沖縄のダイビングの為にカードを取得する利点

August 22 [Fri], 2014, 14:48
沖縄でダイビングを十分に満喫するには、やはりライセンスを取得する方が良いと思います。
ライセンスを取らなくても、ダイビングを行う事は一応可能です。
ただその場合、利用できるダイビングの数が限られてしまうのです。

もしも沖縄でライセンスを保有していない場合は、体験ダイビングを利用するしかありません。
しかしそれだけでは、ちょっと数が少な目です。
沖縄の海をもっと深く満喫したいようでしたら、やはりライセンスを取得する方が良いと思います。

ではどうすればライセンスを取得できるかと言うと、ショップのお世話になります。
ショップを経由してのライセンス取得は、たいてい数日間かかります。
1日のみではありません。
たいてい2日がかりなど、複数日程で取得を目指すものになります。

1日目ですが、たいていは机上での知識習得になります。
2日目にはプールや海を利用して、潜るために必要な事を体感するという流れです。
そしてめでたくライセンスを取得すると、カードが発行されます。

沖縄で存分にダイビングを楽しむ為には、このCカードが重要です。
そのカードを保有していないと、自力でのダイビングをする事はできません。
上記のようにダイビングがかなり限定されてしまう以上、
Cカードは取得しておいた方が良いでしょう。
今が、沖縄ダイビング日和ですから急いだ方が良いですね(笑)

なお沖縄のショップのホームページを見ると、たまにファンダイビングと記載されている場合があります。
ファンという名称がつく場合は、Cカードが必要になる訳です。
体験ダイビングよりもファンダイビングの方の数が多いので、
深く楽しむ為にはCカードは必須だと思います。

とにもかくにも、安全に潜ることが大切ですからね。
事故や怪我が無いように楽しんでくださいね。

いつの時代もそうですね

June 17 [Tue], 2014, 19:11
日本が尖閣諸島国有化をしましてから、隣国の動きが慌ただしいですね。

特に赤い国旗の国に関しては、沖縄県も中国のものなどと言い出す始末、どうしましょうかね。
あの国は色んな国と領土問題を争っているそうで、欲張りなのですよね。
世界中の国からどう見られているかなど考えたことはないのでしょうか、可哀想な人たちです。
国民が可哀想ですよね、本当に。
いつの時代でもそうですけど、国同士の争いは絶えないのですよね、
でも国民同士は繋がっているという。

今後も根気よく話し合うしかありませんね。 安倍総理の態度も
毅然としていて良いと思います、 強い日本を取り戻そうではありませんか。

それから、遺産相続と争いごとということも、昔から切れない縁ですよね、はぁ(溜息)。
わたしの義理の兄の家で、まさに今起こっているのが相続ならぬ「争続」ですよ。
このままでは、このタイミングで家族がバラバラということになってしまいますけど、
それでも良いのでしょうかね。

義理の兄は、相当我慢しているみたいですけど、その我慢がいつまで続くことやら。
今週末は義理の兄の家に遊びに行く予定なのですけど、疲れていないですかね。

先に相続の手続きを終わらせてからの方がいいのでは?と提案してみたのですが、
お姉ちゃんが言うには、逆に気分転換が出来るからと、予定は変更していません。
遺産相続って本当に大変なのですね。

お義兄さんも、相続放棄手続きを進めると言っていましたので、
特に大きな問題にはならないと思うのですよね、実際問題。

ウォーキングデッド

March 25 [Tue], 2014, 10:31
映画やドラマが見放題のオンライン動画配信サービスhulu。
数ヶ月前、お試しで利用してみてすごくよかったので、今も毎日利用させてもらっています。

で、ここ最近寝不足になるほど、はまりにはまっているのが海外ドラマ「ウォーキング・デッド」。
もともと、グロイのはダメなんですけどね。
そんな人にはまったくおすすめできない、サバイバルゾンビドラマですけど。



でも、単なるゾンビドラマとは決して思えなくて、
究極状態での人間の心理だったり、
人間関係だったりがすごく細かに描かれていて、
もし自分だったらそうするかもな・・・と置き換えられるような気持ちになるというか。

それとダリル役のノーマン・リーダスがめちゃくちゃかっこいい。
ゾンビだらけで女性が見るにはかなり勇気がいるこの映画のなかで、唯一癒やしとなるかっこよさですね。

まだシーズン2を見始めたばかり。
オンラインではシーズン4までもう話しが進んでますから、
毎日早く続きが見たくて、いかに早く子供達を寝かせるか、それに命をかけてますね(笑)

スイミングのおかげで

March 24 [Mon], 2014, 10:23
うちの長男がスイミングを始めたのは今から1年前のことでした。
今まで年少さんの頃から体操を続けてきたのですが、幼稚園の年中さんになって、
初めて自分からやりたいといってきたのがスイミングでした。

私ももともとスイミングは健康のためにも、体力をつけるためにも
いつかやらせてあげたいなぁと思っていましたので、
本人から言ってきたことがとても嬉しかったですし、すぐに体験コースの申込をしたのです。

もともと、水遊びが大好きで、小さいころからプールや川でも全然へっちゃらだった息子は
スイミングに慣れるのもスムーズでした。
顔を水につけるのに恐怖を感じる子もすごく多いと思うんですけど、
うちは、シャワーも頭からじゃぶじゃぶかける派。
その部分では幸いくじけることはなかったようですね。

