たるように考えて調整しているようでした。

「新婦のドレスチェンジ」「ヘアーメイク チェンジ」から始まった「結婚披露パーティー U」は各種の「サプライズ」などがあり、 このブログ では収まりませんでしたので、残りは新しいブログで掲載します   

結婚披露パーティー T 

2014年12月14日(日) 22時35分
 結婚披露パーティー T 

今日、9月はじめに「ハワイ オアフ島のザ・モアナチャペル」 で結婚式を挙げてきた S 君 の結婚披露がパーティー形式で 12時から行われました。

    列席のみなさんの祝福を受け「新郎・新婦」の入場です

披露パーティーはハワイ挙式から3カ月が経っていますが、挙式の際のビデオやアルバムの制作に時間がかかったところにレストランの都合などで延び延びになり、やっと今日の開催のはこびとなりました。

  パーティー会場の「レストラン envue : アン ヴュー」

結婚披露パーティーの行われた「レストラン envue : アン ヴュー」です。
西区の北堀江にあります。

そんなに大きなレストランではありませんが、列席者の人数から考えると適当な広さでした。

新郎・新婦は出席してくださった方々のテーブルをぬうようにメーンテーブルに進みました。
新郎・新婦の着席を待って、新郎のお父様の「乾杯」の発声を受けてパーティーは始まりました

    「乾杯の発声」の前にひとこと挨拶をされる新郎の父君

出席者に「乾杯」で祝っていただき、メーンテーブルでグラスを合わせる「新郎・新婦」

少しは緊張から解放されたのかゆったりした気分でグラスを合わせることが出来たようです


しばらくして出席者のみなさんがかわるがわるメーンテーブルまで来てくださり「お祝いの言葉」を伝えて下さいました

しばらく出席者の間でなごやかに歓談が行われ、やがて新郎・新婦による「ウエディングケーキの入刀」が行われることになりました

    新郎・新婦による「ウエディングケーキの入刀」と決定的瞬間をカメラに収めようと「メーンテーブル」に集まって下さった方々

続いて一つ目の「サプライズ」が用意されていました。
新郎・新婦、そして二人の両親がお互いの伴侶に今カットされたばかりの「ウエディングケーキ」食べさせっこするものです。

    父親からそれぞれの妻にケーキを食べさせているところです

 披露パーティーも始まって1時間近くになり、丁度中ほどになりました。

「新婦のドレスチェンジ」「ヘアーメイク チェンジ」の時間になりました。

ここで二つ目の「サプライズ」が用意されていました。

「新婦のエスコート役」「たっくん」が指名されました。

新婦を「エスコート」する「たっくん」

「たっくん」の顔の表情や身体の動きからしっかりと「新婦をエスコート」するという決意が読み取れ、その一挙手一投足が会場の皆さんにはより微笑ましく映り、会場のあちらこちらからほほ笑みや拍手が起こり感動してくださっていました

    無事にエスコート役を務め終えた 「たっくん」

全ての動作に緊張を隠しきれない「たっくん」でしたが、会場の外までエスコートし終わったあとは気分的に落ち着いたのか「ピースサイン」で締めています

「たっくん」のエスコートの写真ではもっと顔を隠すべきでしたが、そうすると微笑ましい表情を消してしまいますのであえて隠さないところも掲載しました。

主役の「新郎・新婦」を上回るような「たっくん」のエスコートぶりは会場の雰囲気をより和やかにする演出でした

「新婦のドレスチェンジ」「ヘアーメイク チェンジ」「結婚披露パーティー U」として新しいブログで掲載します。

無事 関西国際空港 到着 

2014年09月12日(金) 23時26分
無事 関西国際空港 到着

定刻の14時30分(現地時間)にホノルル空港を飛び立った「JL 791便」 は、途中で「日付変更線」を通過し、12日 18時20分に無事 関西国際空港 に到着しました。

    午後4時すぎに配られた機内食
来る時に食べた機内食と異なり「ハワイアン モード」 になっていました。

ホノルルから関空までの飛行時間は約7時間と聞いていましたが途中で「日付変更線」を通過し、日付は9月11日から12日になりました。

来る時は離陸してしばらく機体の揺れに苦しめられましたが、帰りはなめらかな飛行でゆったりと搭乗していることができました。

入国審査無事通過

スーツケースなどは新郎のご両親が確保しておいてくださり、私達がターンテーブルに着いたときにはすでに通路に並べておいてくださいました。
搭乗者が多く入国審査に時間がかかりましたが無事にパスポートに「帰国印」を捺してもらい、税関も通過して二人が出てくるのを待っていました。
新郎・新婦は復路も「ハワイアン航空」でした。
私達より5分ほど遅くホノルルを離陸した機体は、関空には早く着陸しています。
入国審査に時間がかかったのか、待っている時間が結構長く感じられました。

