テーラーメード r1覚えておくと良いだろう

August 22 [Thu], 2013, 16:08
   距離のショットを どうすべきかを考えて欲しい。なお、肩の動かし方については バック・スイングで垂直モーションを主体にし、人気ゴルフクラブフォーワード・スイングで水平モーションを入れると言うような方法もあり、そうした方法が 距離の短めな (チップ) ショットなどでは 有効だと言うことも覚えておくと良いだろう。


  
  いずれにしても、自分の打ち方を研究する上で知っておいて欲しいことは 距離の短いショットでは 垂直モーションをより使うような肩の動かし方でも良いが、50ヤード以上のショットは、水平モーション主体のスイングの方が安定性が高くなるということ、 そして、r1 テーラーメイド肩の動かし方の違う二通り (場合によっては、何通りもの) スイングでは、腕の振り方が異なる訳だから、どんなショットをするかと言う観点からは、その二つの点を 確り 整理しておく必要があると言うことだ。また、練習では 使うクラブとバック・スイングの大きさ (肩の回転と腕の振り上げ)、ボールの位置、フェースのセットアップの仕方、クラブの引き方やコックの入れ方、テーラーメード r1腕の振り方とクラブの重さの使い方、下半身 の使い方、スイングのテンポとスピード。
  
  フォロースルーとフィニッシュの取り方など 色々な組み合わせを試して 結果にどのような変化が起きるかを良く観察して見よう。

詳しくこちらへ:テーラーメイドR11原則などが判断材料になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/topgolfclubs/index1_0.rdf