世界一受けたい授業の料理レシピ2月5日:レミントン

February 13 [Sun], 2011, 9:44
2月5日の世界一受けたい授業ではパティシエの「中川二郎さん」が「レミントン」というお菓子の作り方を教えてくれました。これは、日本では高級なお菓子としてホテルなどで提供されているようですが、オーストラリアの家庭ではよく作られているポピュラーなものです。

レミントンは、普通はスポンジケーキを使いますが、このレシピではどこにでも売っている「カステラ」を使っているので簡単に作れます。


材料


・市販のカステラ  適量
・チョコレート  100g
・牛乳  90cc
・ココナッツパウダー  適量


作り方


@市販のカステラを3cm角くらいに切り分けます。
Aチョコレートを溶かして牛乳を混ぜ、チョコレートソースを作ります。
Bこれに切り分けたカステラを浸して、チョコレートソースを全面につけます。
Cそして、ココナッツパウダーをまぶします。
Dあとは冷蔵庫で冷やせば出来上がり。


このレミントンというお菓子はバリエーション豊富に作ることができます。普通はココナッツパウダーをまぶしますが、抹茶パウダーでもおいしくなります。中身がカステラで和菓子ですから、抹茶パウダーはよく合います。他にはきな粉や黒砂糖も使って、バリエーションをもたせるとお茶を飲むときに楽しくなります。簡単にしかも大量に作ることができるので、友達にあげたりみんなで楽しむバレンタインチョコとしても使えます。

それと、もう少し簡単に作る方法として、ココナッツパウダーを入れた袋にチョコレートソースをつけたカステラを入れて軽く振ると、簡単にパウダーをまぶすことができます。

スポンサードリンク
  • URL:http://yaplog.jp/topics463/archive/498

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者としてのGoogleはcookieを使用して広告を配信しており、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにするためには、ユーザーはGoogleの広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookieオプションを使用しないように設定することができます。