ようやく6人が揃いましたが、私達が乗る「京阪守口市駅」行きのリムジンバスは1時間に1本しかなく、発車時間が迫っていましたので、無事帰国を喜びあい、今回の旅行の全てにわたってお世話になったお礼もそこそこにバスの乗車口に急ぎました

    ハワイから持ち帰ったレイの数々

新郎のお母様に教えていただき、ホテルの部屋の冷蔵庫に新聞紙にくるんで保存していた数々のレイを持ち帰り、早速飾っていますが色々な色をした可憐なレイが部屋を引き立て、改めて「ハワイウエディング」の厳粛な挙式やみんなでお祝いのテーブルを囲んだシーンが浮かんできます。
これらのレイはしばらくの間綺麗な色を保ってくれていました。

今回の「ハワイウエディング」に際しては、新郎・新婦、とりわけ新郎のご両親には日本を経つ前から準備をしておいていただきました。

私が着るアロハシャツ・妻が着用するムームーを選んでいただいた他、ディナーをはじめとした食事の手配、土産物の購入のためのお店まで連れて行っていただいたり、ホノルルのパワースポットまで案内していただくなど ハワイで過ごした日時の全てにわたってたいへんお世話をおかけしました。

ブログの文面で失礼ですが、改めてお礼申します

これから若い二人を見守っていただくとともに私達家族とのお付き合いよろしくお願い申し上げます。

マハロ ハワイ 

2014年09月11日(木) 23時42分
  マハロ ハワイ  

S君と娘の「海外挙式」に参列するため9月7日から滞在していたホノルルとも今日でサヨナラです

    関空への搭乗機

: 新郎・新婦の搭乗機「ハワイアン航空 HA449便」
: 私達両親4名が搭乗した「JL 791便」

ホノルル空港へは11時にホテルを出発します。それまでかなりの時間があります。
S君のご両親から8時にホテル横の停留所からダイヤモンドヘッド方面を巡るトロリーバスが出ている。所用時間も1時間30分で日本語ガイドもあるのでそれを利用されては・・とのアドバイスを頂いていました。ご夫妻はすでに利用されたそうです。
私達も同じように時間を有効に利用することにしました。
トロリーバスに乗る前に簡単な朝食をすませました。

    レアレアトロリー「ダイヤモンドヘッドライン」

右の写真はバスが唯一停車した「展望スポット」。今日は空が曇っていたため、美しいハワイの海を見ることは出来ませんでした

定刻通りバスはホテルに帰ってきましたので、10時までにホテルのチェックアウトを済ませ、空港へ送ってくれるバスが来る11時まで荷物をホテルに一時預けします。

迎えのバスが来るまで「ロイヤル・ハワイアン・センター」の辺りを散策しました。

空港の待合室で搭乗する「JL 791便」を待っています。

予定通り空港までバスで送ってもらいました。
出国手続きに結構時間がかかりました。ホノルルでは靴まで脱がされて検査されました。
ようやく厳しい出国審査もすみ、出発時間の14時30分まで待合室で待っています。

「新郎・「新婦」は14時35分発の「ハワイアン航空」ですので、私達より少し遅くに来た時と同じように「リムジン」でホテルから空港まで送ってもらいます。

「新郎・新婦」の搭乗口と、私達の搭乗口はそんなに離れていませんでしたので、ハワイアン航空の搭乗口まで見送りに行きましたが残念ながら二人の姿を見ることは出来ませんでした。

