津和野 

September 06 [Sun], 2009, 21:06
最近、旅日記になってきていますが・・・


今回は、島根県の小京都・津和野に行ってきました。
なんだかこじんまりとしていて、のんびり歩ける町でした。


  

太鼓谷神社は、赤い鳥居が千本連なっている
神社で、今回、一番行ってみたかったところ。
千本といっても、そんなに距離はなかったので、
そんなに苦労なく登れました。
(ヒールのある靴で行ってしまったので、
階段は少しつらかった)

少し高台にあるので、境内があるところからは、
町が一望できてなかなかよい感じ。



名所で行ったところで一番遠かった「森鷗外記念館」というところでも、
歩いて行けたので、1日で充分回れました。
道端の用水路(?)に鯉が泳いでいたり天気も晴れてたので、のんびりと散歩しながら
ぐるぐると回りました。


  


週末だったので、SLが走っている姿も、(遠目だったけど)見れた
写真を撮るのを忘れていたけど・・・とにかくすごい煙だった。

日ごろの喧騒を忘れられてなかなかよい一日でした。

松江フォーゲルパーク 

August 13 [Thu], 2009, 20:37
隠岐から戻り、松江フォーゲルパークへ・・・
松江フォーゲルパーク・・・花と鳥の楽園・・・フォーゲル(VOGEL)とはドイツ語で
「鳥」という意味だそうです。(パンフレット情報)


↓ 木陰より控えめに歓迎してくれた梟


 

  


閉園間近に行ったため、人はあまりいなくてゆっくりと見ることが出来ました。

天井からも花がたくさんつるしてあって、花・花・花!で花好きには
たまらないだろうなーという感じ。
(特に花好きというほどでもない私でも楽しかった)

鳥もけっこう種類がたくさんいて、肩乗りペンギン「ゴリちゃん」というのが有名らしい。
ペンギンを近くで見たり、トロピカルな鳥を手に乗せて餌付けもできました。

子供連れにはオススメ。

渡海 

August 12 [Wed], 2009, 9:30
さよなら、本土…2時間半の船旅。

姉妹家族と一緒に、島根の七類港を出発して、隠岐西郷港に向かっています。


 

お盆なので、フェリーの中は人でいっぱい。
席にも座れず、入り口付近で待機。
いつもならば、日本海の荒波に船は揺れまくるけど、今日はとっても穏やかでした 

用事を済ませた後に、ホテルの近くで海水浴
海水浴場ではないらしく、人はほとんどいませんでした。3・4家族くらい。
一緒に行っためいっ子おいっ子達は大喜びで遊んでました。
海は透き通ってとてもキレイ 


  

 


夜ごはんはお刺身をはじめ、海の幸たっぷりでした。

下山 

July 20 [Mon], 2009, 9:09
05:08 下山開始

あまり、のんびりする暇もないまま、下山開始。

下山道は、砂利道・砂礫がひたすらずーっと下まで続いていました。

下りは、がに股で踵から思い切って降りていくのが◎
足が疲れないそうです。

途中から、自由下山で各自で降りることに。
少しずつ休憩を取りながら、景色を楽しみながら下山。











09:09 下山終了(河口湖口 5合目)





下から、富士山を見上げると、あの頂上にさっきまで居たのかー・・と不思議な気分に。

体はもう限界だったけど、なんだか清々しかった。



はい、これからまたポスの長旅です・・・。


一緒に登ってくれた相方の樹海ちゃん、ホントにおつかれさまでした。
お付き合い頂き、ありがとうございました


ご来光 

July 20 [Mon], 2009, 4:27









とにかく、感動でした

合言葉は「トロ〜リー!」「オー!」 

July 20 [Mon], 2009, 4:00
12:00 吉田口・河口湖口ルート 5合目出発

天気は曇っていて少し肌寒かった。
周りはまだ緑もあって、まだまだ散歩気分。
ただ、すれ違う人(下山してきた人)を見ると、不安が・・・。

こんなにゆっくりでいいのー?ってぐらいのペースで、ちょこちょこ休憩を取りつつ6合目へ。
ガイドさんによると「ここで急いだら×。しっかり体を慣らして」とのこと。

だんだん日差しが出てきて暑くなってきた。

13:00 6合目到着

  