ちょっと難しいレベルにチャレンジするときに壁にぶつかってしまうと、
最初は、すぐにできない、と諦めてしまっていましたが、
この1年で、諦めないで何度もがんばればできる、ということを身をもって学んだようで、
精神的にすごく成長したな、と感じますね。

私自身、スイミングを小さい頃からやってきました。
そのおかげで、もともと喘息気味だった弱い体も丈夫になりましたし、
なによりもともと少し怖がりなところもあったんですけど、
水への恐怖心がなくなって、学校でのプールの授業も楽しくてたまりませんでしたね。

泳ぐことが大好きになった私が、ダイビングに興味を持ったのも自然な流れで。
初めてダイビングをしたのは高校2年生の夏でした。
先輩ダイバーに連れられて、初めての沖縄ダイビング。
たった1回で、完全にはまってしまった私は、バイトしながらダイビング代を稼いでは、
しょっちゅう海へ出かけるように成ったのです。

子供ができて、少しダイビングとは離れてしまいましたが、
また、いずれ今度は子供とダイビングができるかも、と今は密かな夢を抱いています。

任天堂ってすごい

March 20 [Thu], 2014, 10:18
2014年3月期、250億円という莫大な赤字をだした任天堂。一時は、DSやWiiなどで、世間の流行を常にリードしてきた会社ですが、最近のスマートフォンの普及で、ゲーム業界自体の不振の煽りをまともにうけた結果といえます。

驚くことに、このまま毎年250億の赤字を出し続けたとしても2052年まで存続できる、ということです。
過去の業績がいかにすごいものだったのか。
銀行や有価証券だけでも1兆円ほどあるといいますから本当にすごい、の一言です。

そもそも、この会社は創業からすでに100年以上。
たかが250億、ということなのかもしれませんね。

過去のブームって、めぐりめぐって大きなブーム再燃となることも多々あります。
私の息子はまだ5歳ですけど、私が子供時代から見てきたマリオが今一番大好きですし、
もし、任天堂のテーマパークみたいなものができたら、間違いなく流行ると思うんですけどね。

最近、少しテーマパークも飽和状態というか、斬新さがなくてつまらない気がします。
任天堂のゲームをしたことがないっていう人のほうがきっと少ないと思いますので、
その認知度をいかせば、幅広い世代にうけるような気がしますけどね。

親子旅行

March 19 [Wed], 2014, 10:08
先日、両親と2度目の沖縄旅行へ行ってきました。

1度目はもう10年も前の話。
あの頃と何が変わったかといえば、やはり私自身が結婚して、子供を産んだということでしょうか。

今回、子供達を私の夫が見てくれるということで、念願の親子旅行が実現したわけです。
私と妹で、両親に何か親孝行できることはないかな、とずっと考えてきたんですけど、
やっぱりこうやっていつまでも元気に一緒に旅行したりできるということが
一番の親孝行かな、と、そういう結論でした。

旅行の場所に沖縄を選んだのには理由があって。
何といっても、両親にとって沖縄が思い出の地だから。
両親の共通の趣味がダイビング。

もうダイビング歴は30年にもなりますから、かなりのベテランです。
初めて二人が出会ったのが沖縄ダイビングをするために訪れたダイビングショップ。
共通の知人が、そのショップに勤めていたとかで、話をするようになり、
そこが、両親の出会いの場となったのです。

両親が出会ったからこそ、私達が今いるわけで、
ダイビングをしていなければ私達もいなかった、と思うと、なんだか不思議な思いです。
そんな私達姉妹も、20代前半に、二人揃ってダイビングをはじめました。
まだまだ、両親には及びませんが、海の楽しさにはまりつつあります。

両親は、それはそれは喜んでくれました。
私達と一緒に沖縄へいけること、好きなダイビングをこの歳になっても続けていられること、
また、娘達もダイビングを始めたことがなによりも嬉しそうでしたね。

水中で家族写真も撮ってもらいました。
一生の宝物です。
これからも両親にはいつまでも健康で長生きしてほしい、そう思っています。

石垣島と竹富島

March 18 [Tue], 2014, 11:33
ダイビングといえばなんといっても沖縄!!
私は、今までいろんな海で潜ってきましたけど、結局たどりついた答えはそこなんです。
何度他の海に潜っても、沖縄以外に浮気はできません(笑)

なにがそんなに違うかって?
それは海の透明度、それに尽きますね。
例えばですけどね、沖縄もぐって、そのあと江ノ島行きます。
そうすると、テンションは相当違ってきますからね。
いや、江ノ島は江ノ島でいいんですよ。
何といっても私、江ノ島出身なので。地元は大切!
でも、それとこれとは話が別で。
ダイビングを始める方には、ぜひ沖縄を体験してもらいたい、そう強く思いますね。

先日、石垣島と竹富島に行ってきました。
今回一番感動したのがスズメダイの大量の群れとサンゴのコラボ。
あー石垣島でダイビングしてるんだなー!ってすごく実感しました。
スズメダイの群れとサンゴの中をちょろちょろと泳ぐカクレクマノミもかわいくてかわいくて。
まさにファインディング・ニモの世界でした!

下の砂地までくっきりと見える透明感ある海。
本当に何度来てもまた来たくなる場所ですね。
毎日、仕事中に、今度はどこへ潜りに行こう~なんてことばかり考えてますから
かなりの重症ですね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:toppo0318
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる