翡翠の勾玉の形の意味

January 18 [Fri], 2013, 11:35
(翡翠)唐朝時代から造形とその比喩するもの現在では、様々な種類のパワーストーンでつくられた勾玉がありますが、古代では本翡翠を材料にしてつくられた勾玉が多く、(リング)他にはガラスや水晶などの勾玉があります。(ネックレス)勾玉の形は、太陽と月が重なり合った形を表し、太陽と月のパワーを得ることで幸運を呼ぶという効果があるとされています。
また、(翡翠)牙や月、胎児、魚などの諸説もあります。翡翠の勾玉は翡翠のように硬く、美しい石で胎児をつくり、そこに神霊が宿り、私たちにパワーを与えてくれるという効果があるという説もあります。(リング)翡翠の勾玉は祖先とのつながりを持つとされていて、困った時や悩んだ時に翡翠の勾玉をにぎると、祖先の声が聞こえてくる、そして判断力を高めてくれる効果があるとされていたようです。(ネックレス)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:翡翠
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tophisui07/index1_0.rdf