13:10頃 6合目出発

またしても強風が吹き始めて少し寒くなった。
木々や緑が減りはじめ、ひたすら砂利道とジグザグの階段道。
砂利道では、半歩ずつくらいの歩幅で歩くのが疲れなくて◎。

今日仮眠を取る山小屋が上の方に見えてるのに、歩いても歩いても近づかない。


14:30 7合目到着




ここから山小屋が7軒。
山小屋に寄る度に、スタンプラリーのように金剛杖に焼印を押してもらう(200円/回)

1軒目の山小屋を過ぎたあたりから岩場が続く。
岩場では、あまり足をあげないことと岩をしっかり手でつかんで登ること。
張ってあるロープは、外れることがあるのでつかんじゃダメとのこと。

登るにつれ、風も強くなって来て、立っていたら吹き飛ばされそうなほどに。
ガイドさんも「富士山はいつも強風だけど、今日は特に風が強い」と言っていた。
よく風の音を聞いて、「来るぞ!」と思ったらしゃがんでやり過ごす。

高山病にならないように、しっかり深呼吸。買っていた酸素缶も使いはじめる。


  

東洋館の直前は、ほぼ直角のような崖を台風並みの強風の中少しずつ登る。
何度も風に煽られ、ここが一番怖かった・・・。

16:15 東洋舘 到着

山小屋は思っていたよりキレイで、少し狭かったけど快適でした。
夜ごはんは、ハンバーグ。
これから更に登っていくためにしっかり栄養補給。

  

頂上の方を見ると、雲がかかっていてどうやら雨が降っているらしい。
添乗員さんが「頂上は雨風がすごいみたいなので、ここから先進むか進まないかは、
ガイドさんと相談してみないとなんとも言えないけど、・・・かなり状況は悪そう」と
言っていた。
後で聞いたところ、8・9割は「登頂断念」の方向だったみたい。

天気の回復を祈りつつ、4時間半の仮眠。(といっても、私はほとんど眠れなかった。)
風の音と雨が屋根にあたる音が響く。

眠れないので、20:30頃に外に出てみると小雨が降っていた。
ただ、雲はなかったので眼下は、夜景がキレイに見えた。

22:00に起床し、ふたたび準備を整え外に出ると、雨は止み風も少しおさまっていた。
夜になり、だいぶ気温も下がってきた。
服装は、登り始めると暑くなるので、少し肌寒いくらいでとのこと。
(この時点で、上:ノースリーブx1, ロンTx3, 半袖x1, フリースx1 下:スパッツx2, ズボンx1)


22:30 東洋舘 出発

休んでいたため、体が動かない。足が上がらない。
感覚を取り戻しつつ、また岩場を登り始める。ここからヘッドランプ着用。

ご来光をみるため、この時間帯の登山者はかなりのピークで大渋滞。なかなか進まない。
ヘッドランプの大行列がずーっと下まで続いていた。

岩場を抜け、またしばらく砂利道が続く。
8合目も山小屋が何軒かあったものの、忙しい時間帯のため焼印を断られたり、
進まないとご来光に間に合わないため、焼印をしてもらう時間を取れなかった。

あまり休憩も取らずに深呼吸・酸素吸入・水分補給を繰り返しながら、前を見失わないよう
ひたすら少しずつ前進・前進。
途中で、防寒のため、装備にレインコートとカイロを追加。

天候もよくなり、空気が澄んでいたので、遠く東京・千葉の方の夜景まで見えた。
さすがに、日本で一番高いところから見る夜景はなんともスバラシイ
空は満天の星空で、天の川も。空が近い。

