【 更新情報 】

スポンサードリンク

歯磨き方法

歯磨きの方法、すなわち歯磨きをする時のコツは、歯ブラシを細かく動かすことです。
そして、細かな動きで、縦に動かしたり、横に動かしたりすることです。

歯磨きの方法を口頭で説明するときの一番わかりやすい説明としては、細かな動きは、ケータイのマナーモードのように振動させるような方法...というと納得が早いです。

歯磨きの方法は人それぞれですが、大雑把に歯ブラシを動かすと歯と歯の間の小さい汚れなどがしっかりと落ちません。
奥歯ほど、歯石(汚れ)がたまりやすいので、奥歯は、磨きづらいですが、丁寧に1本1本磨くようにしましょう。

歯の後ろ側も意外に汚れが残っています。
歯ブラシを後ろ側から当てて磨きましょう。

歯磨きの方法として、ながら磨きがあります。
何かをしながら歯を磨く、歯磨きの方法です。

長時間、歯を1本1本丁寧に磨くには、最低でも10分間ぐらい欲しいところです。
しかし、忙しくて10分間も歯磨きのために時間が取れない人もいるかもしれません。

そんな人は、テレビを見たり、本や新聞を読んだり、お風呂に入りながらなど、何か他のことをしながら歯を磨く「ながら磨き」をお勧めします。

歯磨きの方法として、ながら磨きを身につけて、ながら磨きに慣れれば、簡単に長時間、歯を磨くことができます。

歯磨き指導

歯磨きの指導を、最近は歯医者さんなどで受ける方が増えているそうです。
歯磨きは、虫歯を防いだり、口腔内の病気から守るために、もっとも効果的な方法です。

しかし、ただやみくもに歯磨きをしていても、きちんと口腔内の歯垢が落とせていないと、全く意味がありません。
そこで、最近では、近くの歯医者さんなどに、歯磨きの指導をしてもらう方も増えています。
これまで、歯磨きの指導の対象といえば、子供が多かったそうなのですが、最近は歯磨きの指導をうけに、大人の方が来られることも多いそうです。

的確に歯磨きの指導を受けた親が、自分の子供たちにも的確に歯磨きの指導をすることで、みんなが清潔な口腔内になり、虫歯が減っていけば本当に良いことではないかと思います。

そのために、もし時間があればぜひ近くの歯医者さんで、歯磨きの指導を受けてみてはいかがでしょうか?

歯磨きの指導をうけてから、自分で指導をうけたままのやり方で歯磨きをしてみると、いかにこれまでの歯磨きがいい加減なものであったかが分かるかと思います。

矯正歯磨き

歯列矯正をしている際の歯磨きはとても重要なものですが、きちんとするのは簡単なことではありません。

しかし、最近では大人の方などでも、矯正をしている方を多く見かけるようになりました。
かくいう私も昔は歯列矯正をしていたのですが、矯正をしている際に、いちばん大変だったのがきれいに歯磨きをすることでした。

歯磨きは矯正装置を付けているだけで、矯正装置がじゃまをして歯ブラシが当たらない場所がるなど、矯正前のように簡単には歯磨きは出来ず、歯磨き後もなかかなすっきりしませんでした。

しかし、歯磨きがしにくいとはいえ、矯正中に歯磨きを怠り、もし虫歯にでもなったら、最悪の場合、矯正を中止し、いったん虫歯の治療に当たり、虫歯の治療が終わってから、再度矯正するということにもなりかねないため、矯正中の歯磨きには、大変気を使いました。

しかし、最近では矯正専用の歯ブラシなどもあり、矯正中の歯磨きがかなり昔よりはやりやすい物になっているようです。

歯周病歯磨き

歯周病を効果的に防ぐには、やはり歯磨きがもっとも効果的です。

歯周病も虫歯も、ともに口腔内が清潔に保てていないことで起こることがほとんどです。
ですので、歯周病を効果的に防ぐには、きちんとした歯磨きがもっとも効果的です。

歯周病のなかでも、よく耳にするのが歯槽膿漏ですが、これらを含めた歯の周りでの病気を歯周病と言うようです。
歯周病になると、最終的には歯が抜けてしまう事もあるようですので、気をつけて歯磨きをしっかりすることで、歯周病から歯を守る必要があります。

歯磨きをする際の歯磨き粉にも、最近では歯周病の予防効果があるものが増えています。
こういったものを有効に使うことで、毎日の歯磨きだけでも歯周病を防ぐことが出来ます。

しかし、ただやみくもに歯磨きをしていては、歯周病は効果的に防げません。
歯周病を防ぐ歯磨きの仕方は、まず歯茎のブラッシングです。

そして、効果的に先ほどの歯周病予防の出来る歯磨き粉などを使い歯磨きをすることで、歯周病から歯を守ることが出来るようです。

赤ちゃん歯磨き

赤ちゃんの歯磨き習慣は、赤ちゃんのやりたい気持ちを誘って習慣づけをするのがいちばん。
この時期なら、大人のまねをさせたり、ほめてその気にさせるといいと思います。

赤ちゃんの歯磨きは、1才過ぎごろからは、大人のまねをしたがったり、大人が使っているものを使いたい気持
ちが強くなる時期なので、赤ちゃんの歯磨きを慣れさせるにはベストな時と言えます。
そこで、ママやパパが歯磨きをするのを見せてあげます。
お兄ちゃんやお姉ちゃんがいるなら、お兄ちゃんたちにも協力してもらいましょう。

それで赤ちゃんの歯磨きが進み、やりたがったら、赤ちゃん用の歯ブラシを持たせたり、ゴム製の赤ちゃんの歯磨き練習用歯ブラシを持たせてあげて、その後でママがしあげ磨きをしてあげればいいでしょう。

さらに1才半以降になると、ほめられるととてもうれしがるようになります。
赤ちゃんが歯磨きをしていたら、「じょうずだねえ」「えらいねえ」とほめてあげれば、自分から歯磨きをするようになっていくでしょう。

改めて考えてみれば、赤ちゃんの歯磨きというのは口に中に棒のようなものを入れるわけですから、いやがって当然です。
それを無理強いすれば、さらにきらいになるだけ。

赤ちゃんの歯磨きは、自分からやりたくなるような方法を工夫が必要です。

子供の歯磨き

子供が歯磨きを嫌がるので、なかなか習慣つける事ができず、いつも大泣きする子供を、無理矢理押え付け歯磨きしている、というような話をよく聞くことがあります。

小さい子供を持つお父さんお母さんは、子供の歯磨きについて悩むことが多いそうです。
とくに、子供の歯磨きにまずどのように取り組めば良いのかわからないと悩んでおられるようです。

1歳前後の子供など特には、歯磨きという経験をまだよく知らないものです。

そこで、子供に歯磨きというのは、食事を食べて汚れた口の中を掃除して綺麗にする事だ、という生活リズムの一つとして、子供にも歯磨きをきちんと教えてあげなければなりません。
いきなり、子供が歯磨きを簡単に出来るようにはならないのですから、毎日少しずつ取り組んで、子供が歯磨きを習慣として身につける必要があります。

少し大きい子供でも、歯磨きに取りかかる時は大人が一緒に行うといいようです。

こうして、歯磨きが生活の一部となってから、歯磨きのきちんとしたやり方などを、ちゃんと指導していくことで、子供にもきちんと歯磨きさせることが出来るようです。
P R