「JL 791便」 は、定刻通りホノルル空港を飛び立ちました。
安定飛行にはいってしばらくすると眼下に「??環礁」が見えますとの機内放送がありました。

    機内放送を聞いて座席を移動して写した「環礁」

「環礁の名称」は聞きとれませんでしたが、濃い青や水色をしたハワイの海をカメラに納めることが出来ました  美しい海の色の中にサンゴらしきものも見られました。

ホノルルから関空までの飛行時間は約7時間と聞いていましたが途中で「日付変更線」を通過します。

「マハロ」とは、ハワイ語のかんたんな挨拶の一つです。
こんにちは: ハワイ語. Aloha(アロハ)
ありがとうは: ハワイ語 . Mahalo(マハロ) : 例文. Mahalo nui loa.(どうもありがとう)
・ おはよう: ハワイ語. Aloha kakahiaka(アロハ・カカヒアカ). こんばんわ: ハワイ語. Aloha ahiahi(アロハ ... 等々です。

「レストラン ・ サントリー」鉄板焼きディナー 

2014年09月10日(水) 23時30分
「レストラン ・ サントリー」鉄板焼きディナー

今回の新郎 ・ 新婦 誕生に伴うプログラムは今夜の「レストラン ・ サントリー」鉄板焼きディナーで全て終ります。
明日は、1組と2組の家族が別々の便で帰国します

今夜、ハワイでの最後の夜をみんなで楽しむとともに、新しい門出となる二人を送りだしてやるため、「S君のご両親」「レストラン ・ サントリー」鉄板焼きディナーを設けていただきました。

    「レストラン ・ サントリー」鉄板焼きディナー

レストランに行く前にロイヤル・ハワイアン・センター前の広場で曜日を変えて行われるイベントを観賞することにしました。
今日は「ハワイアン音楽の演奏とフラダンス」です。
若い二人も観てみたいと「モアナ・ホテル」からやってきました。
    「ロイヤル・ハワイアン・センター前の広場」で行われていた「ハワイアン音楽の演奏とフラダンス」

多くの旅行者が腰を下ろしたりして演奏に耳を傾け、フラダンスに見入っていました。
イベントの終わるのをまって「レストラン ・ サントリー」に向かいました。

「レストラン ・ サントリー」

「レストラン ・ サントリー」は、ロイヤル・ハワイアン・センター B館の3階にあります。
S君のご家族によると、この店は早くからホノルルで営業しているそうです。確か家族で20年前に来た時に食事をしたことがあると話していました。
    シェフの見事な包丁さばきで調理される「豪華な食材」

鉄板の上ではシェフが我々の目の前で「帆立 ・ 車エビ ・ アワビ ・ 伊勢エビ」などの豪華な食材を調理し、帆立や車エビを食べきるのを待って次はアワビから伊勢エビ といったぐあいにタイミングを見計らって盛り付けてくれます。

それぞれの具材に合った調味料を付けていただきましたが、材料が豪華で新鮮ですのでとても美味しかった

「レストラン ・ サントリー」での「鉄板焼きディナー」も終り、宿泊先の「シェラトン ・ ワイキキ」に戻ってきました。

    「シェラトン ・ ワイキキ」の建物の前で写してもらいました。

「新郎・新婦」「モアナ ホテル」に戻っていきます。
明日、ホノルル空港で帰国便を見送ってやることが出来るだろうか(顔を見れるかな)

かがり火の灯り の中で飲む「マイタイ」

ルームキーの入っている袋がサービス券になっているので、それで 「シェラトン ・ ワイキキ」「ラム・ファイヤー」でカクテルが飲める・・と教えてもらい、ホノルル最後の夜に「マイタイ」を味わってみることにしました。

「マイタイ」は、ホワイトラムをベースに、 ホワイトキュラソー、パイナップルジュース、オレンジジュース をミックスしたもので初めて味わうものでした。

しばらくの時間「マイタイ」を飲みながら「ホノルル最後の夜の雰囲気に浸り」、その後部屋に戻りました。

オプショナル ツアー 

2014年09月10日(水) 22時32分
  オプショナル ツアー  

オプショナルツアーは「マリンスポーツ」を予定し、水着も持って来ていましたが、ツアーを申し込む段階で無理だと断られました
やむなくグラスボートからサンゴ礁や魚を見るエコツアーに変更しました。
    船の甲板でパンをエサに釣り上げた「カネオヘ湾に生息する魚」

「天国の海」といわれる「カネオヘ湾のエコツアー」

ツアーは「カネオヘ湾のオーシャン エコツアー」です。

ホテルから大型車で待ち合わせ場所でツアー参加者を拾って目的地に行きます。
初めに私達夫婦、次の場所で8日に挙式したと言っていた新婚さん。そして次の場所では一度に10人の若者が乗り込んできました。
若者達は今回の旅行は費用全てを会社丸抱えの大名旅行だそうです。なんとも羨ましいかぎりです