8合5勺くらいから、足がだいぶ痛くなり始める。

9合目の鳥居を過ぎたあたりから急激に寒くなり始め、手が思うように動かない。
ここに来て、また岩場・・・。最後の難関。ほぼ直角の岩場を息を整えながらゆっくり登る。

最後の鳥居をくぐって・・・

04:00 登頂成功

登りきれたことに感動



ご来光まで少し時間があったので、山小屋の中で、朝ごはん(7合目で渡されたお稲荷さん)
ブルブル震える手で、あったかい味噌汁を飲んだ。



睡眠不足のまま・・・ 

July 19 [Sun], 2009, 12:20
深夜ポスに揺られて約9時間。
やっと少し眠り始めた5:45amに、富士川SAに到着。
朝食にやまかけうどんを食べる。けっこう美味しかった。

富士川SAから富士スバルラインを通って富士山5合目まで。
晴れていれば、富士山が見えるとのことだったけど、残念ながら雲に隠れて見えなかった。

3連休もあって5合目まではかなりの交通渋滞。
予定より30分くらい遅れて9:30am頃に到着。
天気は曇り かなりの強風。

「雲上閣」にて、登山準備(着替え)と早い昼食。
休憩を取りつつ、高度に体を慣らす。
金剛杖(1,000円)とはがきを購入。

すでに下山してきた人とこれから登る人達で、5合目は人・人・人。
下山してきた人によると、頂上は雨が降っててかなり寒かったらしい・・・。

11:20am
登山ガイドさん(3人)の紹介と登山の説明・装備チェック・準備運動。

いよいよ、登山開始へ





人生、是、初深夜ポス 

July 19 [Sun], 2009, 1:00



20:30 広島駅新幹線口 出発

09:00+1 富士山5合目着 予定

乗車時間 約12時間30分 (途中、朝ごはん休憩アリ)

人生初深夜ポスのスケジュールです。
キング・オブ・深夜ポスの【博多号】にもひけを取らないです。

まぁとにかく、消灯(23:00)から2時間、全く眠れそうな気配はなし。
ちなみに今、大阪あたり。


今回のツアー、30人が参加してるみたいですが、予想に反して若者&女子が結構多いです。

明日の登山ペース遅いといいな。

準備完了 

July 18 [Sat], 2009, 16:51
やっと旅支度完了しました。
さすがに、2泊3日にしてはすごい量になりました。

現地は梅雨明けしたようで一安心。明日の予報は、いまのとこ曇り時々晴れ。
頂上まで無事登れますように・・・。



その前に、今夜は恐怖の深夜ポスです。。


7月1日 

July 01 [Wed], 2009, 22:16
と、いえば毎年、富士山の山開きなんだそうです。


今年の山開き当日は、8.5合目から上は、積雪のため通行禁止。
山開きに山頂まで登れないのは97年以来12年ぶり・・・だそうです。

去年思い立って、いよいよ今年7月19日に実行(予定)の「富士登山」なので、
近頃、富士山情報に敏感です。
雪、早く解けるといいなぁ。


その前に、やるべき準備(装備&体力づくり)はまだまだありますが。



近ごろは、「やりたいな」「行きたいな」って思ったことはなるべく実現させるようにしてます。
特に「行きたいな」が最近は突出してるけど。
富士登山もそのひとつ。(体力のあるうちに  )

やっとけばよかったーって、後悔しないようにね。











comment!
アイコン画像ユカ
» 下山 (2009年07月24日)
アイコン画像しほ☆
» 下山 (2009年07月23日)
アイコン画像ユカ
» 下山 (2009年07月22日)
アイコン画像ヒー
» 下山 (2009年07月21日)
アイコン画像minaco
» 下山 (2009年07月21日)
アイコン画像ユカ
» 人生、是、初深夜ポス (2009年07月21日)
アイコン画像ケンタロウ
» 人生、是、初深夜ポス (2009年07月20日)
アイコン画像minaco
» 人生、是、初深夜ポス (2009年07月19日)
アイコン画像ユカ
» それ、魅力 (2009年07月06日)
アイコン画像ユカ
» 7月1日 (2009年07月06日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユカ
  • アイコン画像 現住所:広島県
読者になる
Yapme!一覧
読者になる