松戸市役所防災課を訪問しました(その2)

November 15 [Tue], 2011, 10:51
こんにちは。
今日もお寄りいただきありがとうございます。

前回に引き続き
松戸市役所防災課で伺った
お話です。

毎日午後2時と
夕刻の計二回の防災無線も、
防災課で行っています。

3・11でのいろんな経験・市民からの要望などにより
防災無線のスピーカーを増設するため
より聞こえやすいように
設置場所を探したり

現在、
調査をしています。

今ある防災無線は
約30年前に建てられたものだそうです。

その頃は
マンションなど高層の建造物が
今ほど多くはありませんでした。

昔はスピーカーからの声が
伝わりやすかったのでしょう。

また、スピーカーからの音が
かぶってしまうのを防ぐため

現在129基ある防災無線は
近いところ同士はタイミングを数分ずらして
音を出すようにしています。

そのため
防災無線が時間差で
二回聞こえるエリアもあります。

私の住んでいるあたりも
二回聞けます。

ただ
風向きによってか
何度聞いても聞き取れない日もあります。

一度ですんなり理解できる時もあります。

防災課には
うるさいといった苦情から
男性・女性それぞれの声に対する注文、
または聞こえないという申し出など
いろいろあるようです。

防災課の方々のお話から

これらの問題を改善すべく
試行錯誤されている様子が
よく分かりました。


松戸市防災マップには
前回お話した備蓄倉庫や
防災無線などについて

その設置場所、規模など詳しく
書かれています。

また、地震だけでなく
洪水に対する危険についても
必要な知識が載っています。

拙い私の質問にも
丁寧に答えてくださり
松戸市防災課の方々には
本当に感謝しています。

どうもありがとうございました。







松戸市役所防災課を訪問しました(その1)

November 14 [Mon], 2011, 21:30


こんにちは。
今日もお寄りいただきありがとうございます。

上の写真は
子供の通っている小学校の
校庭に置いてある
分散備蓄倉庫です。

今まで
校庭の片隅にある
このコンテナを
気にしたことはありませんでしたが。。。

松戸市役所防災課を訪ねて
お話を聞いてみました。

この中には

アルファ米
ビスケット
発電機
担架
防水シート
毛布
簡易式トイレ
トイレットペーパー
ライト
おむつ
生理用品
などなど・・・

これらのものが
定期的に点検・交換されています。

想定の基準は
松戸市直下震度6弱
避難者市内全域で約6万人

食料は
一日分だそう。

このような
コンテナが
市内に28ヶ所あります。

近所の小中学校には
ありますか?

一度、確認してみると
いいかもしれません。

コンテナは
普段はカギがかかっています。

どのコンテナも共有の
同じカギを

学校、消防署、市役所防災課で
持っています。

ちなみにこのコンテナ
1台用意するのに約400万円
かかります。

防災課では

「高額なものではあるが
避難所に備蓄倉庫が設置されるのは
重要なことであるので
これからもっと
設置をすすめていく」

とのこと。

また
お話を伺って
興味深かったのは

緊急遮断弁装置

大きな地震を感知すると
自動的に水道の弁が閉じます。

そして
学校などの水道のタンク内の水が
非常用に確保される、
というもの。

そのタンクに
直接、蛇口をつけて
水を供給することができます。

この装置は
今のところ7ヶ所に設置されていますが
今後も増やしていくそうです。

____________

防災課で伺ったお話は
まだ続きます。











やったね松戸市!