グラスボート(オアフ島には一艘しかないそうです)でのツアーには2時間を要するので軽食を用意しておくようにとの要望を受けていましたので、車の出発前に「おにぎり」を買い込みました

ワイキキから「カネオヘ湾」までは約30分かかりました。
ボートの出航まで時間がありましたので時間は少し早かったけれど昼食を乗船までにすませておきました。

「カネオヘ湾」は、オアフ島に数多くある湾の中でも最も大きな湾となっています。
東オアフに位置し、ちょうど「ダイアモンドヘッド」の裏側にあたります。
ハワイ諸島の中でもカネオヘだけで3種類の「サンゴ礁」が見られるそうです。
    「カネオヘ湾」
: コオラウ山脈 ⇒ コオラウ山脈は約250年前に爆発した火山火口の一部だそうです。
: グラスボートの甲板。後方に「コオラウ山脈」が写っています。

    湾の中にある「砂州 : サンドバー」

地元の人々はボートで週末などにはこの場所で一日を楽しむそうです。この砂州では潮が引いているときは砂地が海の上に出てきてピクニックなどが出来るそうです。

グラスボートの底から覗きこんだサンゴ

ハッキリ判別出来ませんが「カネオヘ湾に生息する」サンゴの一種です。

「カネオヘ湾」には沢山の種類の魚が生息しているそうですが、今日は魚を釣るためにパン屑を撒いたときだけ集まってきますがあまり魚の姿を見ることはありませんでした。

    かすかに海面に姿を現した「アオウミガメの子ガメ」

時間になったのでグラスボートが向きを変え船の発着場へ戻ろうとしたとき幸運にも姿を見せてくれた「アオウミガメの子ガメ」
すぐ近くに2匹の親ガメの姿をみたのですが、ほんの一瞬だけでカメラに納めることは出来ませんでした(判別は出来ませんが海中に茶色の物体が写っていました)
海ガメは幸運を呼ぶ生き物としてハワイの人達には慕われています。

「黄色い花のレイ」

「グラスボート」のガイドのおじさんがプレゼントしてくれた黄色い花の「プアケニケニ」です。
9月8日に花が開いた時は真っ白だったそうです。(その日は娘が挙式した日です)
すぐに茶色に変わるので「ドライフラワー」にでもしなさい・・とのことでした。

乗船者は4名だけでしたが、今日(9月10日)が誕生日の人にプレゼントするとのことでしたが、誰もいませんでしたので、誕生日が一番近い人にプレゼントするとのことで、幸いにも9月生まれの妻がもらえることになりました

「グラスボートの底」が緑色がかっていたため、サンゴ礁も魚もハッキリ確認することが出来なかったのが残念です。
また、「グラスボート」がもっとサンゴ環礁の近くまで寄って行ってほしかったです。
なんだか少し物足らないツアーになってしまったように感じました。

10名の若者は「マリンスポーツ」を満足してきたようで、帰りの車の中では眠っている人もいました。

帰りも来た時と同じように約30分をかけて無事にホテルまで送ってもらいました。

今回の「ハワイ挙式」の最後は6人で「鉄板焼きディナー」を楽しもうということで午後6時に待ち合わせすることになっています。
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像jual tas online mangga dua
» 「ボニージャックス」コンサート (2013年10月31日)
アイコン画像torakitti
» 「ほーちゃん」満六歳 (2012年08月10日)
アイコン画像翔ちゃん
» 「ほーちゃん」満六歳 (2012年07月27日)
アイコン画像torakitti
» 歌劇「ロミオとジュリエット」 (2012年07月21日)
アイコン画像翔ちゃん
» 歌劇「ロミオとジュリエット」 (2012年07月17日)
アイコン画像齊藤重隆
» 千 昌夫 特別公演 (2012年07月01日)
アイコン画像虎キッチ
» 墨染寺の桜 (2012年04月19日)
アイコン画像以前お目にかかりました山根マス子です。
» 墨染寺の桜 (2012年04月19日)
アイコン画像とても参考になりました
» 「関西国際空港」に無事到着 (2012年01月18日)
アイコン画像モンクレール ダウン
» 「ボニージャックス」コンサート (2011年12月15日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:torakitti
読者になる
Yapme!一覧
読者になる