ワルイ仲間(笑)。 

2017年06月26日(月) 0時15分
バットカンパニーやわ、全く。横浜のカフェLIVEオレンジ。オレンジだよ、俺ン家じゃないよ、オレンジです。
二部に分かれてのLIVEでしたが、かなり二部が長かったよね^_^。二部だけでいつものLIVEのプログラムとほぼ同じ。更に、一部もあったんだからねぇ。
最後は、ヤッチも交じってのアンコール。楽しくやりました。楽しかったから、いつもは自分はあまり写真に写り込まないよにしてたけど、ヤッチと2人で仲良く写真に収まってみました。どもども…アリガトウ御座いました。


今更、946…。 

2017年06月18日(日) 10時39分
ずっと前から掲げられてたんだろう、946。見るからに使いこまれた風情の946。もう、何度もこの看板を見てたのに初めて気付いたなんて何ともマヌケな感じです。釧路だもんね、946。普段からダジャレには、慣れ親しんできてるのにねぇ。今朝になって帯広へと向かう列車に乗ろうと釧路駅に来て、あらぁ…946ってさ釧路じゃん(笑)。何と、見てるよで見てない自分に呆れる。いつ何時に何が起きるかわからない世の中。先日も高速道路の反対側車線から車がすっ飛んで来るなんてニュースが流れてた。ちゃんと見るべきものを見てないと危ないね。
さて、車窓を流れる景色をちゃんと堪能しなが、移動します。今日もLIVE。


祝い事。 

2017年06月10日(土) 9時56分
先日の京都円山野外音楽堂でのエコイベント。そして、昨日は吉祥寺曼荼羅の1番新しいLIVE施設の9thイベントでした。イベントの時には、いつもと違う面々と色々な
話しをするのも楽しみですが、何と言っても自分自身の今の立ち位置を確認するのにも有効なひと時です。
吉祥寺曼荼羅グループは、歴史も古くて、最初は喫茶店からスタートしたと聞きます。1番新しいLIVE施設がGBって昨日の会場になる訳ですね。来年は、10thって事になるのですね。昔なら10年ひと昔…なんて事を言うのだけど、今は10年なんて瞬きする間に時間が過ぎます。来年もまたイベントに呼んで頂けるよに自分も一生懸命に演ろうと思う昨日でした。
さて、今週末もLIVE三昧だわぁ。


仙台からいわきに移動。 

2017年06月04日(日) 14時56分
仙台を後に、常磐道でいわきに。途中でのパーキングエリアで相馬野馬追の立派な人形?馬形?かな。
以前からとても興味のあった国指定の重要無形民族文化財になってる相馬のお祭りです。毎年、7月下旬に3日に渡り祭りで、出陣から始まり、御行列、甲冑競馬、神旗争奪戦と続いて、3日目は野馬懸。最後の野馬懸は、唯一昔の面影を残す神事で、荒馬を素手で押さえ込み捕え神前に奉納する古式にそう行事との事。
いつか、実際に目の当たりにしたいと以前から思ってる行事です。ただ、週末は必ず何処かでLIVEだからなぁ。あぁ、今年もまた観れないのねぇ。
さて、今日はいわきでLIVEです。ヨロシクねぇ。


池の畔…。 

2017年05月28日(日) 12時57分
六角参りは、毎度欠かした事がない。もうこうなると、京都に来ておきながら素通りも出来ない感覚となっている。
六角堂の裏手には、実は六角の成り立ちを示すかのように湧水が湧き、聖徳太子が沐浴をしたと伝えられる小さな池がある。写真では、解り難いけど奥に今でも泉が湧く。花道の池坊は、ここからの始まりでもある。池の畔の坊さんって事かな。
京都は、夏のような陽気になった。円山野外音楽堂でのLIVEも楽しくやろう。