November 10 [Thu], 2011, 11:33
速報です。

松戸市は、ついに平成27年度末までに、
市内すべての小中学校の耐震化を
正式に決定しました。

しかも
具体的に学校名をあげて
この先の計画を公表しています。

すばらしい進展で、びっくりしています。

詳しくは
http://www.city.matsudo.chiba.jp/var/rev0/0012/3538/taisinkaisyuu.pdf

改めて
未改修の学校の低いIs値を見ると

一日も早い工事と、
工事完了までには
大きな地震が来ないことを
祈るばかりです。

これまで学校の耐震化に
関心を寄せて
ブログを読んでくださっている皆様も
とりあえずは
安心されたのではないでしょうか。


5月の署名活動に始まり

たびたびご協力いただいている
市役所の方々に、
この場で
お礼を申し上げます。

工事完了まで
引き続き
よろしくお願いいたします。

学校を防災拠点に

November 06 [Sun], 2011, 20:31
こんにちは。
今日もお寄りいただきありがとうございます。

前回の「備蓄倉庫について」で疑問に感じた点を
市役所に確認したところ

11月11日に市役所 防災課にて
詳しい話を
伺えることになりました。

その内容は、後日このブログで
お話ししたいと思います。

また
先日の記事によれば

文部科学省の来年度予算に
防災強化事業
多く盛り込まれているそう。

例えば
学校の避難所機能の強化
防災教育の充実など。

3.11では
たくさんの学校が避難所になりました。

これを踏まえて
今回の予算案計上となったようです。

具体的には

水や食料を備える倉庫や
自家発電機の設置
高台への避難路の整備
暑さ寒さを和らげるための高断熱化を進める

などなど。

松戸市がまさに今、
進めようとしている事業を
国も後押ししている、

そんな感じなのでしょうか。

また
文科省は

避難してくるお年寄りや
障がい者に配慮し

出入り口にスロープをつけるなどの
バリアフリー化の補助の緩和

和式中心のトイレを
洋式の節水型トイレに切り替える

なども
事業に盛り込んでいるそうです。

学校の早期耐震化についての費用も
この中から充てられるとのこと。

これから国の予算の概算要求して
それがこの松戸市に
いつどんな形で反映されるのか

知りたいところです。

とにかく
学校の校舎耐震化に
さらに拍車がかかれば、と
思います。

文部科学省の
予算に盛り込んだ事業については
まだ他にもありますので

これは次回に
お話ししたいと思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。
























備蓄倉庫について

October 30 [Sun], 2011, 19:59
こんにちは。
今日もお寄りいただきありがとうございます。

朝夕は随分冷え込むようになってきましたね。
でも、着込んで出かけると、
日中は汗ばんだりする日も・・・。

風邪が流行ってるみたいだし
気をつけましょう!

さて
今日は「松戸議会だより」から
気になった一般質問

市内の防災施設の備蓄倉庫を
どのように充実させていくのか、というもの。

現在、市内小中学校等68箇所のうち
24箇所に
いろいろな物資が備蓄されているそう。

たとえば
アルファ米などの非常用食料
簡易トイレ
発電機
毛布
投光機

などだそうです。

   食料が何人、何日分くらいあるのでしょう。

   何人くらい避難してくると想定しているのでしょう。

   ?投光機とは?
   要するに大型の照明器具ですが
   いろいろな種類があるので
   実際に
   どんなものなのでしょう。

   くわしく知りたいです。

また

「これら市の備蓄については
市ホームページでお知らせしたい」

と市の執行部が
回答していますが

9月定例会から今日現在まで、
まだ掲載がされていないので
このことも確認してみる必要がありそうですね。

さらに
市の回答では

「収容避難所の近くに
備蓄倉庫が設置されることは
非常に重要なことだと考えているので

今後も小・中学校へ分散備蓄倉庫の設置を
進めていきたい」

とのこと。

この回答の後
市では、どのような計画がたてられたのか?

備蓄倉庫となっていない小中学校は
付近の住民が避難してきても
ただ場所を提供するだけです。

これまで私は
小中学校の耐震補強は
地域住民の避難所としても
重要なことだと思ってきましたが

耐震補強とあわせて
こうしたソフト面の強化も
とても大切だと
気付いたのでした。

「これから予算を申請するので
予定は未定、計画は予算確定前には申し上げられません。」

そんなご回答となりそうではありますが
とにかく
少しでも、今、こんな方向性で努力してます、

市役所担当課から

そんな話が聞けたらいいな、
と思いつつ

今日のブログを終わりたいと思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:とらちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
読者になる
最新コメント
アイコン画像tiru-tiru
» やったね松戸市! (2011年11月10日)
アイコン画像とらちゃん
» 松戸市役所にて (2011年09月19日)
アイコン画像tiru-tiru
» 松戸市役所にて (2011年09月19日)
アイコン画像たまのすけ
» 署名活動のきっかけ (2011年07月10日)
P R