北九州。 

2017年05月21日(日) 9時18分
昨日、羽田から空路にて北九州空港へ。空港から小倉までバスで移動して、JR在来線(門司港行き)に乗り継いでひと駅で門司に。終点の門司港駅は、バナナの叩き売り発祥の地。駅舎も趣きのある明治大正の洋館建築だ。
LIVEには、地元の方々もいらっしゃって楽しく時間が過ぎた。小倉に戻っての宿泊だったけど、夜の窓からの眺めが凄かった。朝起きての眺めは、あぁ…工場が幾つもあるのだなぁと。煙突からは、白い煙がもやもやと出るのが見える。これが、夜となるとなかなかの見応えだった。青い炎、真っ赤に立ち昇る炎の競演を目の当たりにして、これが教科書(随分と昔の話し…)北九州工業地帯なんだと改めて思った。製鉄業に携わる人は、24時間体制なのかなぁ?。夜の炎は、『俺たちゃッやってるぜッ』と言ってるかの様だった。
今日は、博多に行きます。『俺も演ってるぜッ』ってな事です(笑)。皆さんも、俺が演ってる姿を見に来て下さい(笑)。


伝説のある場所…。 

2017年05月04日(木) 14時54分
GWの後半の4日、今日は岡山に来ました。日本には太郎伝説が3つありますね。浦島太郎、足柄山の金太郎、そして岡山の桃太郎ですね。携帯電話のCMでもお馴染みです。足柄山の金太郎は、実在の人物との謂れがありますが、浦島と桃太郎はどうなんだろ?。伝説として話しが脈々と残るのだから何かしらあるのだなぁと思います。
が、しかし岡山で桃太郎ってのは些か街を知って貰う為に後付的にって見方もあるらしい…。ミステリーかなぁ、どうなんだろ。でも、そこも含めての伝説のある場所、ロマンって事ですね。実際、岡山の桃は美味いし(笑)。勿論、マスカットもね美味いッ。
しかし、凄い青空だね。岡山は、いつも晴れってイメージだなぁ。今日も一生懸命歌いますねぇ。


愛溢れる微笑み。 

2017年04月22日(土) 19時15分
近江八幡にLIVEに来るのは、2年ぶりになるか?。写真は、会場建物の建築模型。この会場オーナー奥様の旦那様の設計だと以前聞いた。この模型からも愛が溢れ出る感じがするけれど、実物は更に愛に溢れている。奥様の手による手芸品が飾られ、その温もりが至るトコに。2階へと上がる階段には鯉のぼりのパッチワークの小さなタピストリーが季節を彩る。
SMILE…。愛溢れる微笑みだ。


駿府。 

2017年04月16日(日) 22時51分
この週末は、東京と静岡でのLIVEでした。東京は、学芸大学。静岡は、いつものマキタさんトコ。
桜も満開の盛りを過ぎて、花びらが舞う様子もなかなかのものです。
駿府城。かなりの広さの駿府城公園ですが、お城の面影はこの一画のみ。それでも自分が子供の頃に比べたらかなり公園も含めて整備されました。家康という人は、かなり健康オタクだったらしく、自分で城の中に薬草栽培をする為の畑まであったとの事。そして、江戸を開く際にも静岡のこの地で江戸のシュミレーションまでしたらしい。かなり用意周到な性格ですね。
子供の頃と今の自分。かなり物の見方や見え方が違ってきてるなとつくづく思います。そう思うと、昔行った事のある場所にまた今行ってみたいとも思う。昔見えてなかった物が今見える可能性もあるかも…。
そう思うとまだまだ気付かずにいる事がいっぱいあるのだなぁ、なんて今更の様に思います。ちょっとの時間に駿府を歩いてみて今日は良かったです。アリガトウ。


風に舞う…。 

2017年04月07日(金) 15時39分
些かのお遣い物を求めに渋谷へ。百貨店の地下より地上に出、246を渡った先、ずらりと並ぶ桜まつりの提灯の列。桜まつりに協賛する地元の商店の名前が連なる提灯が、何とも味わいのある風景を作り出していた。勿論、その先には見事に満開を迎えた桜並木が坂の上に向かい続く。今日は、生憎の風の一日。風に舞う花びらがヒラヒラと行き交うお勤めの方々の背広にひとひら、ふたひら…。
用事を終えた帰り道。幾つかの学校の前を車で通りかかる。今年は、開花から満開まで時間を要した為か、丁度満開を迎えた桜の下での入学式。校門の上に掛かる桜を入れながら、写真を撮る親御さんの笑顔が印象的だった。
桜は、人を笑顔にする。見ている此方も笑顔になる。笑顔の連鎖…。桜は、そんな素敵な季節の贈り物だと思う。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tora2002-tu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる